フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 流線型雑感 | メイン | 鴨川の京阪電車 »

2008年8月17日 (日)

貨車なのか客車なのか

Emaiko_6 高砂工場では僕は旅客車職場にいて、そのうちの客車上回り組だったから普段の仕事は客車の修繕や改造だった。
たまに、動車組(気動車担当)の応援で気動車を触ることはあっても、機関車や貨車を触ることはなかった。

ところが、高砂時代の例外がある。
貨車であるはずのワキ8000だ。
代表的な国鉄貨車ワム80000を前後に大きくしたようなこの系列はなぜか旅客車職場の担当だった。

この貨車は、どこから見ても貨車で、だからこそ貨車の形式がついているのだろうけれど、運用では荷物列車に連結され、EF58などの旅客機関車に牽引されていた。
つまり、運用では完全に客車なのだ。
貨車の巨大ヤードで突放を受けることもなく、SGの蒸気漂う駅のホームで他の客車に混じって異彩を放っていたのだ。

主に新聞輸送などパレット専用の車両だった。
(小口パレット輸送には「あそ・くにさき」などに連結されていた一般型の荷物車、マニ37などもある)

後に、マニ44という客車が登場する。
これまた、すごい車両で・・
外観も中身もワキ8000そのもの・・
車掌室とその反対側に出入り台がついていて、けれども出入り台からは荷物室には入れない。
出入り台は幅1メートルほどの細長い空間で、ただそれだけである。
単に入れ替え作業のためだけの出入り台なのだ。

これら、ワキ8000やマニ44の上回り作業と言えば、大きな開き戸の調整が中心だ。
アルミ製のドアをてこで持ち上げ、大きなマイナスネジを大きなドライバーで外し、シーリング剤をはがしてその中の車輪を交換するのだ。
巨大なドアだが、作業は簡単で、一人ででもできた。

あとは車内の床にネジ止めされている銘板の取替えや補充などくらいか・・

高砂には貨車職場もあったが、客車と同じ運用のものは客車として扱っていたのだろうか。

鷹取工場への編入のさい、鷹取の貨車職場と高砂の旅客車職場が合併して客貨車職場ができたとき、客車貨車の矛盾を乗り越えて、これらパレット輸送用の車両はここに入場できるようになるはずだった。
だが、高砂廃止と時を同じくして国鉄の荷物輸送は終焉を告げた。
つまり、かれら、客車か貨車か・・その中間の車両たちは、鷹取工場客貨車職場に入場できないで・・まだ赤子のような車令で廃車の憂き目にあったのだ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351371/15468338

貨車なのか客車なのかを参照しているブログ:

コメント

ワキ8000ですか。
見た事無いかも。
ワキって事は・・・足のコロはJT-9辺りかな? あ,11かな?

一番最初の実習先が,貨車上でしたので,トラやワムの側板・扉の修繕をやりましたね。
その後,コロ屋に行きました。
懐かしいなぁ~

こうさん、毎度。

貨車に一票!何と言っても見た目重視。
確かに荷物列車での運用だった気がしますけれど「どっちか?」と
聞かれたら貨車ですわ

ところで写真で見えるジャンパは何の引き通しでしょうか
オウで連結やってた頃、レサ突放の前に切ってたあれと一緒
のような感じです

こんばんは、こうさん、。
最近、コメントはご無沙汰していたのですが・・・いつも、ホームページは楽しく拝見させて頂いております。
さて、そのホームページの中で特に楽しみにしているのが、高砂工場の話です。私が高砂工場の存在を知ったのが工場が閉鎖されて半年ぐらい経った夏のことでした。工場は閉鎖されていましたが、何かの部門は残っていたらしく、守衛さんが残っていらして完全に無人と、勝手に思い込んで、正門?の格子の間から覗きこんでいたら門が自動で開き、中から守衛さんが出てきて「何かごようですか?」と聞かれ、思わず「工場を見学したいんです!」と非常識なお願いをした覚えがあります。
その、憧れの高砂工場の話がたくさん見れるこのページをいつも楽しみにしています。
これからも、お話をたくさん聞かせてください。

ほろきねぇね さん>

台車は高速コンテナと似た感じだったような気が・・
すみません。。覚えてなくて。。

僕が上回りを触った貨車はこの系列とあとホキだけでした。。

768-6160 さん>

見た目は完全に貨車ですね。
客車列車の中間につなげるので蒸気暖房や電気暖房の引きとおしもあったと思うのですが・・


温泉さん>

ありがとうございます。
高砂は客車マニアにはよく知られていましたね。

でも、地味なんですよ。。
今、サントリーの工場になっているのがなんとも時代を感じます。

「こう」さん、御無沙汰しておりました。
古い話題に投稿してすみません。
このワキ8000というのは、高速貨物列車用ではなかったのでしょうか?
当時の地急(地域間急行貨物用)用だと記憶しています。
でも、

 他にも似たような車両で「連結&電磁ブレーキ・空気ホース等改良したような⇒、連結や解放作業も楽になった形式」のものがありました。
形式番号 は不得意なので覚えていません。
レサ○○○○、コキ○○○○、ワキ○○○○????
レサは桁数が多かったと記憶していますが、レサ10000かな????
(こんな桁数なかったら、適当なこと書いてすみません。)

国鉄20面相さん>

ワキ8000には貨物列車に使われるものと、荷物列車に使われるものがありました。
後年、スニ44が登場して、荷物列車はこちらが主流になって行きつつありましたが・・
結局、すぐ荷物列車全廃の憂き目に会いましたね。。

コメントを投稿