フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« キハ181系特急「はまかぜ」惜別! | メイン | 震災前後の須磨・塩屋間 »

2010年11月19日 (金)

高架前の山陽電鉄「電鉄明石駅」

山陽電鉄の明石駅付近が高架になったのは平成3年だから、すでに20年近く昔のことになる。

こういった、昔のことでもごく最近のことであったように感じるのは僕がそれだけ年を取ってきたからか。

さて、先月に小型のキャビン製簡易型フィルムスキャナーを購入した。
これまで、古い写真は友人の店のプリンターでネガやポジから焼き上げて、それをスキャンしていたのだけれど、この簡易型スキャナーのおかげで自宅でネガ、ポジ、それにスライドマウントからも容易にデジタル化できるようになった。

そこで、このスキャナーを使って古いポジを眺めていたら、山陽電車の明石駅の写真が出てきた。
高架化直前に、そのためにだけコダクロームを使うという贅沢な?写真で、ややコントラストは高いものの、色調は今も十分見られる状態に保たれていて、せっかくだからこれを見ていただこうと思う。

なお、山陽電車については、こちらもご覧いただければと思う、

Photo 電鉄明石駅正面・・踏切側か、国鉄に面したほうかどちらが正面か判然としないデザインだけれども、見た感じでは踏切側だろうか。
駅のすぐ横に明石の中心商店街である銀座通りに続く幹線道路があり、これの踏切が存在していた。

Photo_2 国鉄側である。
自転車置き場をはさんで先に高架化された国鉄改札へ続いていた。
この頃、多くの乗り換え客がここを通っていたのだけれど、もちろん、青空の下で、雨天や寒い季節には難儀した乗換えだ。

Photo_3 北側の通路から見る。
駅舎脇には「山陽そば」の店もある。
「山陽そば」は、現在の高架駅にもあって、盛業中だが、この当時は改札内外から入店できた。
もちろん、店内には改札内外を分ける仕切りはしてあったけれども、非常に便利なつくりだった。
肝心のそばやうどんは、今のほうがずいぶん美味しくなっていると思う。

Photo_4 駅舎をホーム側から見る。
駅と歩道の間に段差はなく、ホームへ上がるには緩やかなスロープ。
なんともバリアフリーな駅だった。
エレベーターやエスカレーターが必要な最新の駅に比べるとなんと安上がりにバリアフリーであったことか。

Photo_5 駅舎脇の信号所の建物。
山陽電鉄はATSの設置は非常に早く、阪急・阪神とともに神戸高速開業時に「連続誘導式」という今のATS-Pに匹敵する性能を持ったものを設置していたが、それでも、当時は明石だけではなく、須磨や飾磨、姫路などこういった信号所があった。

Photo_7 ホームを線路から見る。
東側から見たホームで、南側、海側から1番線、2面4線の緩急接続タイプだ。
上下線の間隔は意外に広く、電車の写真撮影にはもってこいだった。

3 3番線の上屋。
なんとも古風なホーム上屋である。
しかも、駅設備が比較的大きいために見ごたえがある。
平成の世になってからもこういったものが残っていたことはまさに奇跡ではないだろうか。

Photo_8 2番線の上屋。
この柱の作り、古典的な木造建築物を思わせ、こうして見るとこれはもしかしたら文化財になりえたのではないかとさえ思えてくる。

3608 到着する特急電車。
当時、すでに数少なくなっていた旧塗装の3608、先頭車は3004号のはずだ。
個人的にはこの塗装のほうが都会的で落ち着いているし、3000系車両には似合っていると思う。

この駅舎を作ったのは神姫電鉄で、ここからさき、湊川まで高速タイプの線路を敷くその中間点だったようだ。
けれども、世界恐慌、戦争があり、当時はライバル的存在だった神姫電鉄と兵庫電軌が宇治川電気の元に統合され、結果的にこの位置で両者の線路をつないだのが山陽電鉄の成立だとされている。

明石の都心部に存在していた開かずの踏切と共に、この駅は高架化され、駅名も「電鉄明石」というローカルなものから「山陽明石」へとスマートになり、そして、高架化によって踏切の制約がなくなったことから特急列車の6連運転が始まった。
それは、その後の阪神との直通運転につながっていくのだけれど、残念ながら山陽電車の乗客数はその頃に比べると激減の様相だ。
もっとも、最近は積極的な営業戦略の結果。、下げ止まっているらしいが、明石駅が地上だったころのあの凄まじいばかりの賑わいよ・・今一度と願ってやまない。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351371/25438807

高架前の山陽電鉄「電鉄明石駅」を参照しているブログ:

コメント

 私もかって山陽電鉄沿線に住んでおり、JR塩屋駅から一駅西の滝の茶屋駅を利用していました。滝の茶屋に来るまでは今の六本木ヒルズのティファニーの辺りに住んでいたので、随分地方に来たもんだなと感じました。この駅は塩屋駅からわずか1kmほどですが、MHI,KHIという重工業の社宅があり、乗降客も多かったようです。仰せの通り明石駅に限らず、当時はスロープのあるローカル線のような佇まいで乗降は楽でした。
 その後、滝の茶屋駅は、高架化され更にJRの攻勢で山陽電鉄も経営が苦しくなり、無人化されたようです。近くに盲学校もあり生徒さんが人身事故に遭わないよう配慮されているのでしょうか。
 当時は山陽電鉄明石駅よりも山陽電鉄垂水駅の方がずっと近代化が進み、シュッピングセンターが高架下にあり、商店街も繁盛していました。
山陽電鉄明石駅周辺も車の普及で開かずの踏切は厄介者になり、高架化されシュッピングモールも出来遅まきながら近代化しました。

