フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 宝殿駅 | メイン | 夜の大阪駅 »

2010年5月25日 (火)

昭和51年の阪急電車、桂・嵐山にて

駅の写真を探していたら、阪急電車の嵐山線とその関連の写真が出てきた。
昭和51年1月、まだ中学生だった僕が阪急6300系を生で見たくて、京都へ行ったときのものだ。
特急を見たいのに、なぜ、嵐山に行ったかは今の僕では疑問だが・・なぜか、当時の僕は嵐山を目指している。

S502814 十三から乗車した河原町行きの急行は、特急車である2800系で、これまた、すばらしい運にめぐり合えたと喜んだものだ。
当時の特急は十三から大宮まで30分弱をノンストップで、桂にいくには急行に乗車するより他はなかったが、急行もまた非常に速く、停車駅で見る限りでは現在の特急停車駅に大宮を省いただけであり、そういう意味では当時の阪急は気を吐いていたように思う。
急行と特急、どちらも15分毎で、合わせると今の特急10分毎より便利だったような気もする。

当時の桂駅は7号線まである広い構内を持っていて、京都線の上下に嵐山線がはさまれる形態だった。
嵐山線は桂駅の東方で京都線上り(京都方面行き)と立体交差していた。
嵐山線と京都線の直通運転にはこの形態のほうが便利だったように思うが、なぜか今ではせっかくの立体交差は生かされず、車庫との入出庫を兼ねるC号線と交差するだけという形態だ。

桂駅の嵐山線ホームに停車していたのは、1編成しかない210系で、中間にTを挟んで3両編成。
なんとも可愛らしい電車で、その頃、僕は宝塚線の610系は見たことがなかったから、これまた特別な電車に思えたものだ。
S506350211 この電車に乗車、嵐山へ向かう車中だったと思う。
憧れの新車、6300系が走ってきた。
思わず車内から撮影・・幸運にもうまく撮影できた。
僕が6300系を撮影した最初の1枚である。
当時の桂駅の構内配線もよく分かる。

S50211 さて、乗車した210系を嵐山駅で撮影。
本当に可愛い電車で、この前の時代には豪快な100系もここで使われていたそうだが、そんなことは知る由もない。(当時、もう1編成、700系がここで使われていた)
もちろん、阪急電車の車両への知識などほとんど存在しない頃だ。

フィルムや現像料が高価で、中学生にはもったいないと思われた時代、せっかくの嵐山もたくさんは撮影せず、最低限の撮影だが、なぜかこのフィルムに自宅近くの山野がたくさん撮影されている。
これまた今の僕には理解できない。

S506350 さて、また桂駅に戻る。
京都方面行きのホームで待っていると、向かい側のホームに河原町で折り返してきた大阪方面行きの6300系が走ってきた。
もちろん、停車などしない。
屋根が白く塗られた、いかにも「特別」を思わせるその電車は軽快に走っていく。

今では考えられないような広い構内がお分かりいただけると思う。

さて、210系はこの当時が最晩年だったようで、出会いはこれが最初で最後だった。
1080 ところが、数年後、意外なところで再会する。
広島電鉄宮島線である。
ドアの位置が変えられ、編成は2連になっているものの、特徴的な可愛らしい風貌はそのままで、すぐにそれと分かった。
再会は嬉しかったが、この出会いも一度きり・・
宮島線電車がすべて低床タイプ・・つまり、路面電車タイプに変わってから、この可愛い電車はその活躍の場所をなくしてしまった。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351371/24236605

昭和51年の阪急電車、桂・嵐山にてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