フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 2012年12月 | メイン | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月26日 (土)

近江鉄道

  近江鉄道を始めてみたのは名古屋への卒業旅行のときか・・
昭和51年の春、彦根駅で車庫に居並ぶ車両たちを見て、一刻も早く訪問したいと思ったものだ。

それ以後、何度となく訪れているが、神戸からは新快速でいけるとはいえ、その距離は中途半端で、いっそのこと名古屋や金沢へ行くほうがずっと気楽で、その分、どうしても名鉄や福鉄よりも頻度が落ちてしまう。

それでも、昭和51年ごろから55年ごろまでの訪問時の写真を見ていただきたいと思う。

近江鉄道は中小私鉄にしては驚異的な技術力を持った会社で、車両メーカーに頼らず、自分たちが必要な車両は自分たちで工夫して用意してしまう実力を持っている。
大手私鉄の中古車もそのまま使うこともあるが、素材として購入し、それを組み上げ直す名人と言うところか・・

135  当時、彦根に留置されていた引退車両の中で僕が気になったのがこのクルマ。
カラー写真は135号。
窓の大きさからなんとなくそう思える不思議な電車。
実に京浜急行400形を自社で車体長短縮の大改造を施したもので、如何にもローカル私鉄にふさわしい軽快な印象だった。

136こちらは両運転台改造を施した136号。
増設運転台がHゴム支持で印象が変わるほか、車体の三分の一が荷物室になっているようだ。

1208 クハ1208、西武の初期鋼製電車1320形の車体を持っている電車。
この電車の前の電動車は元神姫電鉄(現山陽の一部)1型がそのルーツだ。

5 近江鉄道が自社でさまざまな部品を組み合わせて作り上げた電車群・・
1形5号、彦根にて。
なにやら後ろにつながっている。。

11 その後ろ、モユニ11という郵便荷物車だった。
もと京王の電車で、両運転台であることから郵便荷物車となった由・・
いまだ鉄道の郵便輸送が盛んだった頃の名残か。

