フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 神有電車・神戸電鉄 | メイン | 岡山臨港鉄道 »

2009年8月20日 (木)

「なにわ」と「みやび」

ホームページ中のコンテンツ「国鉄高砂工場」で公開されている写真も含め、「サロンカーなにわ」「お座敷客車「みやび」の二つの写真を改めてここで公開していこうと思う。

このブログでも「サロンカーなにわ」それに「みやび」のエントリーで過去に書いているので合わせてごらんいただきたいと思う。

まずは「サロンカーなにわ」から。

Photo 改造中の姿。

14系客車スハフの前後を反転させ、便所、洗面所を撤去してそこに展望室を作る。

もっとも、反転とは言っても編成の前後を入れ替えるだけで、客車の向きを変えたわけではない。

Photo_2 完成した展望車の車内。

非常にシンプルで座席定員も少ない。

Photo_3 展望車のビュッフェ。

古典的な喫茶店のよう。

Photo_4 展望車の外観。

連結側の妻面。

半流線型の妻面を切妻に改造、編成で違和感が無いように配慮されていた。

Photo_5 展望車の全景。

Photo_6 工事開始第1号車の車内。

国鉄としては思い切ったつくりではある。

天井右側、斜めになっている部分は暖房装置。

Photo_7 第1号車完成。

高砂工場塗装職場にて。

塗装は徹底的に磨き出しされた。

Photo_8 完成、プレス公開。

Photo_9 東加古川ー加古川間を行く完成記念、公開試運転列車。

Photo_10 こちらはついでに・・

同じ時期に東京で完成した「サロンエクスプレス東京」

安土駅付近にて。

ここからは「みやび」だ。

高砂工場での「なにわ」スタッフによる工事で、場所は移転しても高砂最後の仕事とも言える。

Photo_11 工事中の「みやび」車内。

格子天井、引き違いの障子、掘りごたつ式の座席、常時使える通路など従来のお座敷客車とは一線を画すものだった。

Photo_12 掘りごたつ式座席テーブルにある小型モニター。

これまでの大型モニターから各自で調節できるモニターに変更された。

Photo_13 カラオケのコントローラー。

当時最新の機器が導入された。

Photo_14 仕切部分。

赤いふすまはなにやら遊郭を思わせる。

全体に高級料亭の雰囲気でまとめたそうだ。

Photo_15 引き違いの障子、14系の面影を残す窓。

窓の内側はFRPのカバー。

障子は全開できない。

Photo_16 いったんこの状態で完成した。

ただし、まだホロが取り付けられている。

Photo_17 ホロは撤去、埋め込みされた完成直前の姿。

Photo_18 完成した「みやび」

塗装はグレーに茶色、国鉄117系と似た雰囲気だったように思う。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351371/21152183

「なにわ」と「みやび」を参照しているブログ:

コメント

‘みやび’・・。逝ってしまいましたねぇ~(合掌)。 もうあれから23年経つのかぁ~。今度は惨事の現場の生き証人「余部鉄橋」まで、架け替えで消えていくことになるとは・・。在りし日の貴重な『勇姿』ありがとうございます。

ユースケさん>

「みやび」のシックで落ち着いた風情・・
残っていたらなぁ・・と時々思います。

餘部橋梁架けかえも、あの事故の記憶をすっかり風化させてしまうのではないかと・・少し心配です。

コメントを投稿