フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 南海線特急、「四国」号1001系から現在の南海線特急を見る。 | メイン | 宝殿駅周辺の列車たち »

2011年11月18日 (金)

国鉄高砂工場廃車留置線

今回は高砂工場廃止直前の廃車解体待ちの車両たちだ。

それも少しレアなものも見ていただこうと思う。

26183 まずはキハ26183・・
このクルマは岡山の所属だった。

2876 そのキハ26の前方に押し込まれていたのが和歌山のキロ2876だ。
一見、何の変哲もないキロ28に見えるが、台車が空気バネ台車になっている。
これはキロ27の台車だろうか、それとも特急車両の台車だろうか。

102033 ここからは郵便車だ。
郵政省が全面的にトラック輸送に切り替え、大量の郵便車が余剰となって廃車された。
まずはオユ10から。
標準的な郵便車だったオユ10の非冷房の姿。
オユ102033。

102034  こちらはオユ102034。
この2両でオユ10の両側面をご覧いただけると思う。

102578 冷房改造されたオユ102578。
冷房改造工事はスロ62などと同じ手法、屋根鋼体を丸ごと取り替える工法で行われた。

Photo 同じく冷房改造されたオユ102579。
これもこの2両で両側面をご覧いただけると思う。

10 冷房改造されたオユ10の車内。
特に郵便物の仕分けのための区分室は、風を避ける意味から窓が開かず、冷房化によって作業環境を向上させるしかなかった。

132034_2 次は護送郵便専用、郵袋のまま輸送するためのスユ13。
ネガを拡大して見るとスユ132036と読めたクルマ。

132038 スユ132038。
郵便車でも、スユ13は、関西ではなかなか実際に見る機会がなかったように思う。
これもこの2両で両側面をご覧いただけると思う。

132038_2 同じスユ132038を真横から見た様子。

13 そのスユ13の車内。
郵袋のまま郵便物を積載するために何にもない、がらんとした車内だった。

267_2

キユニ267、ローカル線によく走っていた郵便荷物合造気動車。
姫路の所属だったから播但線で活躍したのだろうか。

267その気動車の内部。
これは郵便区分室。

2612 キハユニ2612と読めるクルマ。
鹿児島・志布志から岡山に転属になり、すぐに廃車になったようだ。

Photo_2 次は救援車。
救援車の役目もほとんどをトラックに奪われてしまう。
岡山のスエ7151。
もとはスハ32系の一員だったようだが、戦争で被災して、戦災復旧客車となり、さらに合造車となり、救援車へ。

Photo_3 糸崎のスエ7121。
こちらは郵便荷物合造車だったのだろうか。

3142 新見のスエ3142。
これは戦災復旧車ではなく、スハ32系をそのまま改造したクルマ。
窓配置がなにやら上等そうな車両の出自をうかがわせる。

Photo_4 救援車の内部。
どの車両か判然とせず、上記3両のいずれとも違うように見える。

Photo_5 こちらは作業員室。
達磨ストーブとゆったりした椅子がある。

251 カニ251。
20系の電源車を24系に組み入れたクルマだ。

25 そのカニ251をカラーでご覧戴こう。
24系に連結して使うのに、何故か塗装は20系時代のままだった。

251_2 既出だがカニ251の屋根。
パンタグラフ跡の通風器がなんとも侘しい。

国鉄はこの時期に郵便・荷物輸送から撤退して、今のような宅配便全盛時代になっていく。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351371/27468319

国鉄高砂工場廃車留置線を参照しているブログ:

コメント

キロ28のエアサスは80系の一部を履き替えた際のお下がりで、キロ26・28やキハ28・58にも及んだとの事です。更にそのお下がりはキハ20・25へと玉突きとの由。昭和44年との事ですが、私は今の今まで知りませんでした。

郵便車や荷物車は営業用客車の中でも最も地味な存在でしたね。
長距離客車列車には必ず1~2輌、短距離列車やローカルにも合造車が殆どに着いていて、身近な存在であったのに見過ごしてしまいました。野鳥で云えば雀みたいな…。
北海道の函館~札幌間夜行44・45列車などは郵便荷物車の方が旅客車より多かったですし、大幹線には急行列車並に走る荷物列車が日に数本走っていたのも、懐かしい情景のアクセントとして思い出されますね。

荷物車や郵便車は大阪駅でよく見かけましたし、紀勢本線の客車列車にも連結されていましたね。紀勢本線は晩年こそスユニ50やマニ50でしたが、その前はマニ60やスユニ60といった鋼体化車両やマニ35といった年代ものもありました。

