フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 岳南鉄道 | メイン | 須津(すど)の東海道新幹線 »

2012年8月28日 (火)

LRTへの道、富山の鉄道

6152                                                       先ず、昭和55年、富山駅構内に留置されていたオハユニ6152の写真から・・
当時、北陸線は有力な中規模の都市が連なる中、鉄道はようやく旧態依然とした姿を脱しつつあるときだった。

73 さて、本題に入る。
富山で見たものといえばもちろん、当時、中小私鉄の雄だった富山地方鉄道線であることは間違いないが、鉄道線については次の機会に譲るとして、今日のLRT先進都市、富山市のその源流を見ていたので、それをご覧戴こうと思う。
まずは国鉄の富山港線、富山駅に停車する72系電車・・所謂ロクサン電車だ。
ここのロクサンは水色に塗られ、ちょっと見ただけでは京浜東北線や京阪神緩行線の103系電車のような雰囲気を持っていた。

79 岩瀬浜駅のクハ79。
当時の富山港線は4両編成の旧型国電が毎時一回程度走っていたが、乗客は案外多かった。

Photo 岩瀬浜の駅舎。
重厚な駅舎で、元は私鉄だった路線だが、この頃は国鉄独特の風格を持っていた。

7016 富山市内線電車。
なぜか単線区間で好んで撮影していたようで、僕にとって単線の路面電車が珍しかったのかもしれない。
大橋を渡る電車は7016号だ。

7020 こちらは7020号。
場所は新富山の近くだろうか。

7023 歩道橋からの撮影か・・
7023号。
富山の路面電車は、京阪神や阪堺、広電と同じく、車体幅が広いタイプで貫禄があった。

5020 射水線廃止には間に合わなかったものの、新富山駅はまだ電車が残っていて、射水線の面影がたっぷりとあった。
写真は5020号はじめ一列にまとめられた射水線電車。

5020_2 5020号の路面電車然とした台車。

5040 こちらは駅舎側から。
5040号。

Photo_2 ホームの立派な上屋。

Photo_3 待合室には乗客の姿があってもおかしくない様子。
だが、電車は来ない。
射水線は元は、富山、伏木、高岡を結ぶインターバンだったが、新港建設の際に線路を分断され、結局、乗客数が半減して廃止の憂き目に会った。
この路線分断には対立する代議士の力関係があったといわれるが・・
なお、線路の東側は加越能鉄道高岡軌道線と統合され、いまも「万葉線」として存続しているのはご承知の通りだ。

一時は射水線から富山市内線への直通電車も運転され、今のLRTのさきがけとなった射水線だが、乗客は増えず、結局は廃止されてしまう。

8003射水線廃止から30年。
現代の富山は、広島、長崎に匹敵する路面電車先進都市である。
先だって、僅か数時間を利用して富山の電車を眺めたその写真。
駅前にてVVVF 制御の新鋭、8003号。

7021 その電車とすれ違うのは、今も現役の7000形7021号。
車体カラーは新鋭と揃えられている。

7018 こちらは復元色の7018号。
やはりこの色合いが似合う電車だと思うが・・

9003 新線区間の環状線へ乗り入れる「セントラム」9003号。
岡山のMOMOタイプの斬新な電車だ。

1101 こちらは乗車した電車とすれ違った際に撮影した最新鋭、3連接の1101号。

606 そして、何より僕を感嘆させたのが、富山港線を引き継いだ「富山ライトレール」。
0606編成が富山駅北へ向かってくる。

606_2 岩瀬浜の駅舎と電車。
国鉄時代の面影はほとんど消えうせてしまった。
だが、これは新しい時代の都市近郊鉄道の模範でもある。

606_3 岩瀬浜にて電車を正面から。
ロクサン電車がここにいたとは到底思えない。

Photo_4 富山ライトレールの富山駅北口乗り場をJR富山駅仮設跨線橋から遠望。広島・長崎・岡山といった路面電車先進都市の何処もが手掛けなかった在来鉄道のLRT化を、真っ先に実行したその姿がここにある。
思えば30年の年月は時として思いも拠らぬ風景を見せてくれるものだと・・痛感した次第だ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351371/29657691

LRTへの道、富山の鉄道を参照しているブログ:

コメント

昭和50年頃、72系の富山港線を訪れた時の事です。
運転台にへばり着いて前方を眺めていると、岩瀬浜手前で線路と言っても軌道内に白い中型犬が歩いていました。
運転士は警笛を大きく鳴ら続けると、白犬は振り返ったものの迫る電車の恐怖に凍りついたのでしょうか、軌間の左側レール寄りにうずくまってしまいました。
運転士は急ブレーキをかける事もなくそのまま通過し、数百メートル先の駅迄、何事も無かったかの様に走りました。
私は下車して犬の所へ引き返しました。
現場へ着くと白犬は左側レールの更に外側で動けずにいました。見れば、片目の上の眉の辺りに数センチの切傷を負ってはいるものの、幸い血が滲む程度の軽微な怪我でした。
しかし、腰が抜けたと云うのか放心状態で動けませんでした。
私はその白犬を抱えて町中をすれ違う住民に訳を話しながら飼い主を捜して歩きましたが、結局見つかりませんでした。
その内に白犬も正気を取り戻したので、放して下車駅へと戻りました。

私も昭和51年に高岡~入善の普通列車に乗ったことがありますが、茶色い車体の近代化更新されていない客車でした。
(小1の頃なので形式は覚えていません)
その客車の柔らかな乗り心地は、白熱電球に照らされた社内の雰囲気とともに忘れられない良き想い出となっています。

赤いEF70交流機関車と茶色・青の混在した客車は見た目にも鮮やかで、今でも鮮明に記憶に残っています。

当時、地鉄にも乗った事が有るので、記事楽しみにしています。

あずまもぐらさん>

なんとも気の毒な犬ですね。
しかし、怪我がたいしたことなく、良かったです。

普通、警笛を鳴らされると、猫は威嚇して立ち止まろうとし、犬はさっさと逃げますが、その犬はそういう動物の本能を忘れていた飼い犬だったのかもしれませんね。

悪い猫さん>

その頃なら、北陸本線旧型客車で茶色となればオハ35一党の可能性が強いですね。
あるいは僅かに残っていたオハ61一党か・・

富山地方鉄道の記事、次回あたり掲載できそうで準備中です。

コメントを投稿