フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 近鉄のナロー、内部・八王子線と北勢線 | メイン | 名鉄 東笠松駅 »

2013年7月12日 (金)

昭和51年京都駅。

今回はカテゴリー「国鉄の思い出」だけれども、登場する写真は近鉄のほうが多い・・
当時の僕の目線が私鉄に向けられていたからか・・ご勘弁ください。

霧の朝、京都駅には実にさまざまな列車がやってきた。
まずは国鉄から。

485 485系「雷鳥」が当時日本一のホーム長さを誇った京都駅1番線に入線・・
サロ2両にサシ込みの485系関西統一編成。

Dd546 山陰線ホームにはDD54の姿。
二次型DD54 6号機。

Df50545 こちらはDF50。
DF50 545号機。

82 キハ82系「あさしお」

18400 ここから近鉄京都駅。
ミニスナックカー18400系が入線。
京都線はこの少し前の時期まで規格が小さく、車体幅の狭い電車が走っていた。

800 近鉄通勤車には珍しい流線型、800系急行が入線。
車体幅の狭い2ドア車で、この頃は京都線急行に専ら使われていた。

900 こちらは900系。
標準車8000系の前段階の電車。

うしろに国鉄のマニが写る。

12000 12000系スナックカーの賢島行き特急。
国鉄特急をはるかに凌駕した車内設備など当時としては画期的な特急車。

8000 角ばった電車は8000系アルミ試作車。
結局はこの一編成だけに終わった。

900_2 新田辺行き準急は900系。

18000 特急18000系。
ツリカケ式、狭幅車体の特急車で、京都・橿原線専用だった。

18000_2 18000系特急のサイド。
号車表示がB・Cとなっている。
車内仕切りはなく、転換クロスが見える。

800_2 発車を待つ800系急行天理行き。
車体幅の狭い電車にドアステップをつけているのが良く分かる。

20113723 最近の様子を・・
あの頃と同じ近鉄ホームに入線するのはシリーズ21の通勤電車。

Jr2011221 JR京都駅、
山陰線ホームに停車する霜取りパンタグラフをつけた221系。

Jr2013113 巨大な駅ビルの前に停車する唯一本のオリジナルカラー113系電車。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351371/31716693

昭和51年京都駅。を参照しているブログ:

コメント

懐かしいですね。昭和51年と言えば、山陰本線・福知山線のDF50・DD54終焉の頃で、よく私も京都駅に出かけました。両形式の重連回送等も見られ、またDD51と合わせて三形式そろい踏みの写真を撮影に、ここから保津峡や亀岡付近にも行きました。9月の改正以降、DF50は米子以東には姿を見せなくなり、DD54も播但線と福知山線でのわずかの運用だけとなり、私も気が抜けてしまいました。
近鉄の800系も大好きな車両でした。初めて乗った頃は、奈良線の特急に使用されていました。当時の奈良線は大阪線のビスタカーを代表とするような座席指定特急は無く、華やかさに欠けていたのですが、国鉄の80系電車とEH10型電気機関車を合わせたような独特のマスクに憧れました。やがて京都線からも追われ、晩年の伊賀線で黙々と働くのに出くわしてホロリとしました。国鉄以外では近鉄が最もバラエティに富み魅了的でしたが、消えていった様々な車両の保存車が無いのが残念です。

スミノエさん>

京都駅には今も昔も魅力があふれていますね。
でも、この頃の京都駅、一味違った・・コクのようなものがあったように思います。

近鉄が古い電車を保存しないこと、ドライな社風やなぁ・・と、DF50もDD54もJR西が保存していることを思うにつけ・・感じます。。

国鉄民営化前年、理由はさておき私は亀山機関区で数ヶ月乗務しました。

東は稲沢、南は紀伊長島、そして西は向日町までDD51に乗務していたわけですが、元々田舎機関区所属の私なんぞが東海道線の複々線を走るなど思いも寄らなかったことで、夕方向日町から客車10連を牽き京都駅1番ホームに入線するのは、気持ちがすごく高揚したのを思い出します。

換算35両で東海道線外側線を走るのはしんどく、14ノッチ機関全速で東山隧道を抜け、機関水温が上がるのを防ぐため、アンチラストの入った臭い冷却水をラジエーターに撒水しながらの運転、途中駅停車時も止めずにホームに撒き散らしながら運転していました。

そんな思い出もついこの間のような気がしても、すでに駅舎は新駅になって久しく、時の流れを感じますねぇ。

くりぼんさん>

貴重な思い出、ありがとうございます。
草津線の通勤列車ですね。
乗っている身としては、なかなか爽快感を味わえた区間でもありますね。
京都の雰囲気もずいぶん変わってしまいました。

コメントを投稿