フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 2015年10月 | メイン | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月15日 (日)

Photo Archive 想い遥かな餘部駅・余部鉄橋。

冬が近くなると山陰への思いが募る。

それも、鉄橋時代の餘部、余部橋梁へ・・今回は未公開写真も多く出しながら、改めて余部橋梁への想いをつづってみたい。

初めて餘部に行ったのは昭和54年頃か・・国鉄寮の仲間と向かったのだが、当時は姫路始発の急行「但馬」があったように思う。

Dd51

DD51牽引の普通列車を見上げる。

80

特急列車、キハ80系6連。

Dd51_4

雨の日、客車を牽いてDD51が接近する。

Photo_3

その列車の後部・・リアス式海岸をバックに、旧型客車の風情。

Dd51_2

冬の遠望・・堂々たる普通客車列車。

181

こちらは特急列車。

1812

その列車の後部。

181_2

橋を行く列車を見上げる・・特急列車だ。

Photo_4

普通客車列車。

Dd511122

駅に進入するDD51牽引、12系による普通列車。機関車はDD511122だ。

286

雪の中をゆくキハ28・58系列による急行列車。

Photo_5

キハ181系、特急「はまかぜ」が接近する。

Photo_6

雪の風情・・

Photo_7

残り柿。

Photo_8

橋梁の補強梁・・

Photo_9

下から橋梁を見る・・

保守の面倒な大型橋梁は国鉄にとって小さくない負担だったのだろう。

 

181_3

青空の日・・空中を行くキハ181特急、そのキロと中間に入った先頭車の連結部分。この色合いはポジ原板による。

181_4

キハ181先頭・・

181_5

後部の乗務員ドアが開放されていた。

車掌には暑い部屋だ。

Dd514

旧型客車4連の普通が東へ向かう。

Dd51_3

DD51の次位にマニ50。

12

ローカル改造された12系客車が行く。

287

青い海を背景にキハ28・58急行列車、7連。

47

堂々たる旧型客車による普通列車が姿を消した・・キハ47系による普通気動車列車。

28b

キハ28の列車がやってくる。

283

たった3連、急行列車間合いの普通だろうか。

Photo_10

トンネルから出てきたのは急行気動車を改造した特急、「エーデル北近畿」

B

列車が進む・・

4

貫禄というものは感じないが、観光用にふさわしい特急列車だった。

1812_2

餘部駅の隣、久谷付近での撮影・・

特急列車の遠望。

181c

列車が進む・・まだこの頃には特急らしい貫禄があった。

1811

その列車の後尾。

189

3年前に訪れた際の写真、特急「はまかぜ」は新型キハ189になったが、編成はさらに短く、たった3連となった・・
ただ、乗客の多い日には6連でも運転される。

Photo_12

記憶の彼方の風景・・小学生が遊んでいたが、特急通過後に僕のカメラのファインダ―画面に入ってきてしまう。今思えば非常にいい記録になった。

 

Photo_11

通学の高校生・・餘部駅の、如何にもローカル駅と言った風情は、初めて訪れた僕らを強く引き付けた。

 

だが、地域住民が愛し、手入れをしてきた駅、地域が誇りとしてきたあの鉄橋で国鉄は最末期に大事故を起こした。

「みやび」転落事故である。

僕も愛した鉄橋、愛した駅で、僕が愛する国鉄が、僕も参加して作り上げた「みやび」を転落させ、大勢の地元の方々を死に至らしめ、町を破壊した。愛する風景だけではない重みが、餘部駅に、余部橋梁にはある。

愛すると一言で言えない重み、鉄道を愛していたはずの方々を押しつぶし、誉れを持って新型客車に乗務していた食堂従業員を道連れにしたあの大事故は今も常に僕の心にある。

Photo_13

それでも、餘部は、僕にとっては愛すべき場所であることに違いはないのだ。

(本文中、「あまるべえき」は餘部駅、「あまるべきょうりょう」は余部橋梁と表記しております)