131 1形と同じ車体を持つ131号。
場所の記憶がないが太郎坊あたりか・・

132 こちらは春先の132号。
湘南形マスクに似せたデザインを自社で設計製造したのだからまさに驚くべしである。

1 新塗装となった1形タイプ。
番号不明。
場所は高宮か。

1218 クハ1218先頭の1形タイプ。
高宮だろうか。

200 こちらは小田急1600形の車体を持った200形。
小田急1600はあちらこちらの私鉄での再就職を見ることができた。

1202 クハ1202を先頭にした200形。
西武以外にも小田急・京王、京急の電車が見られた当時の近江鉄道には今の同社が持たない魅力があったかも知れない。

502 高度経済成長とともに、近江鉄道が作る電車も2ドアから3ドアへ。
全体にさっぱりした印象になった500形。
502号、撮影場所不明。

1503500形のクハ1503を先頭にした編成。
彦根にて。

5031 彦根を出るその編成の503と、横に並ぶのは1形タイプのチューリップトレイン。
上記の132号の編成だったはずだ。

Photo 当時の彦根構内の様子。
カブトムシのデザイン塗装が為されているのは131号の編成。
ほかにED14や1形電車、貨車なども見える。

1100 岳南電鉄からやってきたのは1100形。
東急5000系の投入により余剰となった両運転台の電車を近江鉄道が譲受し、多賀線などで使った。

1101電気機関車。
ロコ1101。
かの伝説の鉄道会社、阪和電鉄の生き残り。
今もこの鉄道に残る。

Ed4001 ED4001。
英国製の電気機関車で、東武鉄道電化初期のもの。
この当時は近江鉄道で他の電気機関車とともに活躍していた。
今、東武博物館にある。

Ed143 多賀にてED143が貨物列車を牽引する。
当時は全線で貨物輸送が行われていた。
ED14形は国鉄の初期電気機関車で、こちらは米国製。

Ed143_2 ED143のサイド。
十字の窓が一枚健在。

Ed144 多賀におけるED144。
今も彦根に残る。
ED14はJR西日本が梅小路に計画している鉄道博物館にぜひとも入れてほしい貴重な機関車だ。

Ed312 ED312。
国産ごく初期の電気機関車で、元をただせば現飯田線北部の伊那電鉄の機関車。
太郎坊付近をワフを牽引して走る様子。

Ed314dd13 ED314がD340を従えて休んでいる。
彦根にて。
D340は新日鉄八幡からの移籍。

Ed314dd340 跨線橋からの俯瞰。
ED314、D340とほかに・・上述した電車とともに並ぶ褐色・の荷物電車風の車体が気になる。。

Dd451 多賀にいたDD451。

Dd13104 DD13104が貨物列車を牽引。
国鉄から譲渡された機関車。

1_2 長大編成の貨物列車最後尾にワフ1がぶら下がる。

Photo_2 こちらも国鉄貨車の最後尾のワフ。

Photo_4

当時の多賀駅。

日本有数の神社の玄関口とは到底思えない質素な駅舎だった。

Ed144ed142 少しだけ現状を。
今も彦根に残るED14、国鉄の褐色ED144と近江カラーED142。

1101_2 ロコ1101。
貴重な機関車はまだ健在。
これもぜひ、きちんとした形で保存してほしい。

700 西武の電車を大改造して投入。
転換クロス装備の700形電車、日野にて。
わずか一編成の虎の子的存在だが、せめてもう一編成ほしい。

Photo_3今の多賀大社駅。
ずいぶん立派にはなったが、あれだけたくさん走っていた貨物列車は今は存在しない。

Photo_5 昭和51年当時の・・踏切風景。
生活に根ざした地味な電車だけれど、だからこそ、頑張ってほしい・・
中小私鉄経営の見本となって長く生きてほしい鉄道だ。

2013年1月15日 (火)

昭和51年、上野駅と東京駅の列車たち

今でも大阪駅などのホームで群がって列車を撮影する少年ファンを見ると、ついこの間までの自分の姿を見る思いがある。
僕も確かに、駅のホームで列車の撮影をする少年レールファンだった。

今回は昭和51年に上野駅と東京駅で数度にわたって撮影した列車たちだ。
撮影技法もわきまえず、ただ、列車の正面だけを撮ったものが多いがこれまた当時の記録でもある。
うまくない写真ばかり出てくるがご容赦ください。

