フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 2011年12月 | メイン | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月23日 (月)

国鉄鷹取工場のネガフィルムから

僕にはどうも、大事だと思うものを大事にしすぎてわからなくなる癖があるようで、鷹取工場のネガもようやく2本だけ見つけることが出来た。

本当はもう1本、鉄道学園鷹取分所の頃のネガがあるはずで、それはまた見つかったときか、あるいは写真プリントからのスキャンでお見せできると思う。
とりあえず、今回は鷹取工場の第1回目だ。

Photo まず、平成に入って動態復元された「義経」の写真。

すでにJRとなった後だが、「花と緑の博覧会」で運転されるために復元されたもの。
この復元にあわせて工場公開も実施された。
「義経」は僕が学園生の頃は工場正門近くで静態保存されていて、年に数度、これの車体にワックスをかけるのは工作一科生の仕事だった。
なお、工場内の学園分所にはタンク機関車「若鷹号」も保管されていた。

Photo_2 このときに撮影した機関車職場の様子。
EF65、EF58、DD51、DD13といった当時の国鉄主力機関車が並んでいる。

Ef58 展示用に並べられているEF58の台車。
大型の電気機関車で、幹線用・・その足回りを見られる数少ないチャンスだった。

Ef5848 それでは昭和59年ごろの鷹取工場でのネガから。
EF5848の車体の様子。

電気機関車の場合、車体補修といっても腐食部分の手当てくらいで、十分用が足りてしまう。
それが機関車を旅客車より長寿命にさせている遠因かもしれない。

C57 山口線C571の全般検査の様子。
蒸気機関車の修繕設備は長野工場に残っているものを持ってきた由。
鷹取工場廃止後は梅小路に移設された。

C57_2 C57のキャブの様子。
この写真を撮影したときから既に30年近く・・
機関車の寿命の長さに驚く。
もっとも、その裏には現場での必死の取り組みがあるわけだ。

C57_3 C57を後ろから見た様子。
テンダーを外したキャブをバックから見られることなど、めったにない幸運かもしれない。
ただし、当時の僕がそれを幸運だと思っていたかは別。

201000 貨車職場改め客貨車職場における20系ナハネ20。
よく見ると、1000台の客用扉改造車だが、車端ダンパーはこちら側はついたまま。
つまり。こちら側はおなじ20系との連結側。

2010001 そのナハネ20の反対側。
国鉄部内の定めではこちらが1位側(つまり前です)。
貫通口が12系にあわせて狭められて、車端ダンパーが撤去されている。
12系との連結はこちら側であるということ。

21 ナロネ21。
多分「銀河」用か。
なんとも言えずに落ち着いた、好きな車両の一つ。

今、鷹取工場跡は町になってしまった。
かの阪神淡路大震災で工場機能も停止したが、それでも応急復旧させ、なんとか、その後の需要増大を乗り切った。

結局は工場機能を網干に移転新築されてしまうのだが、明治期以来の歴史ある鉄道工場であったわけで、せめて現地に車両の一つも保存しておいて欲しかったと言うのはこれは・・ファンの戯言だろうか。

国鉄の名門、鷹取が消えて何年になるだろう。

2000年に最後の車両を送り出し、あれから12年、時の流れは速いものである。

岡山電気軌道・・山椒は小粒でも・・(1.23追記)

僕が岡山電気軌道=岡電に行った最初は昭和50年のダイヤ改正直前だと思う。
そのとき、駅前で3000形電車を見て、乗りたいと思ったものの、時間的な問題もあり、後日再訪を期したように思う。

今、アルバムに残る写真は昭和54年あたりからのもので、この頃から本格的に訪問していたようだ。

関西、それも兵庫の地からは比較的近く、訪れやすい路面電車だったはずだが、いつでも行けるという安心感からか・・なかなか足を向けていない。
今思えば申し訳ない限りだ。
しかし、僅か4.7キロの路線延長であるのに、その経営は積極的で、路面電車受難の昭和50年代にも冷房つき車体新造車を次々と作り上げていった。
まさに、山椒は小粒でもピリリと辛い・・の通りだと思う。
歴史は古く、開業は明治45年と言うから、関西大手私鉄各社の開業と比べても時期的に遜色はない。

