フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 2012年11月 | メイン | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月25日 (火)

宝殿駅 留置車両と列車たち

山陽本線宝殿駅そのものについては以前の記事「宝殿駅」をあわせて御覧いただきたい。
今回は宝殿駅留置線に疎開もしくは仮留置されていた車両たちと、そこを通過する列車たちの様子だ。

宝殿駅には本線、副本線のほかに留置線の設備があり、宮原区の波動輸送用車両や高砂工場入場待ちの車両、それにその留置線が空いているときは高砂工場への回送列車がここで本線列車の退避をしたりしていた。

今回の撮影時期は昭和50年から54年にかけてだ。

既出のものもあるが、改めて御覧いただきたいと思う。

60 まずは留置車両から。
オユ61を連結した夜行列車編成。
波動用か、それとも列車廃止による廃車の入場待ちか・・

16 その編成のスハネ16。
よく見ると、カーテンの外側にある鎧戸が撤去されているのがわかる。

12 こちらはオハネフ12。
窓にはアルミ製の鎧戸が見える。
寝台のシーツ類が積み込まれているから、営業に出る準備をしたまま留置されているクルマであることがわかる。

102002 オロネフ102002。
オロネ10を小改造したクルマで、塗装の様子から全般検査出場直後か・・
あるいは、この際に改造されたものかもしれない。

12_2 オハネフ12の全般検査出場直後の留置車両。
「スラスト玉軸受試験」とのこと。

12_3 そのオハネフ12の台車。
軽量客車本来の台車で、同じ時期の電車の台車に似ている。

16_2 こちらはスハネ16の台車。
40番台客車との台車交換により、乗り心地の良い台車を軽量寝台車に転用したものだ。

16_3 の台車横の車軸発電機。
当初、客車の電気機器は暖房用以外はこの発電機で賄っていた。
冷房改造時に床下に発電用ディーゼルエンジンを搭載している。

Ef608 EF608が牽引する高砂工場への回送列車。
本線の列車を退避する様子。
14系座席車、10番台寝台車、その後ろはキハだろうか・・
留置線が塞がれていたときには、この列車は加古川駅で退避していたように思う。

Ef60 EF60初期型が牽引する貨物列車。

Ef615 珍しいEF61が牽引する貨物列車。
EF60を高速化し、蒸気暖房を搭載した機関車で、EF60初期型の顔に、後期形のサイドビューを併せ持っていた。

Ef662 EF662の上りコンテナ貨物。
オリジナルのすっきりした流線型、EF66独特の美しさだと思う。

Ef6611 EF6611の下り貨物列車。
EF66がコンテナや冷蔵貨車以外の貨物列車を牽引するのは珍しかった。

Ef6625 ホームを通過するEF6625。
庇のついた顔立ちもまた引き締まっていて格好よく見えた。

Ef6629 留置客車の横を通過するEF6629。

Ef581 古レールで上屋が構成されたホームを通過するEF58トップナンバー。

35190 その横に停車していたのがこの貨物列車だろうか。
最後尾はワフ35190。

61 スロ62一党によるオールグリーン団臨。
まだ、関西のスロ81お座敷客車がデビューする前だったと思う。

165 新快速用153系ブルーライナーによる快速電車。
先頭はクハ165。
正面ヘッドマークは「快速」とはせずに横線だ。
なお、京阪神快速は全国時刻表などでは今でも「普通列車」扱いで、関東圏の中距離電車扱いだからか、当時、特に「快速」表記はなく、改めて列車に「快速」と表示されるようになったのは221系登場時からだ。

153 その列車の最後尾はクハ153の初期型。
当時の新快速は日中のみの運転で、朝夕ラッシュ時には153系は12連で快速に使われていた。

110900 快速電車は113系で、当時、グリーン車が連結されていた。
これはサロ153を格下げしたサロ110のステンレス車。
記念すべき国鉄旅客用の始めてのステンレスカーだが、残念ながら現存しない。

1132000 113系の最新バージョン、2000台が登場した頃・・
快速電車播州赤穂行き。
宝殿駅は山陽本線加古川近辺ではじめての橋上化工事施工中。

Photo その工事の様子。
北口の鉄骨が仕上がった頃。

Photo_2 工事中の構内の様子。
小さなローカル駅から立派な鉄骨の駅舎へ・・

28 工事中の駅を通過する堂々10連の気動車急行。
同じ方向に運転台のあるクルマが3両も連続している。
しかも、編成中にグリーン車も2両・・
高速バスに取って代わられた姫新線急行だ。

80 早朝の80系電車。
先頭は200番台のクハ86か。

117 試運転・展示会回送の117系電車。

Ef58 EF58が牽引する14系夜行急行列車。
早朝の通過・・

鉄道に心を躍らせたあの頃・・
宝殿駅を訪れると今でもふっとあの頃の記憶がよみがえる気がする。

Photo_3 最後に、ごく最近の宝殿駅夜景。
なお、宝殿駅周辺での撮影は非常に多く、また、ある程度まとまれば出していくつもりだ。

(今回の一部写真で出したようなアングルは、現在では撮影が不可能になっています。当時と現在の鉄道の安全対策がまったく異なるからであり、今の若い方々が線路際に接近してのローアングル撮影など絶対になさらないようにお願いいたします)

