フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 2015年3月 | メイン | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

九州の国鉄・・2

前回の同名エントリー から4年も経ってしまったが、久々に九州の国鉄の写真だ。 なお、長崎本線長与支線筑肥線筑豊本線はそれぞれ別のエントリーを参照されたい。 私鉄を訪問するその過程で撮影したもので、昭和53年から57年くらいの間。 まとまりがないのはご容赦を・・

また、これまでのエントリーと重複するところもあるが、改めてスキャン、画像加工しなおしている。

1153000

 下関まで山陽本線で・・ 広島からの普通列車は115-3000。

66

小倉駅にはキハ66系の姿が・・

23

キハ23、どこでも見かけた気動車だが、全体の両数が少なく、当時から希少感はあった。

485

 485系「にちりん」

301

 西鹿児島駅で、朝、見かけたのは鹿児島交通南薩線の気動車、キハ301だった。

485_2

西鹿児島でも485系「にちりん」

4523

伊集院だと思うが客車列車のオハフ4523。

42

スハフ4243を最後尾に発車していく。

4243

スハフ4243の車内天井・・

Photo

雨の中、寝台特急が入ってくる。 「なは」あたりだろうか。

485_3

大牟田駅・・485系「有明」

4811

その先頭車両はクハ481-1だった。

495

 大牟田での485系有明編成後尾。

Ed7639

ED7639牽引の貨物列車。

Ed7639_2

ED7639がこの駅で入れ替え作業をする。

Ed731011

 ED731011、ED73を見たのはこのときが最初で最後か。

Photo_2

寝台特急14系客車は「みずほ」だ。

224482120

貨車、さすがに石炭王国の名残・・ ロセラ2120、ワフ22448。

50

飯塚の50系客車とボタヤマ。

28

豊肥線立野、キハ28系急行。

485_4

大分だと思うが、485系「にちりん」

475

撮影場所不詳・・471系快速、記憶では大分駅なのだが、当時、日豊本線にこの手の快速はなかったはず。

De101549

甘木、DE101549による貨物列車。

Photo_3

 その列車の後尾。

421

 原田(はるだ)、421系電車、高運転台だが、貫通路の目貼りが哀れ。。 九州と言っても冬は寒い。

421_2

421系電車初期型の大窓タイプ。

485_5

485系「かもめ」、この頃の長崎本線特急は遅かった。

485_6

485系「有明」が接近。

4852

「有明」が通過する。

485_7

「有明」の後尾。

Ed76

ED76が貨物列車を牽引する。

3326600

そのサイドに見えていたのはこちら、オハフ33。

26600

 キハ26、600番台で旧二等車を通勤車両に改造したもの・・気動車版オハ41か・・

28_2

筑豊本線からの普通列車はキハ28系だった。

28_3

その気動車が転線をする。

28_4

気動車の行先板・・ちょっと見た目には何のことかわからない。

28_5

こちらは「快速」表示のキハ28系、「くまがわ」あたりだろうか。

 

 

 

2015年4月 3日 (金)

昭和55年、舞子辺り。

今、僕は山陽本線舞子駅から山手の方へバスで15分ほど走った所に住んで、舞子・朝霧を中心に仕事をしているが、この当時、まさか自分が将来そこに住み、仕事をするようになるとは到底思えなかった・・ 昭和55年の写真である。

Photo

この夏、京阪神を走る113系快速のグリーン車が連結中止となった。 まずは、明石駅での時刻表から。

Photo_2

 舞子海岸では遠い将来に向けて、架橋工事が始まっていた。 まだ海底にボーリングをしているその様子・・ この時期の精神状態を表しているのか、自分でも驚くほど暗いトーンの写真ばかりだ。

Photo_3

こちら、山陽電鉄山側から見た工事現場。 淡路島の山容が今とは異なる。

Photo_4

当時、山陽電鉄が国鉄をオーバークロスする跨線橋には、明治9年に開業した官設鉄道上神崎橋梁(現在の阪急京都線の一部区間になる)で使われていた「ポニー形ワーレントラス」が使われていた。 今、東二見工場の正門近くに一部が保存されているあの鉄橋だ。

3050

その橋梁を3050系が行く。

3056

当時、山陽で最も乗り心地が良いと評判だった3056Fが行く。

3056_2

3056のアップ。

30562

 更に接近する3056。 すでに3060Fも登場し、3050系エアサス車は3編成になっていたが、なぜか、この編成の乗り心地は一味違ったように思えた。 山陽電鉄は今もこの頃も、電車1両ごとの「顔」が見える鉄道だ。

286852

270形286が850形を従えてやってくる。

286

286のアップ、旧型車の車体更新車だが、作りがよく、走りもまた良く、好きなシリーズだった。

3610

舞子公園駅をサイドから見た様子。 停車しているのは3610号。 非冷房だ。

3635

3635号、黒Hゴムのちょっと個性がある風貌、3060Fの姫路側Tcだ。 海がよく見える。

113

 舞子駅南の国道から・・ 走っているのは国鉄の快速電車113系。

3000

上記ポニーワーレントラスのすぐ先にあった架道橋を渡る3000系一次車、アルミカー・・まだ、山陽が3050系でアルミカーを復活するなんて考えられなかった頃。

284850

神戸側に284を連結した270・850形の普通列車。

Ef5864

舞子公園の中から・・ EF5864単機回送。

117

117系電車・・このときのお天気は下り坂。 それにしても写真が暗い。

103

103系電車。

113_2

113系の快速電車。 すでに改良型2000番台は登場していたが、この電車は関東で増備が続いていた一般型ユニット窓冷房車を昭和52年に限り関西にも投入されたもの。

110901

快速電車のグリーン車、サロ110-901、国鉄旅客車で初めてのステンレスカーだ。

827

霞ヶ丘駅近くで。 800形の最後の生き残り、827。

282

その編成の神戸側先頭車は282号。

2013

日本最初の旅客用アルミカー、山陽2000系2013号。 この日は日本最初の旅客用アルミカー・ステンレスカーを見たわけだ。

3605

垂水方の急カーブを行く3605、3000系3010Fの姫路側先頭車だ。

Photo_5

 この時代より少し後の撮影、山陽電鉄、舞子公園の旧駅舎。 とても大都市近郊私鉄の駅舎とは思えぬ長閑なたたずまい。 駅前にはちょっとした商店街もあった。

Photo_6

この当時の舞子公園駅ホーム、駅舎は北側にあり、改札から下り線に行くには地下道を渡った。

Photo_7

今の舞子公園駅。 国道や海岸から見えるJR舞子駅とは違い、再開発ビルの裏手にひっそりとたたずむ。 だが、今は直通特急も停車し、山陽では最初にバリアフリー化がすすめられた近代的な駅となった。

ちょうど阪神から乗り入れの1000系が出発する。