フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

山陽電車の懐かしい風景

まずは電鉄兵庫駅の風景です。

Photo_3 harada様からご提供の山陽兵庫駅全景です。

Photo_2兵庫駅の風景(harada様提供)

今では考えられないレアな車両たち・・最初は貨車からです。

Photo_4

線路の砂利を運ぶクト70です。

Photo_5

クト60

Photo_6

レール運搬車クモチ20(元歌敷山住人さんからのご提供です)

Photo_7

モワ5・・車内中央に機器があり、このため前後に荷物扉があります。兵庫電軌の木造車を改造して誕生しました。

Photo_8

モワ1・・神姫電鉄の生き残りでした。電気機関車に見えますが電動貨車扱いです。

Photo_9

無番入替車・・もと255で、戦後、電車の内装材や配管などにビニールを多用したビニール電車と呼ばれた地味だが画期的な電車でした。

ここからは旧型の旅客車両です。

Photo_10

もと歌敷山住人さんからご提供の姫路駅の106・・戦前の神姫電鉄と兵庫電気軌道路線を直通させるために製造された複電圧車です。。

Photo_11

一部は四国の琴電に移って永く働きました

Photo_12

haradaさまご提供の戦前の流線型226です。3ドアバージョンです。

Photo_13

東二見工場で保存が開始された当時の206です。

Photo_14

元歌敷山住人さんからご提供の710です。この編成は63形電車の車体をそのままにリニューアルした唯一の編成でした。

Photo_15

戦後の日本で最初のロマンスカー・・800形の強力バージョン、850形です。(元歌敷山住人さんからご提供です)

Photo_16

塗装試験車だったころの800形で、OK台車をはいています。

Photo_17

廃車間近の850で、珍しく270形と連結していた連結面が出ています。

Photo_18250形の270以降の車両は2000系に良く似た車体になりました。276で別府駅です。 

Photo_19

前出200形を更新した15メートル車、300系です。3ドアで車端の座席を省略していました。

Photo_20 2700形の第一編成で元は2000系と同じ車体でした。当初は転換クロスシート。西代車庫の火災で焼失した700形の機器を流用した電車です。

このあと、3ドアバージョンが作られます。

Photo_21

その2700形の機器を3000系にそろえたのが2300系です。

Photo_22

山陽最初の高性能車、2000系2003による特急です。舞子公園にて元歌敷山住人さん撮影。

Photo_23 2000系の第一陣はロングシートでした。広い窓が他の2000系と異なります。中間車は2700系3度あと同じ構造の3ドア車です。

加古川橋梁、ススキの中を行く電車です。

Photo_24山陽が作った最も美しい車両・・2010編成は2ドア、ステンレス車体で転換クロスシートでした。

この写真は引退直前のもので、すでにロングシート化、ヘッドライトのシールドビーム、車内蛍光灯カバーの撤去が行われていました。

Photo_25 雪の別府駅で2015・・日本で最初のアルミ電車でした。

現代では当たり前のアルミ電車も当時としては非常に画期的でした。今も東二見で保管されています。

3618・・3000系には旧塗装が良く似合うと思うのですが・・Photo_26 

Photo_27

地上時代の明石駅の風景です。

クラシカルな雰囲気に当時最新のアルミ電車・・

スロープもあり、今から思えば人にやさしい駅でした。

Photo_28 国鉄駅から見た明石駅全景です。

今からでは想像もつかない風景です。

Photo_29 明石駅を西側から見ています。

5000系も走り始めていますし、2300系の姿も見えます。

Photo_30 東側の踏切から見ている感じです。

構内踏切の右手にクラシカルなトイレと山陽そばがありました。

須磨駅でかつての相互乗り入れ風景です。

まずは3000系初代が並んだ風景・・Photo_31

Photo_32 阪急5200系です。

屋根の深さが印象的な電車でした。

Photo_33 阪神の元特急車(クロスシート車)3061系です。

窓割りにクロスシートの面影があります。

内装はきれいにリニューアルされていました。

harada様より、さらに写真の提供をいただきました。

Photo_3 電鉄兵庫駅全景。

800形停車中。

304 須佐野付近・・今の兵庫区駅前町付近をいく300形304ほか。

Photo_4 走行中の電車から見た兵庫駅付近の併用軌道。

705 地上時代の電鉄垂水駅。

横の国鉄線は一足先に電車線が高架化されています。電車はロクサン電車の705号。

Photo 西新町車庫。

200形、更新700形、2000系も見えます。

今はマンションになっているあたり。

Photo_2 舞子公園の国鉄跨線橋、架け替え前の様子。

明治の官設鉄道東海道線上神崎川橋梁出自といわれる鉄橋で、今も一部が東二見に保管されています。

電車は3550型を組み込んだ3030の編成で冷房化以前。

Photo_5 こちらは僕が撮影した西代の旧本社。

椎名鱗三の小説「美しい女」に出てくるのはこの建物。

いい味を出していました。

なお、山陽電車についてもブログ本文で時折取り上げています。

以下は過去ログから。

「山陽2000系とその仲間たち」http://kokutetu.blog.eonet.jp/117/2012/04/2000-c370.html

「地上時代の山陽電車板宿駅」http://kokutetu.blog.eonet.jp/117/2011/01/post-1d3b.html

「高架化前の山陽電鉄「電鉄明石駅」」http://kokutetu.blog.eonet.jp/117/2010/11/post-ce27.html

「山陽電車の心象風景」http://kokutetu.blog.eonet.jp/117/2008/11/post-035a.html

「海と列車の滝の茶屋」http://kokutetu.blog.eonet.jp/117/2011/08/post-a976.html

今後も機会を見て山陽電車を取り上げていきたいと思っています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351371/20062367

山陽電車の懐かしい風景を参照しているブログ:

» 山陽電車 (story)
神戸市の西郊を都心へむけて走る山陽電車の普通車・・鈍行に乗っていたのは、これは僕 [続きを読む]