まずは上野駅から。
当時は181系電車の引退が近い時で、「とき」に残った181系電車を追ったものだ。
「とき」の写真から。

18145 こちらはクハ181-45。
上越線161系がその出自のクルマ。

181101 こちらはクハ181-101。
当初から181系として製造されたクルマ。

181 番号不明な181系「とき」
ヘッドマークがひらがなとローマ字だけという通常のタイプではなく、朱鷲と漢字も小さく入っていたのが印象的だった。

181165 こちらも番号不明。
隣に「佐渡」だろうか・・165系が並ぶ。

181_2 クハ181ボンネットのサイド。
隙間風対策か、シーリング剤の塗布あとが痛ましい。

183 当時のニューフェイスたる183系の「とき」
この当時は3往復ほど、183系で運用されていたと思う。

189 「あさま」は新車189系になったばかり・・

189_2 こちらも新車189系「そよかぜ」

485 「ひばり」485系ボンネットタイプ。

485_2 「ひばり」485系の非貫通型。

なぜに、「ひばり」が東北新幹線で使われなかったのか・・

485_3 貫通型の「やまびこ」

489115 信越線経由の金沢行き「白山」489系ボンネットタイプ。
隣は115系。

489 同じく「白山」非貫通タイプ。

485_4 上越経由の金沢行きは「はくたか」485系ボンネットタイプ。


485_5 「はつかり」485系非貫通タイプ。
隣の気動車急行は非冷房。

481 「あいづ」が485系クロ481を先頭にして到着。

481_2 ヘッドマークの交換作業。

481_3 「ひたち」になって発車準備。

4814 クロ481-4の車番。

583 583系「はくつる」

583485 隣に485系「はつかり」が並ぶ。

583_2 同じく583系の常磐線経由「ゆうづる」

583ef81 その列車の隣には同じ「ゆうづる」の客車タイプ・・牽引はEF80。

Ef80 「ゆうづる」のEF80が並ぶ。

Ef8023 EF8023が「ゆうづる」を牽引して到着。
隣には客車鈍行の荷物客車。

Ef8033ef8023 そのEf8023が後続のEF8033と並ぶ。

22 「ゆうづる」の20系客車。
ナハネフ22。

22_2 「ゆうづる」20系電源車はカニ22だった。

Photo 「ゆうづる」の方向幕。
20系のステータスを感じる。

22_3 こちらは20系客車でも「北陸」

169 「とき」と並んだのは165系「佐渡」あたりか・・

169_2 169系。
「信州」あたりだろうか。

455 交直急行形電車。
455系で、「まつしま」「ばんだい」「ときわ」などでよく見かけた。

455_2 急行電車の「サハシ」
こういうクルマが連結されていたことに国鉄の誇りとステータスを感じる。

58511 キハ58511と読める急行気動車。
屋根の上にはクーラーがない。

山形あたりまで長躯する列車があったはずだ。

415 常磐線415系電車。
正面、幌枠のステンレス磨きだしも眩しいこの当時の新車。

115 115系電車。
こちらも当時の新車で、今、岡山に残る115系なのかもしれない。

Ef65529 ここからは東京駅。
憧れの駅で見たのは主にブルートレインだった。
EF65529が「はやぶさ」を牽引して入線。

Ef65535 「あさかぜ」はEF65535。
後ろには20系客車。

Ef65530 EF65530、「富士」の機回し中。

Ef65511 EF65511「出雲」の客車連結面。

14 「出雲」の14系客車。

Ef65512 「瀬戸」EF65512。

20 「瀬戸」20系客車。

113 そして、横須賀線113系。
スカ色に塗るだけで113系の格が上がったような気になったものだ。

167 こちらは167系。
関西でも見ることができたが、いずれにせよ当時とて見ることがかなり稀なクルマではあった。

自分にもこういう写真を撮影した時代があったこと・・改めて思い出す。
不思議なのはコダック現像所の純正処理ゆえか・・
カラー情報が生きていたこと・・
すでに30年以上前のネガカラーは、その劣化との戦いになってしまっている。

今回は在りし日の国鉄特急はじめ国鉄第一線の列車の姿を思い浮かべていただければと思う。

2013年1月11日 (金)

京阪3000系惜別の春(京阪旧3000系)

いよいよ京阪電鉄から「旧3000系」の引退が本年3月一杯までと正式に発表された。

(通常運行は3月10日まで、その後は惜別の臨時運行)
関西の鉄道にあって、かつてサービスとスピードで競争を繰り広げた名車3車種のうち、ついにその一角がここで綻びることになったわけだ。
関西鉄道の名車3車種とは、登場順に京阪3000系、阪急6300系、国鉄117系だ。

いずれも2ドア転換クロスで、主要都市間を当初ノンストップで結び、大いに快適性を競ったサルーンカーのような存在だった。

さて、京阪電鉄による表現「旧3000系」とは、正確には3000の形式称号を持った電車がかつて、事業用の貨物電車として存在したからで、「初代3000系」という呼び方は決して正しくない。(なお、当該貨物電車は3000形であり、系列としての3000系は特急車である3000系が初代である)
それでも、利用者やファンにとって、1900系の次の特急車両といえば3000系であり、一般的には部内の貨物電車の形式は念頭にないのが普通だろうから、僕自身もあえて初代3000系という呼び方をしてきた。

本稿では新型「コンフォートサルーン」を標榜する系列を「新3000系」、本稿の主役の特急専用車を「3000系」もしくは「3000系特急車」と区別して表示することにする。
なお、3000系特急車については「京阪電鉄・初代3000系」で取り上げているのでそちらの記事も参考にしていただきたい。

思えば、昭和48年、祖母に連れられて、祖父の墓を詣でたときに始めて出会ったこの車両は、その最初の印象が強烈で以後、強く僕の心に染み込んだのだ。
上品でシンプルな正面デザイン、ずらりと並んだ2段窓、ゆったりした座席は国鉄グリーン車のようなストライプ模様の入った段織りで、カーテンは印象的な濃紺(京染めといわれていた)もちろん、冷房がついているけれど、びっくりしたのは乗車した電車についていたカラーテレビ・・
世の中にここまで豪華な電車があるのかと感嘆した少年時代の、一気にその思いが憧憬に変わっていった電車なのだ。

3012 前置きはこのくらいにして昭和52年頃からの写真を少し。
地上時代の七条駅に停車する3012ほか。
この車両はどこへも譲渡されず廃車されている。

3515 七条駅を出て大阪方面へ向かう3515ほか。
今も富山で活躍する車両だ。

3515_2 その3515が鴨川べりを行く。
京阪に乗る楽しみの一つが鴨川の景色だった。

35016 淀におけるトップナンバー3501。
京阪3000系は3連もしくは4連が基本で、大半の列車がこれを組み合わせた6連・7連で運用されていた。
そのうち、京都寄り3500形がテレビカーで、一列車に2両のテレビカーが連結されていた。

3000 3000系の編成連結部。
白地に赤文字・斜体の「特急」が懐かしい。

3000_2 3000系特急車の車内。
白い枕カバーが清潔感を漂わしていた。

5002 ついでに、この当時の京阪電鉄の主力車両たちを・・
まずは豪華な3000系に対し、通勤用最強の5ドア電車、5000系が淀付近を行く様子。
まだ正面の行き先表示器は設置されておらず、大型の急行板を掲げて走る。

