フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 名古屋の鉄道・昭和51年。 | メイン | 昭和53年~57年、阪急神戸線。 »

2013年12月17日 (火)

京阪電鉄交野線(付・国鉄片町線)

今回は京阪電車の交野線で、1700・1800系の元特急車や戦後の標準型1300系が走っていた頃だから・・
昭和52・3年頃か。。

撮影場所は私市、河内森、河内磐船周辺だ。

1301

1300系、河内森付近の国鉄オーバークロスを行く。
1301号。

1307

こちらは1307号のアップ。
阪急700系とよく似た外観・・それもそのはずで、車体幅以外では設計が同じ、同型電車と言っても良い存在だ。

1312

こちらは1312のアップ。
幕板の広さはガラスの入手困難を表しているのか・・

1308

切通しを行く1308。
戦後の標準設計と言っても、きりりとしたスタイリングの良さ、私鉄電車の好デザインは生きていた。
用地は複線分だが単線のままだった。

1754

こちらは戦後第一世代の特急車1700系。
1754を仰ぎ見る。
1700系にいたって京阪は新しいスタイルを手に入れたかのよう。
このデザインは1810系(後の1900系)まで続く。

1801

こちらは1800系トップナンバー。
カルダン駆動、軽量構造の電車だが、デザインの基本が1700系と変わらない。
だがこのクラシックモダンこそ京阪特急の真骨頂ではなかったか。。

1801_2

その1801の俯瞰。
切通しを行く。

101

さて、この場所からは国鉄片町線も良く見えた。
片町線、河内磐船駅に101系が停車する。

101_2

101系が河内平野を走る。
関西で最初の電化区間でもある片町線に101系は良く似合っていた。

10000

今の様子。
河内平野を望みながら走る10000系。
複線化分の用地を使って、複線化されていた。

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351371/32005149

京阪電鉄交野線(付・国鉄片町線)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