フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 別府鉄道、明姫幹線付近 | メイン | 都電荒川線 »

2015年9月26日 (土)

Photo Archive 改めて湘南形二枚窓の電車を思い返す。

昭和25年、国鉄としては画期的な電車による長距離運転を実現した80系が登場、当初は半流線型3枚窓のデザインだったが、このデザインが戦前最盛期の国電デザインに比しても何となく間の抜けた感じであり、二次車からは思い切ってデザインを変更、流線型二枚窓という全く新しいデザインとなり、一世を風靡するようになる。

86000

初期、一次形、名古屋にて。

86200

夢前川の80系電車。

80

播州赤穂駅に入る80系電車。

80300

 こちらは夢前川橋梁東側の築堤にて、クハ86300代先頭。

153

国鉄ではこの後、この電車のイメージを気動車、機関車にまで反映させる。 気動車では電気式キハ44000型がこのデザインを採用。後にキハ17系液体式気動車群が登場してからは合造車や郵便荷物車などに改造された。  写真は加古川駅に入るキハユニ15、変わった顔立ちが印象的な3号車だ。

156

こちらは加古川駅で荷扱い中のキハユニ156、加古川線には3両のキハユニ15がいた。

Dd50

 機関車、電気式ディーゼル機関車、DD50、米原駅構内にて。

Ef581

当初評判の良くなかった戦後復興期の大型電気機関車、EF58は大規模な更新工事を受け、その際に車体を流線型二枚窓に改められた。 今も人気の高い機関車だ。 写真はEF58トップナンバー、宝殿にて。

Ef5880

EF5880、流し撮り、流線型EF58の顔立ちの何と美しいことか。

76307

 70系電車、府中電車区。 80系が正面と側面がややアンバランスなイメージがあるのに対し、上下に拡大された二段式の側窓、明るいクリーム主体のツートンカラーで登場した70系のデザインは品がよく、国鉄が作ったこの種のデザインでは白眉ではないかと思う。

しかし、国鉄で湘南形二枚窓を採用したのは量産車ではここまでで、これ以後、電車・気動車は使いやすい貫通型、特に電車急行、近郊型電車にはパノラマミックウィンドウと組み合わせた格調高いデザインが中心となった。 だが、私鉄では国鉄デザインよりさらに良いものをと、一種独特の湘南形風二枚窓デザインを採用した会社もあり、全国手に大流行、さらに昭和40年代になっても湘南形二枚窓を基本としたデザインを採用すr会社もあるなど、大きな影響があった。

2023

京王帝都のグリーン車、2023、京王八王子にて。

3767

 3000系ステンプラカー、明大前。

20053772

 更新車、3772、明大前。

5000

 名鉄5000系、一種独特の流線型、丸い車体は国鉄デザインのはるか上を行った。 日本車両と名鉄の意欲が表に出た形だ。

50005102a

東急5000系、写真は熊本での様子だが、これまた独特の軽快さで私鉄らしい車両だ。

50002501

 移籍先の長野での様子、赤系統の塗装がよく似合う。

2001

その長野電鉄が近代化初期に特急用として投入した2000系、名鉄5000と同じメーカーで、似た雰囲気ながら独自路線を行く。

1000

西鉄1000系、3ドア改造後、やや野暮ったい、面長なデザイン。 この、独特の風貌がまた魅力だった。

303

神戸電鉄300系、阪神3011系は早くにその姿を変えてしまったが、その香りが漂う。

1001

 南海、11001系→この頃は1001系改造後。 新今宮駅。 国鉄湘南形二枚窓を基本にしたデザインでは、もっとも完成度の高いデザインだと思う。 側面と正面のバランス、長い車体、そして明朗な緑濃淡のカラー。

21001_2

南海21001系、11001系と同じ系統のデザインだが、車体サイズが短く、トンネル限界の関係で屋根が低いので微妙に印象が異なる。 なぜか、関西私鉄は湘南形デザインには消極的だったが、南海はうまくこのデザインを昇華させ自社のものとした。

161

富山地鉄181、14780系の制御車、長野・名鉄と同じメーカー、日本車両による意欲的な作品で、正面の傾斜はないが、塗装と相まって独特の風格を感じる。

802

近鉄800系、湘南形二枚窓のアレンジとしてはデザイン的にも一歩抜きんでているように思う。

409

 近鉄409、更新車にも湘南デザインが登場したが、こちらは800系に比すとバタ臭い感じがする。

132

 近江鉄道132、近江鉄道はこの電車をすべて自作。 自作でもここまで見事な車両にできた・・驚嘆に値する。

6061

大井川鉄道(元北陸鉄道)6050系、湘南形デザインを一歩進めた、大型パノラマミックウィンドウ、アルミ車体という大変な意欲作。 これも日本車両の手によるもの。

601

茨城交通ケハ601、ステンレスの気動車、車内は通勤型仕様だが、その存在感は大きかった。

200

福井鉄道200形、これも日本車両の手による意欲作。 湘南形と101系デザインを合わせ、車内は111系、そして連接車という車両で、今も残るが福井鉄道LRT化により、去就が注目されている。 写真は武生新における準急→急行への変更作業。

