フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 岡崎市・乙川橋梁の名鉄SR系 | メイン | 山陽電車と国鉄高砂線の加古川橋梁 »

2013年4月29日 (月)

宝殿駅周辺での電気機関車たち。

SLブームが過ぎた後、電気機関車・ディーゼル機関車、もしくは特急列車がそのあとを追うということは予想されたけれど、まだ昭和51年ごろは電気機関車の写真を撮影する人は少数派だったように思う。

なお、僕は電気機関車を指して「カマ」と呼ぶのには違和感を感じていて、機関車、電機、電関、あるいは国鉄部内流にELと呼ぶのが良いのではと思ってはいる。

今回の写真は昭和51年から54年にかけてのもの。

年代順よりは形式別に進めていきたい。

Ef581 EF58。
トップナンバーのEF581号機。
今回、ネガをスキャンするまで、まさか、この機関車をきちんと撮影していたことを知らなかった。
宝殿駅のレールと共に撮影したものがあるだけだと思っていた。

Ef588412 EF5884。
12系客車を牽引。
架線の張り方を見てほしい。
スチールアームを使わず、ワイヤーで架線を支持している。
山陽本線のこの区間の特徴らしい。

僕は迂闊にも、僕の写真から読者にご教示いただくまで気づかなかった。

Ef5891 EF5891。
荷物列車を牽引。
架線は普通の張り方になっている。
この間、3年ほどで、架線の改良が進んだことになる。
この機関車は正面窓が原形で、EF58の美しさが健在だ。

Ef58128 EF58128と読める機関車。
12系客車を牽引。
この当時の12系客車はほとんどが金光臨だったが、まれに「但馬」の増発などもあった。

Ef58158 EF58158。
古風なマニを従えて快走。

Ef58157 宝殿駅ホームを通過するEF58157。
横の農業倉庫が懐かしい。
今、この場所に高層マンションが建つ。

Ef58 曽根駅との間の法華山谷川付近を行くEF58牽引の12系列車。
番号不明。

Ef5869 加古川との間の加古川橋梁を渡るEF5869。
大窓原形。
ただし、パンタグラフが下枠交叉式。

Ef6042 ここからはEF60。
下り貨物EF6042.
ひとつ目玉の初期型。

Ef6089 高砂工場回送キハ35を牽引するEF6089。
側線で待機。

Ef6035 その列車が発車していく。
EF60同士がすれ違う。

Ef6018 EF6018。
橋梁の部材を輸送しているのだろうか。

E615 EF61。
EF615号機。
EF60に蒸気発生装置を搭載した旅客用だった。
この頃はほとんど、貨物列車を牽引していたと思う。

Ef65500f EF65。
この頃、ブルートレイン牽引用の格好よいP型500番台はこの地域は深夜に通過するのみ、日中は見られなかった。
ただし、高速貨物用F型500台が見られた。
写真は番号不明だが、法華山谷川付近を行くF型。

Ef65122 一般タイプのEF65122。
EF60の後期形と酷似している。

Ef6598 下りEF6598。

Eh108 EH10。
高速コンテナ、重量貨物用に開発された機関車だが、最高速度が低く、この頃にはEF66に押されて一般貨物列車を牽引していた。
EH108。

Eh109 EH109号機。

Eh1013 EH1013号機。
永久連結、黒一色のボディは如何にも重厚感があった。

Eh1052 EH1052号機。
夕闇が迫る。

Eh1024 法華山谷川を渡るEH1024号機。

Eh104 宝殿駅における停車中のEH104号機。
初期型だ。

撮影している自分と友人の影が映る。制服姿だったのだろうか。

Eh104_2 その連結部。
パンタグラフが中心によるのが初期型の特徴。

Ef662 EF66。
高速コンテナを牽引するEF662。
庇の無い正面が美しい。

Ef6619 宝殿駅下りホームを通過するEF6619号機。

Ef6622 加古川との間の区間を行くEF6622号機。
背景に特徴ある川西小学校の円形校舎が見える。

Ef6625 宝殿駅上りホームを通過するEF6625号機。
宝殿駅からの風景はこんなにも長閑だった。

Ef6637 加古川橋梁を渡るEF6637号機。
加古川橋梁は非常に撮影がしやすい場所だった。

Photo 貨物列車華やかなりし頃・・
大幹線である山陽本線沿線に住んでいたのは非常に幸せだったかもしれない。
今、こうして写真を見ると、なんとすごい機関車たちを見ていたことかとさえ思う。

けれど、貨物列車の雰囲気も変わった。
宝殿駅周辺で列車の写真を撮影できる場所も少なくなった。

緩急車が去っていったように、僕らの思い出もやがて去っていく。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351371/31468681

宝殿駅周辺での電気機関車たち。を参照しているブログ:

コメント

こう@電車おやじさん、こんにちは。

や~、また懐かしい画像がどっさりアップされましたね☆。
お撮りになられた同じ頃、私は加古川駅周辺で撮ってたので、凄く馴染みと言おうか、すーと入っていけます☆。

仰るように、釜はSLで、ELは、番号(58とか65)と呼んでました。EH10は、EHと呼んでたなぁ~。 
今のように、ネット検索もない時代だったので、データのない釣り場で獲物を待ってるような気持ちで通過を待ってました。S50年代に入ると、機関車の更新が見られましたね。中でも、クロスパンタの登場には驚きました。

