フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 横川で国鉄軽量客車三種を見る。 | メイン | 昭和54年、伊予鉄道。 »

2014年8月25日 (月)

昭和54年夏、高知への旅

四国・高知へ行ったのは国鉄に入ってしばらくしたころだ。

153

このときの旅行は神戸から夜行急行「鷲羽」に乗ったように記憶している。 その「鷲羽」153系電車の様子を宇野で・・

Photo

 「鷲羽」のサボ。

65

 高松の駅ではキハ65・58・28による急行「あしずり」が迎えてくれた。

61

 高松でみたオハフ61・・当時ですら貴重なクルマだった。

Photo_2

 高知駅。 昨年、自家用車で高知を訪問した折に再訪したが、近代的な高架駅となってこのころの面影はなくなっていた。

219221

 高知駅前では土佐電鉄の路面電車が迎えてくれる。 219と221。

219

入構する219。

210211

 210と211。 このころ、高知駅前と桟橋を結ぶ系統は200形ばかりだったように思う。

207215

 215と207、カラーで。

207

 この路線に乗り、桟橋で207。

215

 215号。

Photo_3

 国鉄バス、松山高知急行線。

703

 はりまや橋付近で・・ 下関の山陽電気軌道から移籍の703。

803

 こちらも下関からの移籍組、803・・カメラ屋さんの広告電車。

803_2

 その803の側面には大きくNikon F2PhotomicAの絵が描かれていた。

当時の憧れのカメラだ。

209

 高知駅へ向かう209。

622

 「ごめん」と大書きした行き先番が名物。 622号。

609

 こちらは高知大丸の広告電車、609号。

Photo_4

 高知県交通の路線バス。

206

 御免に到着した206号。

606

 御免にて606号。

Photo_5

 御免の様子。 手前に線路が見えるが、かつての鉄道線との直通線路だろうか。

181

 高知駅へ戻り次の目的地、松山へ・・いったん、高松まで出たように思う。 キハ181南風、高知駅だと思うが記憶があいまいだ。(高松駅とのこと、ご教示いただきました。ありがとうございます。)

5042

 DF50が牽引する客車列車が発車を待つ。

58

 急行「土佐」 キハ58を先頭にしていて、僕らはこの列車に乗ったように記憶している。

26

キハ26・・駅名不詳・・

181_2

 高松だろうか、キハ181特急「しおかぜ」

181_3

 このときに「しおかぜ」に乗った記憶がなく、夜遅い急行「伊予」で松山へ向かったと記憶している。 どこで撮影したのか、この駅をご存じの方があればご教示願いたい。

(最後の写真は松山とのことでした。ご教示いただきました。ありがとうございます)

このあと、僕らは松山で伊予鉄道を訪問している。 伊予鉄道の訪問記は、またこの次に。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351371/32779271

昭和54年夏、高知への旅を参照しているブログ:

コメント

キハ26・55系、バンパーがついていたことで一目で四国総局の車とわかります。
後姿のキハ181系しおかぜは、松山駅1番ホームだと思います。

特急南風とその下のDF50牽引列車は高松駅です。
線路に対して斜めになっている町並みとビル群、緩やかにカーブしながら山に向かって延びてゆく線路と、その先にある跨線橋。旧高松駅の地形的特徴ですね。

 懐かしいですね、急行“鷲羽”。私が鉄道少年だったころ“鷲羽”の全盛期でほぼ1時間おきに運転されていました。さしずめL急行といったとこでしょうか。宇野方面には他にも“うずしお”、京都発の客レ夜行鈍行も運転され、隔世の感です。
 “ひかりは西へ”のスローガンの下、一大勢力を誇った同列車も大幅に削減され、夜行が残ったもののヘッドマークも廃止され、ガラ空きの運行で哀れな末路でした。

国鉄バス松山高知急行線、撮っておられたんですねぇ。
40年以上昔、四国均一周遊券のあった時代、松山~面河渓便に御三戸で高知便と接続を取るダイヤ構成でした。
今や民間バス会社も路線に参入し、ほぼ毎時運行になって、一般長距離路線として民間へ譲られて何とか維持されている五新線とは対照的です。
それでも今は面河渓への路線はなくなり途中停車もなくなって、観光路線から都市間連絡へと性格を変えたと見て取れ、この辺りに五新線との分かれ目が感じられます。

おはようございます。
貴重なお写真、楽しませて頂きました。
この当時、今よりももっと濃い鉄道の風景が広がっていたと思いますが、四国も実に魅力的ですね。気動車王国と親しみを込めて呼ばれた所以かと思います。
他の方のコメントも参照させて頂きまして、高知、松山、高松と各駅の様子も改めて拝見しましたが、今はだいぶ変わっていますね。
他の記事も拝見させて頂きます。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

私事、しばし手が離せず、お返事が遅れましたこと、お詫び申し上げます。

ぼんちゃんさん>

このころの四国のキハ26、そのバンパーがまた、美しかったですね。
しおかぜは松山ですか!
本日、伊予鉄道の記事を作っていて、伊予市から松山まで国鉄に乗車していたこと、思い出しました。
ありがとうございます。

う~さん>

高松でしたか、ありがとうございます。
さすがに30年もたつと、記憶があいまいになりますね・・

L急行鷲羽さん>

宇野線の113系快速にとって変わられてしまいましたね。
夜行で残った「鷲羽」は普段はすいていたのですが、盆暮れはすごい混雑、頻繁に167系の「鷲羽51号」が運転されていましたね。

あづまもぐらさん>

松山高知急行線は高速化され、バス事業としては大きな成長なのでしょうね。
けれど、路線としてみたら・・一度乗ってみたかったです・・
企画しながら実現しない旅行でした。

五新線、鉄道用地部分の路線バスが廃止だそうです。
トンネルなどが老朽化してしまい、しかも国道のほうが早くて、専用道を使う意義がないそうです。

風旅記さん>

船で渡らねばならなかっただけに・・そこには本州にない魅力が溢れていましたね。
貴ブログでのピリッと、一味利いた短文・・とてもきれいです。

コメントを投稿