フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 都電荒川線 | メイン | Photo Archive 想い遥かな餘部駅・余部鉄橋。 »

2015年10月30日 (金)

Photo Archive・国鉄特急色を思う

今、これを書いているのは10月30日の夜で、今日は国鉄・JRの歴史にとっては忘れられない日になりそうだ。パソコンに向かいながら手元には愛飲の焼酎をお湯で割ったグラスを置き、もう、このまま日が変わってもいいような気がしている。

というのも、関西における381系電車の定期運行が終了すること、すなわち国鉄特急色を纏った車両の定期運行が終了するという日になった。ここでいう国鉄特急色とは、昭和33年10月に登場したモハ20系電車→151系→181系電車の纏った肌色の地色に濃い赤の窓回りというあの色合いだ。

今年はこの色合いが誕生してから57年ということになり、一つの色合いがそのまま半世紀以上にわたって続くのはこれは如何にこの色合いが日本の気候風土に合っていたかという証左でもあるだろう。

181中学生のころの拙い写真だが181系「とき」の凛々しさにはこれを見に来てよかったと思ったものだ。

僕は関西在住だから東北・関東方面への縁は余りないのだけれど、少しだけあるコレクションから出していくつもりだが、過去には485系上野駅の記事もあるので、そちらも参考にしていただきたいと思う。

485国鉄と言えば「つばめ」、この名称の列車が国鉄特急色だったのは151系時代と481・485系になってから、それも昭和50年3月までだ。

485_8

「なは」倉敷駅で・・

485_2

秋田駅での「たざわ」「つばさ」、今やどちらも新幹線ルートとなった列車だが、「たざわ」は「こまち」にとってかわられた。

485_7

こちらは「いなほ」

80国鉄特急色は気動車特急にも・・

「まつかぜ」キハ80系、武田尾での撮影だ。

80_2

北海道にも特急気動車・・キハ80系「おおぞら」、開業直後の千歳空港駅近くで。

485_3こちら九州の「みどり」編成が留置線で休んでいるところ、関東から転用のクロ481が並ぶ。

4811

こちらは「有明」先頭車はクハ481-1だ。

485_11

「かもめ」原田にて。

481

「あいづ」上野駅で、クロ481はこの列車のために生まれた。

我が父祖の地は会津から下野にかけてで、今もわずかに親族があり、かつてはこの列車にも好んで乗ったものだ。

181_2

国鉄特急色は四国にも・・

多度津付近のキハ181「南風」・・

181_8

「しおかぜ」、周囲の様子がまさに当時の国鉄を思い出させる・・松山駅。

485_4北陸路には「雷鳥」、11連中、サロ2両、サシ1両という今では考えられないデラックス編成だった。

489

こちらは上野と北陸路を信越経由で結んだ489系「白山」

485_9

「雷鳥」ボンネット型先頭車。

485_10

最終期の「雷鳥:先頭の展望グリーン車は「スーパー雷鳥」のもので、後に国鉄特急色に塗りなおされた。

183_5

最近まで走っていた183系電車の「ムーンライトながら」

781

北海道では新型電車特急も当初は国鉄特急色を纏っていた。

183

そして新型気動車特急も・・キハ183「北斗」

この塗装を纏った国鉄車両としては、151・161・181・481・483・485・489・781・キハ80・キハ181・キハ183、そして、後に塗装が変更され特急車の仲間入りをした準急用157系と非常に多岐にわたり、日本全国の津々浦々にまで、特急と言えばこのカラーを印象付けた。

よく考えると、国鉄の走っていない沖縄県以外のすべての都道府県でこの色合いの列車が優等列車の代表である「特急」だったわけだ。(奈良県には短期間だがキハ80系の定期運用があった)

緑の色が濃い日本の風土には緑の補色である赤系統の色合いが良く似合うものなのかもしれない。

1811

山陰本線久谷付近でのキハ181系。

181_3

宮津線、キハ181「あさしお」

181_4

冬の武田尾、キハ181「まつかぜ」

181_5

余部橋梁、キハ181「あさしお」

381

伯備線布原、381系「やくも」

80_3

倶梨伽羅峠、キハ80系「ひだ」

181_6

須磨海岸を行くキハ181「はまかぜ」

381221

須磨海岸の「シュプール」381系。

485_6

本年初頭撮影、485系原色編成による「北越」、魚津駅で。

485_5

さて、今回、北陸新幹線開業による「はくたか」廃止などにより転用された683系改め289系による置き換えとなった「こうのとり」「北近畿」系統の過去の様子も今一度・・登場当時の「北近畿」。

183_2

183系に改造後の「北近畿」後部にキハ65、「エーデル丹後」を連結している。

183_3

207系と並んだ183系「こうのとり」尼崎にて。

183_4

尼崎での後追い。

183223

223系と並ぶ「こうのとり」、城崎温泉。

183_6

新大阪での183系「こうのとり」

紀勢本線287系投入により余剰となった381系がまず、183系を淘汰・・

381_2

381系「きのさき」、復元なった福知山城をバックに・・

381_3

淀川をわたる381系電車の俯瞰。

「くろしお」運用ではオーシャンカラーと呼ばれる青系統の色合いに塗られていた381系だが、福知山・山陰系統への転用に際し、わざわざ国鉄特急色への復元がなされた。JR西日本からファンへのプレゼントだ。

381_4

大阪駅での「こうのとり」、この編成はひとまず183系JRカラー車の置き換えに「阪和ライナー」から転用されたもので、この後、「くろしお」リニューアル車が入ると廃車されている。