懐かしく魅力的な機関車ばかりですね。茨木市在住の私には蒸気機関車やディーゼル機関車はなかなか見る機会が無く、電気機関車が最も身近な存在でした。土曜日の午後に茨木駅までよく列車を見に行きはじめた昭和43年頃の主な顔ぶれは、軽快に走る客車や荷物列車のEF58、黙々と長大貨物を牽くEH10、EF60、EF61、EF65でした。時には茶塗装のEF58、特急色のEF60・65もやってきました。牽引されている貨車も様々で、自動車を運搬するク5000や牛が顔を覗かせている家畜車も通り楽しいものでした。

EF66は夕方に通過する特急鮮魚貨物列車だけ、また茨木駅で停車し入れ換えをしていた岡山機関区所属のEF15牽引の貨物列車も一往復あり、すでにかなり珍しい存在で、間もなくEF60に置き換わりました。

EF61は本来旅客用だとは当時は知りませんでした。昭和49年頃では熊本~名古屋間の急行「阿蘇」を牽引しており、スマートでEF58とはまた違った魅力がありました。この顔ぶれの中でEF61だけは完全な形で保存されず残念です。

カメラを持つようになっても地味な貨物列車を撮影する事はほとんどありませんでしたが、もっと記録しておけば良かったと悔やみます。

現在は貨物列車は大変人気があり、あちこちで撮影しているファンの姿を見かけます。もちろん現在の機関車も力強く魅力的ですが、私はこれらの機関車や今では見られない様々な貨車をより愛しく思います。

はじめまして、いつも楽しく拝見しております。

EF66 37 の写真に衝撃を受け、書き込みさせて頂きました。私はデビュー当時の EF66 を良く知らない世代の人間なので (昭和 54 年生まれなので、ちょうどこの写真の頃に生まれました。) 当時の EF66 はコンテナ・鮮魚専用機だったものと認識していました。が、全盛期にも、ワムを牽くような 「一般貨物機」 としての仕事もしていたのですね。

もっとも、私にとっては、ブルトレ牽引機としての印象が鮮烈なのですが(笑)

良い写真を拝見でき、ありがとうございました。

まったく、同じものを、同じ場所で見ていた。
その頃の写真です。
アップありがとうございます。

ピーッとホイッスルを鳴らし、長い客車や更に長い貨車を牽いてダダダダダダダダダダ-と轍を響かせながら走り去る電関には、いかにも引っ張っている存在感に華がありますね。
貨物にはEF15とEH10、旅客にはEF58が私の原初の記憶です。
黒の艶消しに黄帯の装いは、未だにEH10そのもので、貨物専用機ならではのものでした。
今後、黒い機関車は出るでしょうかね。
黒はお召し電車に召し上げかな?

初期箱型ボディのEF58を私も見た記憶はありませんが、浜松でEF18を見た時、思いを巡らしたのを憶えています。
また、EF58は牽引列車に合わせて塗装を施されましたが、どれもが似合う不思議さは、デッキ付き箱型では叶わぬものでした。

私が横浜駅をうろちょろし出した頃は、EF60 500が九州特急の先頭にあり、殆どが大きな一つ目玉、たまに二つ目でしたが、私は前者が好きでした。

EF58がそれまでの電関と一線を画した姿となった如く、EF66にもそれまでの新型電関との一線を感じました。今見ても美しさは褪せていませんね。

ゴンパパさん>

ありがとうございます。
この当時、本当に情報が少なかったですね。
線路際に行けば・・何かくるだろうって・・感じでした。

宝殿と加古川でおなじ時期に撮影していたなんて、ほんと、びっくりです。

スミノエさん>

貨物列車はずいぶん、イメージが変化してしまいましたね。
特に、二軸貨車や、緩急車がほとんど消えてしまい、貨物列車独特の風情が消えて久しいです。

先だって、名古屋でワム80000の大群を見たとき、狂喜しましたが・・写真は撮影できずでした。

機関車も、国鉄型がわずかに残ってくれていますが、いずれ風前の灯・・
さびしいですね。

上野大熊猫さん>

はじめまして!!
僕自身、この写真を撮影したときは驚いたものです。

なんだか、力をもてあましている感じがしますね。
でも、たまに・・あったと思います。

キッコーマン専用線さん>

撮影している時にほかの鉄道ファン氏とあった覚えがないのですが、おなじ場所で見ておられた方、いらっしゃったんですね。
なんとも不思議なご縁を感じます。

あづまもぐらさん>

EF66の国鉄バージョンがどんどん少なくなっていっていますね。
何だかあせりますが、これは運用がつかめない・・

線路際にてまたじっと、待ってみるとしましょう・・

EF58も本線で見なくなってずいぶん年月が経ちます。

それにsても、EH10の黒一色はきれいでしたね。


コメントを投稿