フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 神戸市営地下鉄西神山手線の34年。 | メイン | 海と列車の滝の茶屋 »

2011年7月29日 (金)

大井川鉄道旧型客車レポート

先日、7月23日に青春18切符で東京へ行く途中、時間を生み出して大井川鉄道の20年ぶりの訪問が実現した。

今回の訪問では何より客車に乗ることを第一義として、出来れば何両かの内外の写真を撮影しておきたいと思っていた。
ただし、旅程の都合上、大井川鉄道に居られる時間はわずかで、その間に千頭まで行くとなると、単純に往復するしかない厳しい条件でもある。

夏休みとあって、窓口が大変混雑する金谷駅で、SL列車に乗りたいが予約していない旨を告げると、座席指定のない急行券を発行してくれた。
ただし、座席は車掌さんが指示してくれるそうで、必ず座れますとのこと、感謝して切符を受け取った。

0723sl501 すぐにSL急行川根路号が入って来たが、後部補機が牽引する7両編成・・
金谷駅には機回り設備がないので、SL列車は金谷向きの電気機関車に牽引されて入線してくるが、さすがに7両ともなるとC11やC10の牽引力では不足気味で、このままELが後部補機としてつくことになるのは容易に想像できる。

しかし、大井川鉄道のELは国鉄EF56あたりを小さくまとめなおしたような形態で、旧型客車にはよく似合う。
金谷駅には5両程度のホーム有効長しかなく、それより前の車両に乗車する人は手前の車両から連結部を渡っていく・・
このあたりの対処もかつての国鉄を思い出し、懐かしい。

072335435 さて、乗客の案内に忙しい車掌さんに声をかけると、「すぐにご案内します!最後尾の車両で中で待っていてくださいね」とのこと。
デッキで待つとすぐに件の車掌さんが小走りで来てくれ、オハ35435の隅のボックスを案内してくれた。

本当は43か47に乗りたいなぁ・・と思いながら・・なぜか見覚えのある雰囲気に・・
そう・・なんと、わがホームページの表紙を飾ってくれている車両なのだ。

なんとも縁を感じ、オハ35435の座席に落ち着いた。

列車はやがてゆっくりと発車・・
田園をわたる夏の風が涼しく、電力不足の懸念から節電のために冷房温度設定をあげているJR電車よりはるかに快適だ。

072335149 新金谷に入線するとき、ここの客車の中でも国宝級の1両、オハ35149が留置されているのが目に入る。
塗装は緑じゃなかったのか・・やはりオリジナルの茶色が美しい。
意欲的な仕事をしていた小倉工場、戦前の試作車で、ウィンドヘッダーのない外観が健在だ。

0723367 その隣に居たのがオハニ367・・
いまや大変貴重な荷物合造客車で日本ナショナルトラスト保有の車両だ。

072342286 反対側の車窓からスハフ42286と、その後ろに大井川鉄道で電車を改造して作り上げた客車が並んでいる様子が見える。

さて、列車は日本の原風景のような線路を走って行く。

072316000 すれ違う普通電車も、客車よりは相当新しいものの、かつて関西で活躍した特急電車たちばかりで、この電車は近鉄特急16000系。
まるで新性能電車が走り始めた頃の亜幹線を思わせる交換風景。

0723sl 吹き抜ける風はあくまでも心地よく、オハ35のガタガタとした乗り心地も楽しく、トンネルの中では機関車のシンダーとともに、地下水のひんやりした空気も感じることが出来る。

懐かしさ極まるオハ35の乗り心地はまさに自分の越し方を振り返らせ、ふっと感傷的になったりもする。

千頭までの1時間20分はあっという間で、今日一日中、この列車に乗っていたい気持ちを湧かさせる。

だが、時間はない。
千頭で機関車に群がる家族連れを尻目に、僕は客車を見たい。

先ほどの車掌さんに「客車を見に来た」と伝えると「どうぞどうぞ!ご自由にご覧ください」とのこと。
先行したSL列車編成が1本、向かいのホームに停車していて、あちらも7両編成、ということは両方で14両もの客車が生きた状態で僕の目の前にあるのだ。