3814

道場駅付近にて、381系「こうのとり」

381_6

伊丹駅での様子。

381_5走り去る国鉄色381系・・もうこの姿を定期列車で診ることが出来ない・・

時の流れは致し方ないが、それでも「特急」とはこの色、それが消えることの侘しさは、やはり僕らの世代では避けようがない。

今でも、線路際に行くとこの色合いの特急列車が走ってきそうな気がする・・たぶん、僕の中では一生、国鉄・JRの特急列車といえばこの色合いなんだろうなぁ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351371/33627933

Photo Archive・国鉄特急色を思うを参照しているブログ:

コメント

国鉄特急色は、現代でも通用する、飽きの来ない優れたデザインだと思います。
貫通型のキハ181系でも、バッチリと決まっています。
北海道の車両は、赤い部分が前面全てに回りこんでおり、これは好みが分かれるところですね。

赤いヒゲ部分は、模型で塗装する際には難しく、尻込みするだけで、これまで模型でも作ったことがないです。
京都駅や大阪駅で485系を見て、実物はどうやってマスキングで塗り分け、美しい塗装を行っているんだろうといつも思っていました。

 151系も計画段階では赤帯が前面まで回っていたようですね。北海道向けは雪の中でも目立つようにということだとか。着雪してしまうと何色でも真っ白ですが。

東海道線東京口を151系特別急行列車が織り成したのは、正に私の小学生時代でした。

湘南こそ80系に153系や111系が混じるものの省線(京浜東北線)は73系、横須賀線は70系で、裾を絞った低い車高に銀色の屋根にはキノコ型のクーラーに連結面の外幌とも相俟って、肌色に赤の装いも含め全てが斬新でした。
拙い絵にクレヨンで肌色に塗ったのが思い起こされます。
夕方になればこれまた青い車体に白帯を巻いた九州特急が憧れを乗せて走り去るのでした。
肌色も青も共に時を同じくして現れ、記憶の彼方に過ぎ去りました。

こう様、いつも楽しみに拝見しております。
381系は和歌山県民の私にとって幼少の頃から馴染みのある車両です。 南関加太線沿いに住んでいた私は、父親に当時の国鉄和歌山駅によく連れていってもらった記憶があります。

そこにはデビューして間もないスマートな車体の381系くろしおや、キロを連結し堂々とした姿の急行きのくに、EF58牽引の旧客鈍行やEF15とED60の重連貨物列車、非冷房の新快速色の113系等々、今では考えられない程の懐かしい光景が思い出されます。
その後いろんな事情があり、母親の実家がある和歌山線妙寺駅界隈に居住拠点を移し約30年は経ってしまいました。

私も仕事は勿論の事、お陰様で家庭を持つようになり、だんだんと鉄道趣味から離れてしまい、ふと気がついた頃には381系はオーシャンカラーになり283系という優秀な後輩まで登場してました。 笑

地場の特産物である柿の栽培を生業としていますが、最近は少しづつ余裕もでき鉄道趣味を楽しむ時間が増えてきました。
しかしながら繁忙期の仕事の都合で381系くろしおのラストランすら見れず、 私の中での「幼少の頃からの和歌山の鉄路のスター」が約2年前の乗車で最後になってしまった事が悔やまれます。

以上私事ばかり記述してしまい、お目汚し申し訳御座いませんでした。

TMさん>

特急の赤いひげは模型製作者の悩みの一つでしょうね。
高砂では先に赤い色を吹いて、マスキングをしてからクリームを塗っていました。どこかにその写真があったような・・

モハメイドペーパーさん>

レイルマガジン1987年5月号、国鉄車両のデザインを手がけた荻原政夫氏のインタビューによると、151系電車の前面塗り分けは現場で指揮されたと記されていますね。
案外、国鉄も柔軟だったのでしょうか。

あづまもぐらさん>

色ほどモノのイメージを作り上げるものはほかにないのかもしれません。
国鉄特急色が消え、来春には国鉄寝台列車の色合いも消えます。
いえ、国鉄と並び大規模な特急列車網を作り上げた近鉄でさえ、イメージが変わろうとしていますね。

急行紀ノ川 妙寺は通過さん>

いらっしゃいませ。
12月に入ってから一度、381系を使った団体臨時があるようで、それが本当に最後になりそうです。
くろしおに381系が登場した時、ワタシも見に行きました。
ピカピカの車体が誇らしげで、その後、何度か乗車もかなったのですが、彼らの最後をきちんと見ることが出来なかったのはワタシも心残りであります。

趣味である以上、ワタシもまた仕事を有s念せざるを得ないもどかしさ・・仕方ないと自分を慰めております。
今後ともよろしくお願いいたします。

遅い返事申し訳ありません。

高砂の実車の塗装では、赤を先に吹いてからマスキングしていましたか。となると、完全にヒゲ部分の形となったマスキングですね。当方は逆にクリームを先に吹き、ヒゲのクリーム色の3本線は、クリームの地肌に線の幅のマスキングテープを貼っていたのではと考えておりました。

特急色ですが、583系はいかがでしょうか。こちらは青ですが、前面は485系等と基本が同じであり、また側面は青い部分が広いですが、これが旅情をかきたてるもので、素晴らしいと思います。新大阪駅に、夜、583系がいると乗りたくて仕方なかったものです。

583系の乗車の夢がかなったのは、関東で常磐線の夜行に乗れた時でした。

TMさん>

模型もそうですが、鉄道会社によっても作業手順は異なるようです。
以前、京成電鉄の旧AE車が塗装変更の際、最後に濃い色を塗るがこれを塗ると元に戻せないと言うことが何かの雑誌で書かれていて、驚いたことがあります。

夜行列車のブルーも特集してもよさそうですね。
ちょっと資料を集めて見ます。

コメントを投稿