1005 こちらは1000系。
今も全車両が健在の主力車両のひとつだが、旧型電車1000形や60形などがその出自だった面影はまったくなくなってしまった。

1807 1800系。
3000系の二世代前の特急車だ。
中間にドアをつけて通勤輸送に徹していた。

1915 1900系元特急車。
1900系には新車で登場したグループと、1800系の改良型1810系から編入したグループがあって、これが新車で登場したタイプ。
3000系の前の特急車だが、新車で登場したグループが特急運用についていたのはほんの数年か・・

1926 3000系全盛時にあっても、1900系は正月輸送などには特急用に返り咲いた。
乗り心地が良いことがその理由らしいが、当時すでに2400系までのシリーズも完成していたから、このあたり・・1900系を臨時運用の特急に持ってくることなどは京阪の京阪たるところかもしれない。
写真は七条における1926ほかで、格下げ後の臨時特急運用、先頭車は元両運転台で窓の数の理由から増設扉が両開き式。

1910 こちらは淀における1810系からの編入車1910ほかによる臨時特急運用。
クラシカルな外観だが、当時最新の高性能車で、だからこそ、かえってステータスを感じさせる。
このあたり、阪急1010・1300系グループと一脈通じるものがあるかもしれない。

30003008 さて、ごく最近の様子から。
大井川鉄道に譲渡されたのはMcTc1編成だ。
番号は京阪時代のままの3006を名乗るが、台車は営団地下鉄のもの。

30001 その車内。
座席モケットは張り替えられているが雰囲気は京阪時代のままだ。

30002 京阪3000系の大きな特徴のひとつに、千代紙をちりばめたような粋な妻面化粧板の存在があった。
本家では消滅していたが、大井川では健在だった。

3000_3 こちらは富山地方鉄道に移籍した車両で10037を名乗る。
元の3004で、富山地方鉄道生え抜きの14761と並んだ。

3000_4 こちらは京阪特急カラーに復元された10033。
京阪時代の名前は3018。
台車は営団地下鉄または国鉄の物を流用している。

3000_5 稲荷町を行く京阪カラーの10034。
テレビカーの文字も復元されたがテレビのあった場所には現在、運賃表示器が設置され、テレビは妻部にて復活している模様。

3000_6 富山地方鉄道移籍車の車内妻面。
ここでも、妻面の粋な模様は健在だ。

3000_7 その座席。
座席生地は張替えがなされているが、肘掛部は従前のまま。
この部分に京阪特急の面影が残る。

なお、窓下、化粧板にふたをしているように見える箇所はかつてのスピーカー跡。

30008081 新3000系の登場を前に、8030番台に改名されたときの3000系特急車。
正面デザインが変わり、8000系に混じって孤軍奮闘する様子が健気だった。

30003505 引退を前に正面のデザインがかつてを思い返す「クラシック」となった3000系特急車。
やはりこの電車は3000の数字が似合う。

30003006 夕方の太陽光を浴びて快走する復元3006ほか。
端整で落ち着いた表情、私鉄特急車らしい軽快でありながらも、プライドを見せてくれる表情。

3000_8 今現在の車内。
座席は8000と同じものに変更されたが、今では8000が新デザインのものに変更されたので、かえってこの車両だけの雰囲気ともなってしまった。
化粧板も張り替えられ、妻面の粋な模様は姿を消した。

3000_9 窓構造。
固定下段の上に単純開閉の上段が乗っかる構造。
それゆえに二段窓車とは思えぬほどに窓構造が「薄い」。カーテン溝にはワイヤーが仕込まれ、フリーストップだ。

3000_10 テレビカーの様子。
当初は運転台上部に設置されていたため、テレビの調整も車掌台で行なえたが、中間に改めて設定されたテレビカーでは調整室が必要になった。

3000_11 中間のダブルデッカーは京阪自社の改造工事で誕生したが、その側面には時代祭りの絵が描かれていた。
写真は最後尾の前田玄以の様子。

3000_12 ダブルデッカー二階席の様子。
背もたれが低く、眺望の妨げにならぬ工夫がなされている。

3000_13 ダブルデッカー一階席の様子。
幅広の固定座席が集団離反形に設置されているが、座席は非常に立派なツクリだ。

3000_14 淀屋橋駅における3000系特急車。
最後まで特急として使命を果たすことができるこの電車は、限りなく幸せな電車といえるのかもしれない。

3000_15 側面の様子。
丸みを帯びた窓にシンプルな行き先・種別表示。

30002200 最後に冬枯れの淀で2200系と離合した3000系特急車。
まもなく見納めの3000系が最後まで無事故で、できるだけ多くの方々の声援を受けられんことを心より願う。