ただし、車内で係りの人が作業をされていたり、休憩されていたりする車両は遠慮させていただいたい、外部の写真は足元が確保しずらいものや、作業用の機関車などがあるところは避けた。

072335435_2 まずは車内の写真から。
乗車してきたオハ35435だ。
内装はニス塗り、照明は丸型蛍光灯に改造、カーテンは一般的なサランのものだ。

07233522 オハ3522。
内装はニス塗り、照明も同じく丸型蛍光灯。
カーテンがオハ35戦前型オリジナルの緑のビニール製遮光カーテン。
灯火管制に備えたものだったとか。

07234781 オハ4781。
座席は急行仕様の背もたれが2段になったもの・・
国鉄では上下段ははっきりと分割されていたが、こちらでは補修の都合だろうか、座席生地が1枚ものになっている。
それでも、きちんと整備されていることが如何に素晴らしいことか。
内装化粧板は国鉄急行標準の茶系ハードボード、カーテンキセはアルミ製、荷棚受けはメッキされたもの、照明はサークライン2列、床は灰色リノリューム。

072335459 オハ35459。
戦前型だが更新工事がされている。
内装は茶系ハードボード、カーテンキセはアルミ製だが連続タイプ、荷棚受けはメッキされたもの、43系に近いが、座席はオハ35そのもの、照明は20ワットの蛍光灯2列、床は米松そのまま。

072335857 オハ35857。
戦後製の車両だが、内装は余り手を入れられていない。
内装はニス塗り、照明は元の白熱灯の台座を利用しながら20ワット蛍光灯2列にした特殊なもの、荷棚受けは塗装したもの、網棒がニス塗りのまま、カーテンキセは塗装したもの、床は木製。

072335857_2 この車両の天井の様子。
高砂時代には見たことがないタイプだ。

072347380 オハ47380。
上記オハ4721とほとんど同じ仕様。
この車両は関西出身らしい。高砂受け持ちだったようだ。
しかし、僕の持つ客車配置表にオハ46380はあってもオハ47380はない・・
オハ46,47、スハ43の間では結構頻繁に形式の変更があったからだろうか。

072333469 オハフ33469。
これも岡山にいたクルマで、高砂の受け持ちだったクルマ。
内装は徹底的に更新されていて茶系ハードボード、荷棚はスハ43並みのものに変更されている。
カーテンキセはアルミ製、連続タイプだが、こちらは丸みを帯びたもの、照明は20ワット蛍光灯2列、床は米松のまま・・
この改造工事には高砂の匂いが漂う気が・・

072333469_2 この客車の手ブレーキ。
車掌が列車の安全をバックアップできた時代・・鉄道マンがプロフェッショナルだった時代を髣髴とさせてくれる。

0723432 スハフ432。
これも国宝級の車両。
かつての特急「つばめ」「はつかり」急行「銀河」などにも使われた特急用の三等車で、回転クロスシート、窓はアルミ製のもの、カーテンキセはオリジナルの塗装連続タイプ。
僕はこの車両を多度津で撮影している。
座席は向かい合わせで固定されている。
背もたれのテーブルなどが撤去されたのは通勤車両転用の時か。
内装はニス塗りの上から後にペンキ塗装したもの・・優等車両にこういう処理をしたものが多かった。

0723432_2 この車両の洗面所。
優等車両だけにちょっと趣がある。

0723433 スハフ433。
上記と同じ形態の車両だが、国鉄工場の仕業?か・・仕切り板の処理が左右で違う・・
多分、向かって左はオリジナルのままのニス塗り。照明はスハ43一党標準のサークライン2列だが、荷棚はなぜかスハ43より落ちてオハ35タイプのものになっていて、これもたぶん、オリジナルのまま。

