フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« Photo Archive キハ80系賛歌 | メイン | 別府鉄道、明姫幹線付近 »

2015年8月25日 (火)

昭和61年夏、姫新線・芸備線の旅

今夏、30年ぶりに姫新線・芸備線で中国山地の山の中を通って広島へ出る旅をした。その30年前の旅行時の写真だ。

両線とも急行列車も走り、まだまだ活気があったころだ。

S6140

姫路7:02、姫新線823Dはキハ40とキハ47の2連だった。この列車は播磨新宮に7:53、津山には9:41に到着する。

この頃、すでに高速バスに敗れた姫新線急行列車は一往復にまで減少していた。

S61_11

本龍野の跨線橋にクラシカルな駅名票。

S614740

津山では2分の接続で861D、9:43となり、降りて写真をとる暇はなかった。

新見、11;33、ここでしばし下車して昼食や列車の撮影などもした。昼食は駅の蕎麦が大変美味しいところだったので、それを食べたように思う。

S6147

姫新線折り返しの津山行き。

今のキハ120に比すとやはり貫禄がある。

S61_12

新見駅舎・・

S61

姫新線・芸備線ホームの様子。

S6123

芸備線列車は13:38の863D、キハ45の2連だった。

ここから先も本数は8往復を数え、一往復は急行列車の末端区間で、列車は「たいしゃく」、この以前には新見から全区間急行の広島行きだった。芸備線は東城を過ぎるとハイライト、日本屈指の山の中を走る。

それでも、当時は道後山にはスキー場もあり、観光的な色彩がないわけではなかった。

S61_2

備後落合15:07着、列車が到着したホームには蕎麦屋が営業していて、ここの蕎麦も大変美味しかったと記憶している。

僕たちはここで一本後の急行に乗ろうということになり、普通列車を見送る。

S6158

急行には三次から4連で来た列車の後部2両が使われた。

S6128

前部2両が普通列車として新見へ向かっていく。

S61_3

ホームに停車する、三次から急行になる「みよし」号。

S61_4

ホームの駅名票も一緒に。

S61_5

列車の愛称板。

S61_6

備後落合駅の駅舎、何故かパトカーが。。

S61_7

保線用のモーターカー。

S61_8

保線用の牽引機械。

S61_9

16:05、三次から急行になる「みよし」号発車、次駅の比婆山駅。

S61_10

比婆山駅舎、何やら地元の人が作業をしていたようだ。

列車は三次を17:20に発車し、広島には19:39に到着した。姫路からの所要時間は12時間半だった。

S61571

広島では路面電車が、それも元神戸市電が迎えてくれた。

このときの旅行ではまだあまり意識はしていなかったが、当時であっていた女の子たちが芸備線沿線の出身で、惹かれるものがあった。

この旅行も彼女たちから故郷の話を聞いていたからこそ、実現したようなものだったが、高速バス台頭の前夜といっていい時代、そろそろ姫新線・芸備線に陰りが見え始めるころ、思えばこの旅行はしておいてよかったとつくづく思う。

さて、先だって、お盆明けに休暇をもらい、、まさに30年ぶりにこのルートで旅をしたのではあるが、時代の変遷は何もかもを大きく変貌させていた。

0818127

高架の姫路駅に入線する姫新線、高性能気動車、キハ127。

しかし、高性能気動車が走るのは佐用までだ。

0818120

津山にて、軽快なワンマン気動車、キハ120。

0818

新見の駅舎。

0818120_2

備後落合で出会う芸備線と木次線のキハ120。

備後落合・東城間、備後落合・出雲横田間はいずれの3往復しか列車が走らず、姫新・芸備線を通しての旅はわずか一日1往復しかできなくなってしまった。

しかも、広島から姫路へ向かうルートは姫路到着は深夜といっていい時間だ。

081847

広島に到着した快速「みよし」ライナー、キハ47(右)。

快速列車は三次・広島間を1時間26分で走破、停車駅が増えてもかつての急行とさほど変わらない。

今夏、30年ぶりに実現した旅では、姫路6:56、途中、播磨新宮、佐用、津山。新見、備後落合、三次で乗り換え、広島には17:28(実際は20分ほど遅れて到着したが)に到着した。

JR西が安全確保のためと称して行っている、線路脇民有地の保安のために速度を時速25キロ以下に落として運行している区間も相当でてしまっているが、これを含めても、所要時間は10時間半と、かつてよりも相当スピードアップしていることに驚かされるが、それにしても、本数的には一日3往復の区間があるというのはもはや、鉄道としての使命が終わったことを内外に宣伝しているようなものであろう。