その岡電の写真から。
30083010 その当時主力の3000形、3008と3010が東山電停で並ぶ様子。
この電車は東武日光軌道線からの譲受車で、昭和28年、日光軌道線小型車の置き換え用として誕生したものの、同線の廃止により僅か15年ほどで廃車され、当時、小型車量ばかりで輸送力増強を必要としていた岡電に譲渡されたもの。

3007 同じく3000形3007が清輝橋終点で折り返しの様子。
昭和50年代とはいえ、この頃でも十分、新しさを感じる車体デザインだった。

3005 カメラ屋さんの広告電車は3005、まだカメラ屋さんの景気が良い頃。
昼間に来ると走っているのは3000形ばかりだった。

岡電の大きな特徴は背の高いパンタグラフ・・錘の作用でパンタを上下させる。

20012002 車庫を覗くと呉市電からの2000形が2両、停まっている。
3000形に雰囲気は似ているが、少しデザインが大人しい気がする。

当時、岡電には秋田市電や大分交通からの譲渡車もあったはずだが、見ていない。

2601 さらに後日の訪問で、3000形以外の電車も走行シーンを見ることが出来た。
呉市電からの2600形2601号。

2601_2 その電車のカラー画像。
呉市電の電車はここと松山の伊予鉄道、仙台市電に譲渡されていた。

2001 2000形2001号の走行シーン。
なんとも優しく、穏やかな表情の電車だ。

3802 柳川の分岐点における3800形3802号。
名古屋市電からやってきた電車だ。

この電車は名古屋時代のZパンタ。

3802_2 その電車の門田屋敷付近での様子。
名古屋市電1500形がその前身。

7101 さて、昭和55年から車体を新造した冷房つき、軽快電車スタイルの電車が登場した。
これは7101号、清輝橋近くの道路工事で歩道に寄せた線路を走っていた頃。

7102 こちらは7102号。
岡山城をバックに走る。

7401 その橋梁は道路中央の架線柱が特徴。
橋を渡るのは7401号。

僕が岡電を訪問し始めた頃、まだまだ日本には路面電車が今よりたくさんあって、京都市電、西鉄の福岡市内線・北九州線といった大御所も健在だった。

その中で風が吹けば飛ぶのではないかとさえ思われるような、僅か4.7キロのささやかな路面電車が実によく健闘し、今や数少ない黒字基調の路線ともなっているだけでなく、両備グループとしてバス事業とあわせた豊富な交通事業経営のノウハウで、廃止が検討されている各地の鉄軌道にも積極的に経営参加を申し入れ、ついには和歌山県の貴志川線の廃止に際しての事業引き受け先にも選ばれ、「いちご電車」「たま電車」などのアイディアや、列車の増発など積極的な利便性向上で乗客数が持ち直すほどの実績も上げるに至っている。

Photo その岡電、一昨年夏に撮影した写真から。
和歌山電鉄の親会社であり、向こうのキャラクターを岡山にも持ってきたのが・・「たま電車」
7101号。

Kuro 僅かに残る3000形電車を徹底的に更新して、かえってクラシックモダンを表現した「くろ電車」
3007号。

Momo そして路面電車新時代を感じさせる新車。
超低床連接車MOMO。これら電車は岡山出身でJR九州のデザインでも知られるデザイナー水戸岡鋭治氏によるデザインだそうだ。

日本一路線長の短い路面電車、岡電が今後とも山椒は小粒・・の意気込みで日本の鉄道を、路面電車を、そして日本の都市交通を変革していくその原動力であることを心より祈る。

1002 写真ネガを探していて、岡山電気軌道の電車がもう一点出てきた。

なんと、元秋田市電の1002号。

1002_2 その電車が旭川を渡る様子。

自転車やクルマの風情が懐かしい。

この写真を撮影したとき、元呉市電の2600形と区別がつかなかったのか、プリントはせずネガには厳然と写っていた。

2012年1月 5日 (木)