072342184 スハフ42184。
内装はオリジナルのニス塗りの上からペンキを塗ったもの、照明、荷棚は他のスハ43、オハ47一党と同じだが、窓がアルミ製に変更されている。
最後は清水港線を走っていた由。

072342304 スハフ42304。
内装関係は標準的な急行仕様、オハ4721などと似ているが、荷棚がオリジナルのもの。

072342304_2 この車両のベンチレータ、国鉄部内では「整風器」と呼んだ。
開閉にはやや力が必要で、車掌が長い棒を持って操作していたのが思い返される。

072342304_3 同じくこの車両の荷棚・・いわゆる網棚である。
オハ35一党とは異なり、通路より前に網棒より前に飾りの太い棒が1本通っている。
急行型客車では更新時に荷棚はビニールでラッピングされた網棒を使うなど、変更されていたはずだが、この車両はなぜか荷棚だけがオリジナルのまま残ったようだ。
荷棚受けも塗装していないタイプ。

0723433_2 次は外観、
スハフ432。
ブルートレイン塗装にしているけれど、できれば元の青一色がいいと思うのは僕だけ?

072342184_2 スハフ42184。
青の急行型客車・・そのもののイメージだ。

072342184_3 そのデッキ部。
なんと風格溢れる入り口だろう・・旅への期待が高まる気がする。

072335435_3 オハ35435・・屋根周りの痛みが進行しているようで、非常に気になる。
なお、大井川鉄道では屋根には電車用のイボリュームを貼り付けていて、これは非常にうまいやり方だと思ったけれども、根本的には屋根を作り直すしかないのでこれら客車が持つ、持たないは屋根の補修にかかっているように思う。

072347380_2 オハ47380。
茶系の43系は珍しい。

072342304_4 スハフ42304。
これも茶系で、もしかすると大井川では客車の塗り替えをするときに茶系に塗りなおしているのかもしれない。

0723c11190sl 千頭に到着した様子のC11190牽引の急行列車。
まるで昭和30年代の地方駅の風情だ。

0723el101 こちらの列車は発車準備がなり、ELが反対側へ回って後部補機になっている。
101号機関車は、その雰囲気は国鉄の旧型電気機関車と似ていて、こうして客車の前に立っても貫禄がある。

0723c108 こちらは全国唯一のC10、これも国宝級の機関車だ。

072342304_5 客車のデッキ、自動ドアではない、走行中、いつでも開閉できる・・
夏は涼しく、それでもスリル満点だった・・

0723slel 到着して次の発車準備中の急行列車とその横の電気機関車・・
現実の鉄道を使って昭和の国鉄を、あるいは昭和の鉄道風景を最大限再現しているのが大井川鉄道であるといえようか・・

07233008 うれしい気持ちを抱えたまま、僕は折り返し電車、京阪3000系に乗車して千頭を後にした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351371/26852502

大井川鉄道旧型客車レポートを参照しているブログ:

コメント

こうさん、こんにちは!
こうさんの手の入った高砂の車両かも知れない車に逢えたなんて、とても素敵ですネ!
アップされていた手ブレーキ室の写真を見て、旧客の思い出が一気に込み上げて着ました。旧客が現役の頃、
車内が混んでいたときとか、一緒に乗った仲間から外れて一人になりたい時など、よくここに座っていました。
高崎で保存中の旧客も、新車のようにピカピカしていて、
立派なんですが、旧客の終焉を間近に見てきた者にとって、こうさんのアップされた大井川の車の姿は、使用感というか、ヤレ具合と言うか、まさに思い出の中の車両たちそのものです。旧客の運用が終わって、廃車待ちで出雲駅のヤードに留置されていた何両かも、大井川に渡って活躍していると聞きました。
そういえば、一週間ほど前になりますが、仕事で三原から新潟に向かった際に、「急行きたぐに」を利用しましたが、乗り換え途中の宮原操車場にダブルルーフのスエ30の姿を見てビックリしました。(あまりの驚きに写真を撮るのを忘れました・笑)廃車から20年近く経つそうですがこういった車両を保存してくれないものでしょうかね。