荷物車や郵便車は今のようなトラック輸送になって消えてしまいましたが、環境問題が叫ばれる今日、拠点間輸送としては有効だと思うんですけどね。
いずれまた、もっと見直されればいいですね。

カニ25もなかなか特徴的でいいですよね。形は20系なのですが、24系とともに運用されている姿を見てみたかったです。

絶えて久しい郵便車に、荷物車、その役目を終え、留置線での姿、ノスタルジック以上に何かを感じます。
彼らの活躍していた頃の駅の光景が懐かしいです。
郵便車、荷物車が編成の中にいる、いわゆる急行スタイルの列車で、深夜の駅への到着にも関わらず、荷物車、郵便車の周りには、常に人だかりと活気と、所狭しとホームを駆け回るターレットの「ダッダッダッダ!!」という小気味良いエンジンの音・・・。
夜汽車の長旅で、上手く眠れない夜の、
彼らを取り巻くホームでのひと時の喧騒は、迷惑というより、何かホッとした心持にさせてくれました。
役目を終えた留置線での姿に、昔旅した思い出を見つけました。

あづまもぐらさん>

関東ではそういう台車の使いまわしも行われていたようですね。
この写真、最初こそ、信越線のキロの転属車だと見てしまいました。
でもでも、よくよく番号を確認すると、まさしくキロ28なんですよね。
紀勢線には珍しいクルマだったのかもしれません。

郵便車、荷物車は当時の日本の重要な物流システムの一環でしたね。
絶えて久しい今、改めて地球環境保護の観点からこういう列車の復活もありうるのではと・・思ってしまいます。

akeyanさん>

拠点間ではなくても今の時代にあったスピードで運営していくシステムを確立できれば、かつての郵便車での車内仕分けなど非常に有効ではないかと思うのです。
ただ、政治屋さんがかつてこういうものがあったことを白なすぎるのかもしれません。

日食さん>

深夜の駅も急行停車駅ほどにもなればそれなりの活気があったように思います。
国鉄ではターレットを「モートラック」と呼んでいて、中にはバッテリーだけで駆動するものもありました。

あの頃の元気な鉄道が・・懐かしいです。。

 何十年も前に、加古川の駅で高砂工場に取り込まれるカニ25「明星」の写真を撮りましたが、広島駅でも「彗星」に繋がれているのを撮りました。
 今では、どちらが先の出来事か判然としませんが、20系が予備車とはいえ、特急運用に就いていたのが嬉しかったですが、今から思うと、錆の浮き出た車体は哀れなものでした。

カニ22改カニ25さん>

いらっしゃいませ。
僕が不思議に思うのは、このクルマ、25系に連結されるのに、白線3本に濃いスカ色カラーのブルー・・
部内では25系(24系)ではなく、最後まで20系として扱われていたのでしょうね。

僕が廃車時に外板の膨れたところをキリであけて見ると、水が吹き出ました。
相当痛んでいたようです。

 そうですね。満身創痍で特急運用をこなしていたのですね。
 新幹線 広島開業からたった5年間ですが走っていた特急「安芸」(正統な血筋は下関「あさかぜ」に譲り、こちらは「音戸」の格上げ)もぼろぼろでした。剥がれた塗膜片を持ち帰りましたが、なくなってしまいました。
 今、ふと思い出しましたが、北館林荷扱い所に行ったときに、廃車体のDRCから剥いだものがどこかにあるはずです。探してみようと思います。

カニ22改カニ25さん>

「安芸」はたしか、最初期に25型になった列車でしたね。
座席夜行急行を無理に全車寝台にしたものだから、利用客が激減した列車だったかと思います。
僕もDD54の塗装片、廃車時にはがして持っていましたが、誰かに上げたような・・

今現在の「日本海」の24系もかなり痛んでいて、そのころの20系を思い浮かべてしまいます。

こう@管理人さん、こんにちは。

特集のご紹介ありがとうござます。
カニ21と違ってカニ22は、嘗てパンタグラフが付いてたようで、不思議な車輌だと思ってました。編成内で使用される電気を供給する発電機を搭載しながら、なぜパンタが必要なのかなと謎のまま今日に至ってます。いつ頃まで付いてたんだろう?などなど…。撮り鉄ファンなので、車両の特色などは知る必要はないと思いますが、興味津々の車輌でしたね。

ゴンパパさん>

カニ22の思想はちょっと時期尚早だったのでしょうね。
交直両用、非電化区間への対処も考えると、発電エンジンも搭載せざるを得ない・・
それがゆえにどうしても中途半端になってしまう・・

もしも今、東海道山陽を走るブルトレを復活させるなら、電源車はもちろん、パンタとMG搭載の電車形になるでしょうね。

コメントを投稿