フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月22日 (月)

思い出の阪急6300系特急

6354_3 今年の2月いっぱいで阪急6300系は京都本線での特急仕業を終え、すべてを後継の9300系に譲って嵐山支線運用以外から撤退した。
ここに京都線での6300系特急は思い出になってしまった。
拙ブログにおいてもこの電車については過去に一文を設けているので、そちらも参照にしていただきたい。
「阪急6300系」http://kokutetu.blog.eonet.jp/117/2008/09/post-a4d2.html

今回はこの系列の全編成の画像を見ていただきたいと思っている。

昭和50年、衝撃的にデビューしたのがこの6300系だ。
ぱっと目を引くのが新しい意匠に改められたフロントマスク。
正面窓上、左右に並べられた行き先、種別表示。
そして伝統の肩部のテールライトは腰に降り、種別表示灯とともに並べられ、ステンレスの飾り帯でこれを際立たせる。
側面に目をやると運転台直後には窓がなく、この部分にHの飾り文字。(ここにはのちに窓が設けられた)
そして、車端部に思い切り寄せられた両開き式の2ドア。
妻面には窓もなく、車内から見るとこの部分には伝統の木目の化粧版が張られ、そして、何よりずらりと並んだゴールデンオリーブの段付モケットとあいまって、まるで上質の長距離列車のような雰囲気。
僕はこのような一般の電車を見たことがない。

もちろん、ライバル京阪3000系の・・あの独特のやさしさを感じさせる雰囲気もまた衝撃的ではあったけれど、阪急6300系は、登場したその瞬間から阪急が持つ風格を存分に体現した「名車」であることは疑いようもなかった。

今、手元に昭和60年に発行された京阪神私鉄の時刻表がある。
といっても、これには京阪や近鉄は掲載されていない。
今は当たり前になっている私鉄時刻表の走りというものだろうか。

この時刻表によると阪急京都線特急は十三・大宮間ノンストップで、梅田と河原町の間の所要時間は42分だ。
この前の時代には38分運転だったが、高槻市付近の連続立体交差事業でのスピードダウンが盛り込まれている。

6430200510このときに運用本数が増えることから製造されたのが6300系最後の1編成、6330Fだ。
時代に合わせ界磁チョッパ制御、阪急の新理論である「プッシュブル方式」となり、電動車が両端に集められたいわば6300系内での異端児だ。

しかし、時代は変わる。
物言わぬ巨人であった国鉄は民営化される前から徐々に力をつけ、JRとなったあとは国家が整備した抜群のインフラを活用、私鉄を追い詰め、追い越し始める。
気がつけばJR新快速は通勤客に絶大な支持を受け、もはや輸送力でも速度でも太刀打ちできない様相を呈するようになる。

ここにいたって、私鉄各社も特急はノンストップとばかりはいえなくなってくる。

沿線乗客をこまめに、こぼさずに拾うことが私鉄生き残りの唯一の方法だと知ったか、私鉄各社はこの時期から特急列車の停車駅増へと向かい始める。
最初、高槻市だけの停車ではそれほど問題にならなかった車端に寄せた2ドアは、茨木市、長岡天神、桂の停車が実現すると到底ラッシュ時など対応が困難になってくる。

京阪8000系はラッシュ時に対応するためにドアから連結面までをロングシート化することでラッシュ対応ができるが、阪急6300系ではドアが端によりすぎ、結局車体の大改造が必要になってくる。

ああ・・それにしてもだ・・
あのノンストップの阪急京都線特急の静かな雰囲気が懐かしい。
規則正しくレールジョイントだけが響く車内。
ゆったりとしたクロスシートに身を任せ、今から行く京都へ思いをはせるとき、この電車を利用したことの喜びを感じたものだ。

さて、それでは全編成の写真だ。
まずは6350Fから

6300系最初の編成がさよなら運転を勤めた。

僕は人ごみが苦手・・だからそこへは行かなかった。でも、最後にやはり会っておきたかったという思いはある。

写真は上から6350Fで、一番下が6330F、丸型の宣伝板をつけているのが6451。(梅田方が6350~、京都方が6450~で、編成中の各車両の一桁の番号は共通です)

6450200510_2635020051063506351

  64516452

 6353200510  635420097

6355200510

6865200812_2平日の終日女性専用車は6300系だけの存在だった。6356200510_3

6357

6330

6300系最後の編成。

梅田側正面にパンタグラフがつき、いかにも電車らしい風貌だった。

もう、このような風格を持った電車は二度と登場しないのではないか?

かの国鉄をも動かし117系を登場させ、一般の利用客にまで「6300系」という系列名を浸透させた。

関西私鉄界のまさに王者のような存在の電車。

6300系特急・・

永遠なれ!