こうさん。大井川鉄道訪問お疲れ様です。

>しかし、僕の持つ客車配置表にオハ46380はあってもオハ47380はない・・
国鉄時代はオハ46(後期スハ43を重量再計算した結果「オ」級に収まった為オハ46に編入)でしたが、
大井川へ譲渡時に台車交換を行わずにオハ47へ改形式されました。398と512もこれに該当します。
大井川に現存する正真正銘のオハ47(台車をTR47からTR23へ交換した)は81のみです。

こうさんや皆さんに叱られてしまいそうですが、いきがっていた中学高校の頃、夏の暑い盛りに山陰線や福知山線で旧客の普通列車を利用する度に、客室に入らずにデッキで乗降口の扉を開け放して、手すりをしっかり掴んでステップに立つなどという危険なことをしていました。でも、通りかかる車掌さんはいつも一言「落ちんなよっ!」。今では想像もつかない大らかな時代でしたが、間近で感じる流れる景色、草や油煙の匂い、踏切の警報機の音。夏の旧客のデッキは夏の風情を味わう格好の場所でした。

私は今年6月に初めて大井川鉄道に行ってきました。私も管理人さんと同じくSL以上に客車の方を見たくて行きました。乗ったのはスハフ422186でした。

個人的には、旧型客車最晩年の頃のイメージが強いので茶色の車体よりは青色、ニス塗りよりはペンキ塗りが一番しっくり来るんです・・・。オールドファンの方に言わせれば邪道かもしれませんが。

何しろ私がよく乗ったのは紀勢本線で、EF58が牽引しているということも貴重でしたからね。紀勢本線の客車は天リウか天カメ持ちでしたが、高砂工場の全検表示のものが多かったように記憶しています。

大井川鉄道は、名鉄3300形を急行車として整備し、すまた号として運転を開始して間もない昭和47年に訪れて以来、井川線も含めて5回位行ったでしょうか。
丁度大鉄の積極的営業と私の時間と金のままになる時期が重なって、横浜からも手頃な距離にある事が理由でしょう。
SLもかわいいの(B6?)をまだ千頭と川根両国間で往復させていました。
やがてC11が入り、本線での運行が始まりましたが、何と言っても素晴らしいのは名だたる電車の他に客車も揃えている事ですね。
短時間で同じ形式でも個別の差をご指摘なさる点に、現物をいじくりまわしていたキャリアを感じます。
スハ432はブルトレ色と云うより、はつかり色を意識しているのではないでしょうか。
車掌室のハンドブレーキ、緩急車=フを象徴していますが、国鉄時代にも編成中間に当たり前にあるもののイタズラされた事を聞いた事がありません。
仙台から下り急行八甲田に乗った時に席がなく、ここの座席で一夜を過ごした事があります。
たまにピ~と鳴り響く電関のホィッスルと淡々と刻む轍の響き、さらに夏場は窓から入る心地よい夜風、正に旅愁溢れるものでした。
そういえば、学生時代にはまだ常磐線に長距離普通客車列車が残っていて、柏から乗った常磐緩行線と北松戸で並走となると、既に精神は盛りのついた犬状態となり、松戸で猛ダッシュをかけて跨線橋を渡り、既に動き始めた列車のデッキに飛び乗ったりもしました。

こう様、こんばんは。

大井川鉄道は合宿研修の際(掛川市で開催)、初めて乗りましたが時間の都合で全線踏破に至っておりません。
その時には旧型客車には乗れませんでしたが、途中駅から金谷へ引き返す時に元近鉄16000系にめぐり合いました。

旧型客車の写真を懐かしく拝見いたしました。四国出身の私にとっては記憶のあるものばかりです。
牽引機はDF50、後にDE10に変わりましたが、過渡期のほんの一時期だけでしたが両者の重連が見られました。
今でも記憶に残る編成があり、機関車の次位に荷物車2両+旧客4両というものがありましたね。

その中でもスハフ43はお気に入りの車両で、微妙に傾斜の付いた背もたれの付いた座席はささやかながら元特急3等車のせめてもの「高級感」なのでしょうか?