117系運行開始から32年

1172 記録によると、昭和55年1月22日が117系電車の運行初日だったようだ。
この日、平日だったが僕は年休を取り、友人とこの117系電車に乗りに行った。

既に前年の9月には落成していた電車だったが、全くの新系列と言うこともあり、そこからさまざまなテストや乗務員訓練などを経て、この日に運行開始となったものだ。

確か、記憶では大阪駅9時15分の姫路行き新快速電車がその記念すべき最初の列車だったはずだ。

大阪駅には報道各社も来ていて、国鉄がはじめて関西地区用にアレンジした新車への期待の大きさが伝わってくる。
その頃、阪急は名車6300系がそろい、十三・大宮ノンストップ、梅田・河原町38分運転。
京阪はこれまた名車3000系の時代で、清潔感溢れる車内にカラーテレビも備えた私鉄界最高のグレードを持つ特別料金不要の特急で、京橋・七条ノンストップ、淀屋橋・三条45分運転。

これに対抗する国鉄は、圧倒的な線形の良さを生かして、大阪・京都29分、大阪・三宮25分の153系新快速が気を吐いていたけれど、デッキつきの車体に直角椅子が並ぶ固定クロスシート・・
確かに急行型で、乗り心地はよほど調子の悪い車両以外では良好だったけれど、イメージが当時としても既に古すぎた。
いや、実際に酷使に耐えた車体は老朽化し、「古さ」が顕著になっていたのだ。

製造22年で老朽化というのは昨今のJR西日本の電車から見れば、考えられないほど早い。
それだけ車体や機器類の製造技術も進んでいなかったのだろうし、メンテナンスの技術も今ほどではなかったのかもしれない。

新快速に走り出した117系は国鉄近郊型としては破格のサービスで、転換クロスシート、空気バネ台車を備え、車内の内装も国鉄としては非常に気を配った「インテリア」と呼べる最初のものだったように思う。
153系の置き換え車種としては3系列、関東の185系、広島の115系3000台、それに関西の117系となったわけで、共通点はいずれも転換クロスを採用したこと。
その中で、僕には117系が一歩抜きん出た出来映えに思える。

初物好きの鉄道ファンや沿線利用客、それに報道関係者を多数乗せた117系処女運行列車は大阪駅を発車。
如何にも国鉄電車という発車の感じで、静かで揺れない阪急や京阪とはやはり違うのだと思ったものだ。

走り出すと乗り心地はまさに165系のそれで、同じDT32系の台車にMT54と言う組み合わせだから当然だが、これはこれで国鉄の良さも感じる。
座席は近郊型とは思えぬほど幅もピッチもゆったりしていて、当時のリクライニング機構のない485系初期車あたりより座り心地も良く、この点では平行私鉄を凌駕し、国鉄の勝ちだった。
もっとも、阪急・京阪の段付モケットは見ただけでも豪華で、座席生地の色合いが普通列車標準のブルーから茶色に変わっただけでは豪華さは感じない。
座席の枕には、ビニールレザーのクリーム色枕カバーまでついた。

走っていて、揺れで共振するのか、時折、荷棚が前後に揺れる。

今とは比べ物にならない、ゆったりとした走りの新快速は、個人的に電車の速度としてはちょうど良い感じで、この電車を一気に好きになったものだ。
好きだった153系ブルーライナーの引退は辛いが、117系と言う素晴らしい後輩の登場はそれを上回る喜びも与えてくれた。

1171 さて、大阪駅から1時間20分ほどかかった姫路駅で、折り返し、転線する時の様子。
きりりとした表情はこれまでの国鉄電車になかった独特の風貌。

曲面ガラスの製造技術の進化で、車体の傾斜に合わせたガラスを製作できるようになり、それが、これまでこの手の車両の「垂れ目」的な雰囲気を一掃できた要因だったとか。

カラーリングはクリームと茶色で、国鉄の標準にはなかった色調。
122452001 実は、ここに吹田工場で保管されるモハ52の写真を入れるが、このモハ52のリバイバル的な意味合いを込めていたという。