2012年12月15日 (土)

京阪大津線(京津(けいしん)線・石山坂本線)

京阪電車の三条から先、浜大津、石山寺、坂本への路線をまとめて大津線と呼ぶ。
三条と浜大津を結んだのが京津(けいしん)線で、その浜大津から南北へ伸びる・・いわば大津市内電車の役割を果たすのが石山坂本線だ。

今回は昭和50年ごろから58年ごろまでのこの路線の写真を見ていただこうと思う。

82 三条の駅近くを走る各駅停車専用の80形82号ほか。
このあたりは道幅が狭く、それがかえって京都の風情を醸し出していたように思う。

89 おなじく89号ほか。
80形は純粋な新造車両としては日本の路面電車最新として、当時、最高性能を誇っていた。

83 東山三条における83号ほか。
必ず81+82という風に奇数番号とその+1の偶数番号で編成されていたと思う。

91 91が京都市電との平面交差区間を行く。
元は単行運転だった電車だが、併用軌道区間の交通障害を緩和するために、2連化し、運転本数を減少させたあとだ。

92 その編成の三条側92号が東山三条の停留所に停車する。
今から40年近く昔を感じる人々の姿・・

275 準急用275が東山三条交差点に向かってくる。
260形は本線1形はじめ、旧型車両の台車・機器類を使った電車だった。

276 その編成が中央交通の豪華ダブルデッカー観光バスと出会う。
こうしてみると、小型の電車とはいえ、大型の観光バスに匹敵する車体を持っていたことがわかる。

28092 260形280と80形92が停留所で出会う。
もっとも、路面乗降用のステップを持たない260形は準急で通過していく。

501 蹴上で出会う500形準急。
500形は京津線車両近代化の嚆矢として、初のカルダン駆動で登場した。
もっとも、車体は260形からの流用で、製造は京阪社内。
昭和54年ごろから登場したが、700形へ再改造された。

501_2 大谷付近を行く501。
逢坂山を越える急勾配区間で、この路線の厳しさを思わせる区間。

502 同じく502。
この当時は新進気鋭の形式に見えたが、昇圧準備がなされず、わずか10年少々で姿を消した。

504 504を上から俯瞰。
冷房時代にはいっていたが、この電車はクーラーを搭載せずに登場した。

505 大谷駅に入る505。
一時的に三条と浜大津を結ぶ準急の大半がこの形式で運転されていた。

602 初の冷房車、600形602。
流線型の正面デザインに驚いた形式。
これも300形・260形の車体を流用した電車だが、正面デザインが大きく変化した。

601 その編成、601が浜大津へ向かう。

1909 大谷駅の古レール、1909年生か・・

601_2 大谷駅に入線する601。

269 269が浜大津の石山坂本線駅舎を出る。
ここから先、併用軌道になる。

269_2 その269、浜大津の交差点を行く。
260形・300形は特急カラー、350形は京阪標準色の緑濃淡だった。

267 267が交差点を進む。
行き先は石山寺・・三条との直通電車だった。

267267 この編成が道路上の急カーブを曲がる。
267号までは片開きドア、268号から両開きドアで、ちょうどその双方がひとつの編成で見られた。

268 その編成、京津線駅舎の268号。
当時、京津線と石山坂本線は駅舎が別々で、この両者を直通するにはスイッチバックして両方の駅に出入りしなければならなかった。

308 浜大津のホームに入る308。

503 浜大津終点の503号。

504_2 道路上から見た浜大津京津線駅舎にいる503。

357 不便な浜大津駅は立派な橋上駅に代わった。
ただし、1面2線のホームで双方の列車を裁かねばならない忙しい駅に変わった。
写真は357。

358 358が併用軌道を行く。
350形はトップナンバー351が最後まで単行のままで、352+353のように、偶数車が奇数車より数字ひとつ少ない。

603 603が浜大津の駅舎から道路に出てくる。

604 その編成、604が大津市内の道路上を京都・三条へ向かう。

272 石山寺付近だろうか。
緑の標準色になった272。

308_2 石山寺の駅に停車するのは308。

308_3 坂本へ向け、発車していく308。

これら撮影から少なくても30年、写真によっては40年近くの年月が経過している。
1209 現在の様子を少し。
石山寺の駅舎は変化が少ない。

1209701705 石山寺に並ぶ700形標準色の2本。
700形は350形、500形の車体を流用して最新の機器で構成された高性能車両だ。

1209611613 浜大津駅の併用軌道側を行く611と613、600形は増備の途中でパノラミックウィンドウになった。

1209604 復刻された特急カラー604号。
ただし、この形式が特急カラーだった歴史はなく、車体鋼体の前歴である260形が特急カラーだった頃とは少しイメージが異なる。
撮影は松ノ馬場。

1209604_2 石山駅からJR跨線橋を上り、坂本へ行く特急カラーの604。

1209812 大津市内を行く堂々4連の京津線・地下鉄直通800系。
路面電車から山岳区間を行く郊外電車、そしてホームドア完備の最新地下鉄へと変化する類まれな電車でもある。

1209816 800系が浜大津へ向かう。
編成の半分はクロスシート車、観光路線であることを示すが、大阪から浜大津への切符は直接購入できず、中間に地下鉄が入ってくる。

1209603 最後にもう一度、特急カラーの603。