定期ディーゼル急行列車の合間を縫って年末年始の多客期限定で旧型客車ばかりを連ねた臨時急行が存在しておりましたが、その中にオハフ61が組み込まれておりました。
最後尾から暖房のスチームを出しながら走っていた姿が思い出されます・・・。

日食さん>

多分、スハフ42やオハ35は触っている車ではないかと・・思います。。

とてもうれしかったですよ。

大井川鉄道は強いていろいろなタイプの客車を集めた感がありますね。
スエ30が生きていましたか!
なんとか、どこかで保存してやりたいですね。
スエ30には思い出もあります。
このブログのごく初期に出てきますよ。

志摩流しライナーさん>

ご教示ありがとうございます。
それでは何のための形式変更だったのでしょう・・
何か意味があるのかもしれませんね。

ふそうやましろいせひゅうがさん>

いえいえ、僕も好んでそういう乗り方をしたこともあります。
それがまた、二度と得られない客車の思い出なんですよね。

akeyanさん>

竜華は高砂持ちでしたよ。
亀山は名古屋持ちでした。

竜華の客車、痛んでいるものが多く、保守には手を焼きました。
でも、大好きでしたね。
手を焼いた寝台車や、学生が乱闘して破壊されつくされたオハ35・・
今となっては非常に良い思い出です。

夜行「南紀」号には43一党がおもに使われていました。
だから、紀勢線の客車は同じ竜華所属でも一段上等な感じがしました。

あづまもぐらさん>

まさしく、スハ43は「はつかり」のイメージですよね。
でも、僕ら関西人、また高砂工場を知るものから見れば「銀河」の印象が強い車両です。

大井川鉄道の方の中に、「はつかり」のデビューに強い印象を持たれた方がおられるのかもしれません。

一民間鉄道でこれだけの保存を、してくれていることに強い感動を覚えます。

泉州人さん>

スハ43は本来は回転型シートなのですが、高松で運行されていた頃には向かい合わせで固定化されていたように思います。
回転型を生かせれば、いかにも特急車両という感じになるのですが・・

四国のオハフ61・・懐かしいですね。
背もたれが最後まで木製でしたね。

DF50牽引の客車列車がスチームを漂わせながらゆっくり去っていく・・
あの頃の四国の鉄道は国鉄の良さに溢れていましたね。

小学生の頃、大井川鉄道には蒸気機関車の牽く客車しか走っていない(!)と思っていて、「山と渓谷社・カラーガイド」の『私鉄1』に掲載された電車とディーゼル機関車牽引の客車を見て、「なるほど、こういう列車もあったんだ。」と思ったことが懐かしいです。
 その後、小田急のロマンスカーや西武の通勤電車が走ったことは知っていましたが、京阪や近鉄の特急までが走り出そうとは、夢にも思っていませんでした。貴重な御写真、ありがとうございました。

ハイセンマンさん>

大井川鉄道に関しては今回は正直、時間が全く足りませんでした。
次回、チャレンジしたいです。

いつもお世話になります。実母の実家が香川県にありますので、多度津の車両基地にいた、とおっしゃっていた「スハフ43」にも乗ったことがあります。「外見は普通列車なのに、イスは特急列車(キハ181系。当時はこの型式だけでしたよね)」のような車内に、びっくりして、「動き出したら特急料金をとられるのでは!?」と、不安になったことも、今では楽しい思い出です。
 旧型客車と近鉄特急の顔合わせには、「私が生まれた頃の吉野口駅もこんな感じだったのでは」と想像してしまいました。また、今後もよろしくお願い申し上げます。

ハイセンマンさん>

まさにおっしゃるとおりですね。
四国のスハ43は、島根の大社支線のナハ21による普通列車とあわせて全国の羨望の的だったと書けば・・
大げさでもないような気もします。

コメントを投稿