フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 北陸線の格下げ近郊型電車3兄弟 | メイン | 昭和52年12月、多度津にて。 »

2010年9月22日 (水)

甘木の半円形電車・・西鉄200形

206 半円形の正面デザインを持つ電車といえば、南海の黎明期、それに阪神の急行用小型車、大軌(今の近鉄奈良線)の開業時の電車など、関西の大手がこぞって制作したもので、それは大出力の高速用電車やロマンスカーなどの少し前の時代、明治、大正から昭和初期にかけての流行であったのだろうかと思う。

国鉄に目を転じれば機械式気動車キハ07一党がそれにあたるだろうか。

流線型というには車両正面が垂直に立ち上がっていて、半流線型というにはやや正面のRが大きいというか、ほぼ完全な半円形になっているのが特徴だ。

昭和も50年代になって、戦前の遺物のようなこの形態の電車がたくさん走っている路線があった。

九州・西日本鉄道の甘木線だ。

2003 もっとも、甘木線の電車たちは製造が比較的新しく、昭和12年ということだから、関西での半円形電車の流行よりは一歩、二歩遅れての登場だったのだろう。
この電車たちは200形と称し、かつて、本線の大牟田線で普通列車用に開発された小型軽量、高加速のシリーズだ。

僕は半円形電車には少なからず興味を持っていて、阪神881形のほろを付けた長編成の写真を見て、このような電車をぜひ見てみたいと思ったものだ。
阪神の半円形電車は、当時は野上鉄道に行った601形が残っていて、その雰囲気を味わうことができたのだけれど、野上の電車は基本的に単行運転で、連結して走るその姿を満喫できるわけではない。

西鉄を紹介した雑誌に、甘木線の半円形電車、200形の写真があるのを見て、3連、4連で走るその姿をぜひ、実際に見てみたいと思っていた。

218 その甘木線には昭和55年ごろ、訪問することができ、特徴的なこの路線の電車を味わった。
そして、それはその後何度も九州を訪問するたびに甘木を訪問するという、すっかりこの電車に惚れこんでしまったという結果となった。

日中の甘木線はほとんどが2連、もしくは3連で、僕らはラッシュ時に訪問できなかったから4連を見たことはなかったように思う。

阪神881形と異なり、正面に幌はなかったけれども、半円形電車が3両も繋がって走る姿を眺めるのは本当に楽しいものだった。

200 それに、西鉄は本線系の電車に比べて、この200形を大切にしているようで、内装は木目も美しく整備され、中にはドア幅を広げ、内装を磨きなおした更新車もあって、それぞれに個性豊かな電車が、短いホイールベースゆえにガチャガチャと忙しなく、けれど、乗り心地は案外良く、電車ファンの醍醐味ここにありといった感じで、そういう意味では東の岐阜、揖斐線電車と双璧をなす存在だったかもしれない。

62 中には気動車を改造したクハもあり、これまた楽しい車両で個性豊かなこの路線にさらに一味を加えていたように思う。

622 平行する国鉄甘木線がまさに風前の灯だったその当時、甘木から福岡に出るには甘木線で津福か久留米へ出てここから西鉄大牟田線という行程が、地元の人たちの常識だったのだろうか。

その点はほかにバスもあるかも知れず、僕らにはわからない。

2003_2 でも、甘木線はいつもたくさんの人を乗せてガチャガチャ走っていた。

国鉄甘木線がまさかの奇跡的な復活劇を遂げ、甘木鉄道に変身し、その運行本数でも西鉄と並んだそのころ、僕らは西鉄甘木線の乗客が減らないか心配していた。

ただ、甘木鉄道開業のころ、実際に西鉄と乗り比べてみたけれど、さほど西鉄の乗客が減ったという印象はなかった。

213 はその後、写真業界に転身し、九州へはそれ以来、行くこともない状態だが、あの200形が平成の世にも生き続けたこと、心底感動する。
平成も数年を経て、甘木線の改良工事が成り、本線の600形が入るようになるという話は聞いたけれど、だからといっても甘木へ行くことなどはできそうもなかった。

だから、甘木線200形は、僕にとってはあのころのまま、心の中でガチャガチャ走っているのだ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351371/25099565

甘木の半円形電車・・西鉄200形を参照しているブログ:

