フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 冬の長崎電軌 | メイン | 南海電車浜寺公園駅惜別情景(付・諏訪ノ森駅) »

2014年1月30日 (木)

昭和56年、山陰本線松江・乃木

昨年11月にこの区間の電化後の様子をエントリーさせていただいた。 今回、順序は逆になるが、電化直前、架線柱の建植ができた頃の様子だ。

Dd511111

時期的には昭和56年の夏の前のようで、線路際では晴れていたが、松江駅では雨になっている。 まず、乃木駅近くの湖畔の線路際で撮影したシーンから。 DD51が牽引する貨物列車。 車番はなんとDD51 1111・・こういう番号の機関車を撮影していたんだなぁ・・と自分でも驚く。

14

 寝台特急「出雲」たぶん、1号のほうだろうか・・オシ24が通過していく。

10

普通客車列車、最後尾は郵便客車、オユ10だろうか。

23

キハ45系列、キハ23を先頭にしたキハ45、キハ23の3連。 この系列、関西では少なく、こういった編成で見られることはまずなかった。

45

 キハ45の旧塗装を先頭にした長大編成・・ よく見れば後ろにもこの系列がつながっている。

181

 特急「おき」キハ181。

181_2

 こちらは特急「やくも」キハ181の8連。 この当時、「やくも」は8連が基本だった。

42

 スハフ42・スハ43一党の編成が走る・・

14_2

ここからは松江駅・・ 同じ日だが、雨が降り始めた。 14系客車「出雲」・・編成が短いので・・「紀伊」と併結していた3号だろう。

Dd5149

DD5149が牽引する普通客車列車。 郵便車、荷物車、一般客車は4両・・この地域でよく見られた編成だ。

近代的な高架駅に古色蒼然たる客車列車の組み合わせ。

Dd5150

 DD5150の単機回送。

 

Dd511170

DD511170牽引の貨物列車。

234528

 キハ23を最後尾にした普通気動車列車。 先ほどの編成がどこかで折り返してきたようだ。 キハ28系の編成を前につないでいる。

28

その編成の向かい、こちらのホームには急行列車が入線。 4連でグリーン車組み込み。先頭車はマイナーチェンジ後のいわばキハ28系列の完成型だ。

35

松江にもキハ35がいた。 都市部を追われて地方線区で不評を買いながらも頑張る姿。

28_2

 急行列車のグリーン車、キロ28・・この風格!

2811

 その急行列車が発車していく。 キハ28・58系による11連! 列車は「だいせん」で大阪行き。

180

 キハ181系特急の見送り風景。

181_3

 その特急は「おき」だった。 「やくも」に比して短いといいながらも5連の堂々たる編成だ。

181_4

 キハ181の「やくも」が基本の8連で入線。 キロ・キサシ込みの特急らしい編成だ。

181_5

その「やくも」の後追い。 大出力エンジンから排気が一気に立ち込める。

28_3

キハ28系急行が発車していく・・ 列車は広島行きの「ちどり」か・・ 架線柱はあるもののまだ架線がない。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351371/32073915

昭和56年、山陰本線松江・乃木を参照しているブログ:

» 鉄道(2) (えすあい。)
JUGEMテーマ:鉄道・駅 1984年 夏の山陰本線の特急列車 [続きを読む]

コメント

こんばんは。
キハ45といえば電化前の片町線でキハ36と組んで運行していたのを今でも覚えていますね…。
今は207・321系の7連が30分毎に走っていますがまさに隔世の感です。

えびちゃんさん>

片町線時代の様子・・キハ45よりは少し古いですが・・
このブログの過去ログです。
http://kokutetu.blog.eonet.jp/117/2011/02/post-59a9.html

こうさん、こんにちは。

国鉄型気動車が活き活きしてる頃のお写真ですね。
気動車特急を含め、これだけ多くの形式が見られた山陰本線をノーマークで過してたのを悔やんでます。
特に残念だったのはキハ23…、カラーで一枚でも残しておきたかったです。
今をしっかり撮って置く事が大切って事ですね。
こうさんの素晴しい記録の数々に感謝します、ありがとう!

ゴンパパさん>

山陰本線はこのころはどの列車にも風格があり、国鉄の大きさを実感できる路線でした。
ただ、特定のところばかり撮影していて、それ以外のところはあまり訪問できていないのが悔やまれます。

コメントを投稿