117 鉄道ファンが見守る中で転線する117系。
今ほどには大騒ぎにならなかった頃。
鉄道ファンも国鉄も大らかだった頃だ。

117_7 初日の117系の車内。
大型のつり広告が大鉄局の意地を見せているように思う。

阪急・京阪は特急車両に限り、車内の中つり広告を設けなかったが、さすがに国鉄ではそういう例外は許されない。
広告収入も重要な国鉄の収入なのだ。
平天井、グローブつきの蛍光灯、妻面の木目調の化粧板、客扉もステンレス生地そのままではなく、化粧板を貼った格別なもの。
この点では特急型も凌駕していた。

117_3 車体妻部の銘板。
日本国有鉄道と川崎重工の銘。
記念すべき第一号の車両では、国鉄担当者がメーカーに赴き、台枠の強度を確認、結果、台枠の強度を高めるために現場で部材を追加するなどしたと言う。
それに腐食しやすいところでは最初からステンレスを用い、当時の私鉄の車両技術をかなりの部分で取り入れたとも聞く。

117_4 京都駅までこの電車に乗って、新型新快速の、それでも国鉄らしい乗り心地を堪能したものだ。
京都駅で跨線橋からみた117系電車の屋根。

通風器は存在せず、当時の新型気動車と同じ新鮮外気導入装置が設けられている。
流線型のデザインは、それこそどこから見ても美しい。

ヘッドライト回りのケーシングも当初はアクリルカバーのつもりだったのが、ステンレスの帯に変更された由。

阪急6300系の強烈な印象が大鉄局幹部にあったのかもしれない。

117_8 221系の登場で新快速の表舞台から遠ざかっていった117系だが、阪神淡路大震災直後の需要逼迫の時期に、一度神戸方面の新快速に復活したことがある。

写真は既出だがそのときのもの。この運用は223系が増備されるまで続いた。

今月で運行開始から丸32年を迎える117系電車。
その今の様子をここで少し。

117_5 紀勢線・和歌山線で走っている4両編成、色合いはオーシャンカラーと呼ばれる青基調の独特なもの。
和歌山駅で昨夏撮影。

0104117 こちらは日の暮れた和歌山線五条駅で折り返す117系。
この編成は車内未改造の編成だ。

0104117321 そして新快速時代を彷彿とさせるのが湖西線での117系。
京都駅での停車の様子は、この電車全盛時を思わせる。

0104117_2 琵琶湖を望む志賀駅に入線する117系。
京都で一般運用につく117系は、大半が福知山線快速時代にセミクロス改造を受けているが、外観塗装が旧に復したおかげで117系のプロポーションの良さを実感できる。

0104117_3 117系の車内。
これはオーシャンカラー編成の原型タイプだ。
枕カバーが221系と同じイメージのものに変更されている。

117_6 こちらはJR東海所属車の車内。
枕カバーのイメージとしてはこちらのほうが原型に近い。

117100 こちらは100番台の車内。
下降窓を採用して、内装の雰囲気もすっきりした。
化粧板が光沢となった。
これは、艶消し化粧板の劣化やメンテナンスを心配する声があってのことだと思うが、どちらも今に至るまで化粧板の劣化は目立っていない。

0104 近江今津を出て京都へ向かう117系。
編成中に二丁パンタのモハがあるが、これは湖西・草津線での霜取りのため。

117系は永く全車両が健在だったが。、ついに東海の車両から廃車が始まっている。
出来るなら飯田線や中央西線山間部で専属車両として使えば乗客の評判も良いだろうにと思うが、JR東海は国鉄型車両の全廃を打ち出していて、すでに博物館入りした車両もあり、余命はそう長くないだろう。

JR西日本でも関西に残って原色で活躍する車両は少なく、岡山・下関へ転じて活躍している車両が多い。
僕の好きな100台はほとんどが下関に居るそうだ。
会いに行きたいと思うが、下関は今の僕には遠い。

0104117_4 五条駅で発車を待つ117系のサイド。
こうしてみても、美しい車両だとつくづく思う。
国鉄末期の傑作に違いない117系電車の少しでも長い活躍を心から祈る。