コメント

完璧な半円ではありませんが、私が小学生の頃は、京急にも140形が本線では230形に挟まれ、支線ではペアを組んで走っていました。この140形の台車のバネは非常に柔らかく、車側を子供の手でもリズムをとって押し続けているとフワフワと揺れ出す程でした(久里浜工場に保管展示してある現車でも確認できます)。下手なエアサスより余程ソフトとは言い過ぎでしょうか。140形の一代前に似た形態で木造の120形があったそうですが、私も琴電で3枚窓鋼板貼りとなったものしか見ていません。
阪神車は昭和48年に野上で乗りました。国鉄駅裏の連絡口駅の車庫の草むらで、2匹の猫が何故か人の正常位で…。
西鉄200形、実に軽快な車でしたね。私は久留米で見ただけでした。中間サハが丸くない点は京急と逆でした。西鉄の本線にはもう一つ、他に比類なき車輌100形がいました。ポンポンポンとあっさり並んだ広窓が、200形と好対照でしたが、あの独特な味わいも好きでした。653とかは、エッの世界でした。
流線型では、あと1300形先頭車がモハ52を彷彿とさせていましたが、やや野性的でしたね。

半円形の車両が2連、3連で走行するのは初めて見ましたが、確かに興奮モノですね♪
そして扇風機のみの車内にもビックリ、西鉄も利用者も寛大だなぁ~なんて思いました。

あづまもぐらさん>

西鉄200の中間に丸くないサハが入っていたのは・・多分、上記のクハ60ではないでしょうか。
僕が目にした当時は中間も丸かったです。。
西鉄653・・思い出しました。
すごい電車でしたね。。
1300の先頭車はなかなか好きでした。

鉄路さん>

昭和50年代ですからまだまだ、関西以外では冷房化は進まなかったのでしょうね。
丸い電車が連なって走るの・・本当に楽しかったです。

初めてコメントさせていただきます。

電車の事は良く判りませんが、高校時代この200形で
通学してました。
丸い外装、木材を使った室内。
窓も木枠(笑)
その室内は、ニスの香りがしてましたねぇ。
懐かしいです。
エアコンもなく、扇風機が忙しくグルグル回ってました(笑)
加速もゆっくりと、時代を表してたような気がします。
車幅も少しコンパクトなのか、ホームとの間も結構
開いてたような記憶がありますねぇ(汗)

今の甘木線は、ハイテクな車両に替わってしまい
懐かしい写真で感動しました。
ちょっとウルッとしました。

素敵な写真をありがとうございました。
またお邪魔させていただきます。

半クラ!!さん>

ご訪問、ありがとうございます。
この電車で通学されていたというのは僕らからみると、相当うらやましいです。。

またお越しください!

初めてお邪魔します。
甘木線の思い出を書いていただきありがとうございます。

当時のことを思い出すと、中が木造で、なんだか落ち着く列車だったなと思います。

私は小学校の頃、習い事で久留米に行くときに毎週乗っていました。友人と二人での毎週の冒険旅行みたいな感じでした。あの列車は今の車両には絶対ないのですが、車掌さんとの境が車掌さんの背中の部分の板一枚でその両横は半分あいている仕組みでした。そのため、今では考えられないのですが、いつも車掌さんに話しかけて、ガムとかあめ玉を渡したりとなんだか温かく、楽しいコミュニケーションの時間を過ごしていました。本当に車掌さんもやさしい人ばかりでした。

久しぶりに思い出し、写真を見ることができうれしかったです。
ありがとうございます。

土星さん>

はじめまして!
甘木線に乗車しておられたのは羨ましいです。
そうそう、運転室、車掌室との仕切りは真ん中の板1枚でしたね。

今後ともよろしくお願いいたします。

初めてお邪魔致します。

私が小学生の頃までこの小豆色の電車だったのを覚えています。
5歳の頃、西鉄電車が大好きで父によく駅の電車が見える前まで連れてきてもらっていたんです。ただ電車を見るだけで嬉しかったんですよ。

いつしか水色の電車に変わったのですが、小豆色の電車の方が発進が重~く、木のきしむギコ~って音がしてたという違いを子供ながらに感ていました。

あの電車もう一度見たいな~ってふと思い出して検索したら、こんなに愛して下さる方がいらっしゃったとは…感謝です!

甘木っ子さん>

こんにちは。
レスが遅れ、申し訳ありません。

あの甘木の電車、本当に個性的でとてもカッコよかったです。
関西から3度も観に行きました。
あの頃を知っておられる方が読んで下ったこと感謝に堪えません。
なお、本ブログは移転しています。
詳しくはトップページをご覧くださいね。

コメントを投稿