1000_2

 伊豆箱根1000系、西武系の鉄道は二枚窓がとても好きだけれど、ここの車両は一味もふた味も違っていた。

1000_3

二枚窓電車が3編成並ぶ。

1205

十和田観光、1205、三沢にて。 北海道・札幌で電鉄を運営していた定山渓鉄道の車両。

617

 京浜急行600形。 久里浜にて・・走行シーン。

621

 編成の連結部分。 オールM、クロスシート、正面デザインは全体に傾斜した独特の二枚窓、側面大きな窓と相まってバランスのとれた美しさを見せる。

617_2

久里浜駅ホームで先頭車のアップ。

600

中間車の様子。 阪神3011系よりやや後の作品だが、僕らはこの電車に阪神3011の面影を見た気がした。

101

西武鉄道101系、池袋にて。 湘南形大好きな西武の、もっとも洗練されたデザイン、黄色とグレーのツートンが良く似合っていた。

Photo

 流山電鉄での元西武車、バランスのとれた、かっこいい電車だ。

3312bw

大井川鉄道の元西武車、こちらは3ドアを2ドアに改造、クロスシートを設置して活躍していた。

7001

 岡山臨港のキハ7001、元はと言えば北海道、夕張鉄道の気動車だった。

0730603

紀州鉄道の603、はるばる大分からやってきた。

185

長らく、国鉄は湘南形デザインの本家でありながら、そのデザインを生かした車両を作ることはなかったが、末期にようやく2種の電車が登場した。 写真は185系、鼻筋を通し、全面上部に傾斜を付けるなど、湘南形の末裔であることを宣言しているように見える。

117

117系、関西急電からの伝統を、うまく受け継いで見事に表現した、国鉄デザインとしては最高傑作のひとつであると信じる。

80_2

最後に偉大な80系湘南電車の面影をしのびながら・・ 飯田線。

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351371/33589333

Photo Archive 改めて湘南形二枚窓の電車を思い返す。を参照しているブログ:

コメント

フェイスブックでシェアされており、楽しく読ませていただきました。これだけ影響があるのか、とおもうとやはり80系のインパクトはすごかったのですね。

ところで、京王3000系の一枚目が 大泉学園 となっておりますが、あれは明大前の下りホームかと思われます。
左側の 学園 の行灯はおそらく日本学園高等学校という明大前にある男子校の広告だと考えられます。

ご確認いただければ幸いです。

経験がさん>

ありがとうございます、
早速訂正させて頂きました。
撮影してからもう40年近く、記憶が殆ど残っていません。
今後とも宜しくお願いします。

近鉄800系、思い出深く好きな車両でした。私が初めて乗った時は、奈良線の特急に使われていました。鹿のマークをあしらった表示板をつけて誇らしく走っていました。奈良線車両大型化に伴い、急行に格下げ、そして京都線や天理線に使われるようになりました。ずっと後年、改造されて伊賀線で黙々と働く姿を見た時は懐かしさと寂しさを感じました。
80系電車とEH10型電気機関車の顔を合体したような格好いいマスクでしたね。保存していただきたかったです。

スミノエさん>

近鉄が阪急のように技術遺産として車両を大切にする会社だったら・・
ビスタカーと並んで保存されていたであろう車両ですね。
細身の車体にシュリーレン式の下降窓、正面は仰る通りクハ86とEH10のミックスといった感じで非常に恰好が良かったです。

こんにちは。
今日も楽しく拝見させて頂きました。
湘南型、2枚窓のスタイル、私にとってはそのデザインが全体的には少なくなった後にも都市の第一線で活躍し続けた、京王井の頭線の3000系が一番馴染み深い車両です。路線の顔として走り続け、カラフルなデザインで楽しませてくれ、そして今の後継の車両にもデザインコンセプトを継承させた、とても存在感の大きな、地元の我が車両、でした。
こうして見ますと、各地にたくさんの車両があったのですね。
時代と共に車両のデザインも変わっていきますが、最新記事の国鉄特急色も同じく、時代を象徴するものと思います。
どこか旅先でこのデザインを見かけたら、その同志の様々な車両に思いをはせることになりそうです。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

風旅記さん>

井の頭線は今の新型車両も3000系の面影を見せてくれていますね。
そして、先輩の3000系は各地のローカル私鉄近代化の新しい使命に各地で活躍中・・
好きな電車だけにうれしいことです。

今、ローカル私鉄でそのほかの湘南スタイルが見られるのは、一畑、熊本、近江、富山、福井、秩父、流鉄くらいでしょうか・・少なくなったものです。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