学校へ行っていたころの乗り降りも含め、今よりも結構利用回数の多いのが、地上時代の明石駅で、もう消えて20年が来るって歳月がたつのもも早いものですね。
ホームの西の八重桜が毎春立派に咲いていたのが思い出で、それから言うと今の駅は機能一点張りでちょっと情緒面は?
これって年取ったってこと?

L急行鷲羽さん>

滝の茶屋駅は今、特急列車の3割ほどもが停車する駅になっていますね。
しかし、朝を除き無人化されています。
朝の時間帯だけ巡回の駅員を配置して万が一に備えているようです。

垂水駅の高架下も改築されましたね。
あの、いかにも昭和チックな雰囲気も好きだったのですが。。


キッコーマン専用線さん>

今の山陽明石駅、見ようによってはJRよりも立派で機能的ですよね。
本当に機能的過ぎて・・
確かに情緒は感じられないです。
僕も年をとったかなぁ・・

はじめまして。懐かしい写真を堪能させて頂きました。
大好きだった祖母の家に行くのに明石から人丸前まで山陽電鉄を利用してました。200回以上この駅を利用していたので 高架になった時は寂しい思いをしました。

話は変わりますが 2000系の運転室と客室の仕切りはどうなっていたか ご存じでしたらご教示下さい。
しっかりとした壁があったか、バスみたいに横棒一本で仕切っていたか、左の角ッコだけ運転室で右半分は客室だったか よく覚えていません。
客室から手を出せばバスみたいに運転手に触れる状態だった様な気もします。

東 重千代さん>

いらっしゃいませ!!

2000系の運転台仕切りは、初期の2009までは全室運転台でありながら、通路部分の仕切りが棒一本の簡単なもの。
2010以降は普通の密閉型の運転台になりました。
写真が出てきたらどこかでアップしますが、出てくるかどうか・危ういところです。

ありがとうございます。
そこまでハッキリと覚えてらっしゃるなんて奇跡の様に思います。

近いうちに 昔 作った2000の模型を修正しようと思います。

東 重千代さん>

なお、2009号までは仕切りは薄茶色の「塗り」、2010号からはデコラ仕上げでしたよ。

いい事を教えてくれて ありがとうございます。
思い込みで仕切板を薄緑に塗装していました。
凄い記憶力に感心します。

いやー懐かしい写真ですね。
現在45歳ですが、子供の頃、若かりし頃を思い出しますよね。

最近、山陽電車の夢を見ました。
今は違うところに住んでまして、
実家に帰省した時に、偶に乗るくらいですが、
実家の駅も、きれいになってもう10年以上経つのでしょうか?昔の駅には、駅員さんがいて、よく話かけてもらっていましたよー、「よー若いの!元気で行ってこいよー」なんて、今、ふと思い出したら、涙が出ます。

今では駅に誰もいません。
なんか、さみしい感じです。

本当に懐かしいです。  高校3年間は明石駅から特急に乗り東二見で下車していました(もう35年位前の話です)。  この写真を見たあと目を閉じると走馬灯の様に当時の記憶が蘇ってきました。  素敵な時間を持てました, 有難うございます。    今では海外生活が25年になりましたが,毎年明石に帰省しています。  毎年どんどんと景色がかわってゆき,今では当時の面影が殆どなくなってしまいました。  寂しい限りです。

東重千代さん>

こちらこそ、思い出すきっかけを作っていただき、ありがとうございました。

ゆういちろうさん>

山陽電車は駅の無人化も進んでいますね。
名物駅員が居た時代は遠くなってしまいました。

伸さん>

今、西新町付近、高架工事が進んでいて、来春には更に大きく風景が変貌しそうです。
山陽電車の人間くささ・・これまた遠い思い出になってしまいますね。

なんか懐かしくなるページを発見して嬉しくなってしまいました。
今は埼玉住みですが、子どもの頃電鉄林崎の近くに住んでおり
山陽電車はよく利用していました。
幼少の頃2000形の最後尾の仕切り棒のところで車掌さんの
アナウンスの真似をよくしていたものです。
ある日真似していたら藤江を出発した時車掌さんにマイクを渡され
「次、中八木だから」ときっと乗り合わせたお客さんは子どもの声の
アナウンスにびっくりしたでしょうね。
今では考えられないおおらかな時代でした。

すなみ商店さん>

まもなくプロバイダーによりこのページは閉鎖されますので、今後は新ページのほうでお願いしますね。

昔の山陽電車、もちろん、神鉄も国鉄もですが・・・今から考えると噓のような人間臭さがありました。
電車の中で忘れた傘を別府駅に貰いに行ったら「紀美はあんまり賢くないなぁ」なんて駅員さんに笑われたり・・それがまた不思議と楽しかったのも思いでです。

コメントを投稿