フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 追憶、京都市電。 | メイン | 新年のご挨拶 »

2014年12月30日 (火)

宝殿駅西、法華山谷川付近。

僕がカメラを持って列車を撮影するようになったのは、加古川市に在住していた中学生時代で、特に自宅にほど近い宝殿駅周辺ではよく撮影した。

何度かこのあたりで国鉄はこのブログでエントリーしている。 「宝殿駅周辺の電気機関車たち」「宝殿駅周辺の列車たち」「宝殿駅、留置車両と列車たち」 以上もご参考くださればと思う。

今回は宝殿と曽根のちょうど中間あたり、今、姫路バイパスと国道2号が交差するあたりの写真だ。 法華山谷川という小川が流れている。 撮影時期は昭和51年頃から55年頃まで。

113

113系電車のアップ、初期型、大目玉・非ユニット窓電車だ。

1531533

 新快速153系電車、なぜか当時は低運転台の初期型が好きで、これが来るとシャッターを切っていた。 クハ153-3と番号も読める。

153

下りの新快速、今では想像もできないのどかな平野が広がっていた。

153_2

上りの新快速、ヘッドライトが点灯されている・・撮影している僕への注意喚起か、それとも軽い挨拶か・・線路からは相当離れており、いわゆるパッシングではないように思う。

153_3

上り新快速の後追い、編成の床面がそろわない・・これは、台車が相当痛んでいることによるもの・・ 一部には床面の垂れ下がった車両まであった。初期軽量車の宿命か。堅田行きの行き先も懐かしい。

Ef606

法華山谷川を渡るEF606牽引貨物列車。

Ef612

二兎を追うもの一兎を得ず・・双方向から貨物列車が来て結局どちらもまともに撮影できていない。 EF612のナンバーが流れ、反対方向には黒い二軸貨車が連なる・・ 撮影には失敗したが今、こうしてみるとなかなか当時の様子を物語っていると思う。

Ef5860

EF5880、すでに暗くなり始めた時刻か・・シャッター速度が上がらず、やむを得ず流したものだろうか。

Ef5860_2

その後追い、それほど速度は高くなかったようだ。

Ef6615

上りコンテナ列車、EF6615のアップ。

Ef6630

上りEF6630牽引のコンテナ貨物・・

Ef58167

EF58167牽引の荷物列車。 次位はワキ8000か、スニ40か・・

36

後追い、マニ・スニ・スユ・ワキ・・荷物列車の編成はバラエティ豊かだった。

Ef60115

EF60115牽引のコンテナ貨物。

Eh1036

EH1036・・マンモス電機がなぜか、ワフとヨを繋いで走る。

Eh

その後ろ姿、なんとも楽しい列車だ。

58

キハ58の急行、山陽本線の特急・急行が消えてからは僅かに播但・姫新線の優等列車が宝殿あたりでの花形だった。

12

12系の臨時急行、「屋久島」のサボが見える。 長駆、鹿児島からの列車だ。

Photo

宝殿駅の様子。 既出だが当時の駅舎。

153_4

通過する153系新快速。

Photo_2

工事中の駅構内、宝殿駅は今のJR神戸線西明石・姫路間で最初に近代化された駅だ。

読者の皆様、本年1年、本当にありがとうございました。

どうか、新しい年が皆さまにとっても鉄道にとっても佳き一年でありますように!!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351371/33107987

宝殿駅西、法華山谷川付近。を参照しているブログ:

コメント

ゴハチ60ではなく80ですね。
EF5860はお召し予備機なので、青に塗られたことは無いですよ。

こんばんは。何か見覚えのあるポイントだと思っていましたが、自宅近くの踏切ポイントですね。時間がどれだけ経っても昔から変わらない風景である意味安心しました(笑)

今年は1年間ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

くまごろうくまがやさん>

EF5880ですね。。
60は茶色で有名でしたね・61は撮影したことがあったはず・・
完全にキーボード入力ミスでしたね。
ご指摘ありがとうございます。さっそく訂正しました。


ラジマニさん>

この場所、永く行っていないのです。
今もあまり変わらないのですね。一度再訪してみます。
ありがとうございます!

来年も宜しくお願いいたします。

153系新快速の時代ですね。
当時はまだ昼間は前照灯を常時点灯していなかった時代です。
床が垂れ下がってるのを見て車両が老朽化しているのを実感しますね…。

えびちゃんさん>

前照灯の常時点灯はJR化の日から始まったと記憶しています。
注意喚起が目的だったのですが、現状は・・人身事故の多発による運転障害が日常茶飯事化しているなど・・効果が疑問に感じられますね。
ただ、ファンとしては列車が生き生きして見えるので良いかとは思うのですが・・

153系のみならず、181系やキハ80系でもこういった床の垂れさがり、ありましたね。。

法華山谷川のこの橋梁とこの車両。まさに同じ時代の私の撮影場所でもありました。線路と、加古川バイパスと、国道2号線に挟まれた、狭い土地で、当時の田圃が、建設会社の土砂置場に代わったぐらいで、変化がない場所でしたが、ここ10年で西側はパチンコ店、東側は建設機械のリース会社が建ってしまい、もうこのような写真はとれません。
40年ほど前には、自動車通行禁止の川の東の踏切を渡ろうとした自動車が脱輪、進行してきた113系普通電車が脱線したという事故があった場所でもあります。
なんとも懐かしい写真です。

キッコーマン専用線さん>

ここ、まれに横の道路を車で通過しますが、確かにかつての面影はないですね。
一度再訪したいと思っています。

コメントを投稿