0818120_3

姫新・芸備線の山間部は、日本の鉄道としては有数の深い山の中を走る。

そこに広がる風景こそ日本人の原風景でもあり、それを生かした積極的な旅客誘致が求められるといえば・・それは素人の浅はかさなのだろうか。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351371/33534669

昭和61年夏、姫新線・芸備線の旅を参照しているブログ:

コメント

出版社デコの栗林と申します。

このたび、新幹線の開業までを描いた書籍を発行いたしますので、ぜひご覧いただきたく、コメントさせていただきました。(記事と関係のないコメント、申し訳ありません)

書名『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』
本書は、新幹線の計画~開業を、当時の総裁・十河信二を主人公に描いたノンフィクション・ノベルです。
なぜ、十河は世銀借款に懸けたのか…。国鉄関東軍と呼ばれた男たちの500キロにも及ぶ用地買収の過酷さは…。ウソの半額予算1920億円とは…。未曾有の大事故“三河島”…。
すべては世界一の鉄道をつくるため、敗戦で失った自信と誇りを取り戻すためでした。

鉄道ファンのみなさまにぜひ読んでいただきたい一冊です。よろしくお願いいたします。


著者 高橋団吉
価格 1900円(税別)
発行 株式会社デコ
お求めは弊社ホームページ(送料無料・オリジナルしおり付き)
http://decoshop.shop29.makeshop.jp/shopdetail/000000000196/004/001/X/page1/recommend/
または全国書店(在庫がない場合はお取り寄せ可)をご利用ください。

 備後落合駅は何回か訪問しました。私が訪問した時は全盛期を過ぎており、何もありませんでした。往事は駅前旅館や飲食店があり、繁盛していたと聞きます。駅前食堂で「おでんうどん」というおかしなメニューがあったようですが、おいしかったのでしょうか。

 木次線の出雲坂根駅に行くことばかりで、備後落合駅には目が向きませんでした。

山陰が好きだったせいで、40数年前に津山新見界隈はよく通りました。
姫新線の急行には中国勝山行と月田行がありましたが何故か新見へ抜けるものはなく、普通列車だけでしたが、現在の様にズタズタの系統分割とは想像だにできませんでした。
それは山陰本線もまた同じで、京都・大阪から鳥取へ行く列車がまさかの「はまかぜ」1往復!
よくよく見れば、中国自動車道は別としても、智頭急行の開通が大きく、京阪神からも岡山からも優等列車は多少の遠回りでも高規格路線を疾走するに至っているのですね。
在来ローカル線の高規格化とは左様に難しいのでしょうか。
芸備線急行「たいしゃく」はキハ20の単行と記憶しています。
芸備線急行には木次線からの「ちどり」の方が夜行便も含めて数往復と幅を利かせていました。
布原SL三重連とかヒバコンとかで賑わったのも昔日の夢に思えます。

おはようございます。
今日もお写真と記事、楽しませて頂きました。
暫く前に中国地方に商用があり、芸備線に初めて乗りました。中国エリアの列車に乗るのは初めてだったのですが、時刻表を眺める中で、中国山地を走るローカル線の本数の少なさを知り、鉄道の置かれた現状を理解した次第です。
芸備線では快速みよしライナーに乗りましたが、キハ47形2両の列車は、好ましい雰囲気の小駅をゆっくりと通過しながら、それなりに混雑したまま、三次に着きました。地方の路線が、人から必要とされている様子を見ると、どこかほっとした気持ちになります。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

出版社デコさん>

ご意向は分かりますが、全く関係ないエントリーへのコメントとしては相応しくないですね。
本ブログには新幹線のエントリーもありますのでそちらでどうぞ。

L急行鷲羽さん>

この駅の衰退は鉄道が高速道路に負けていくその過程を見るようで悲しいものがありますね。

この謝意sンを撮ったころはまだまだ、にぎやかでした。
おでんうどんは、聞いていたのですが、この時は山菜蕎麦を食べたように思います。

あづまもぐらさん>

姫路から新見へ向かう急行も、年代によっては存在していましたね。
この頃はすでに廃止後、急行も一本のみになっていました。

かつて国鉄部内でも姫新・因美線の高規格化も論じられたのですが、「はまかぜ」へ旅客を誘導するために沙汰やみになったと聞きました。
これがせめて、出来ていれば・・後の祭りですね。

キハ20の急行、全国にも何列車かありましたね。

風旅記さん>

今や、中国山地の鉄道でそれなりに乗客があるのは伯備線、それに津山線と芸備線の三次以西だけですね。
それらの区間では結構健闘しているのに・・
この差は何だろうと思ってしまいます。
寂しいことですね。

コメントを投稿