フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 2006年5月 | メイン | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月29日 (木)

荷物車

Oxhzyydl
荷物車・・例えばマニ60や、マニ50のように最初から荷物車として製造された車両もあるのだけれど、旅客車から改造された車両も多かったようにおもう。
旅客車から改造された車両は窓が不揃いで、広窓もあったりして、元が何であるか・・ちょっとは考えない事もなかったけれど、やはり仕事中には、仕事を早く、きれいに終わらせる事が最重要課題であるわけで、そう言った意味では鉄道車両を扱いながら、自分の趣味とは無縁のような存在にも思えていたものだ。

荷物車・・マニ○○という形式がつく事の多かったそれであっても、全般検査での手抜きは許されず、ただ、見栄えの面では、車内全面をライトグリーンに塗装するので、多少のごまかしが利く手軽さは確かにあった。
マニが入場すると、旅客車と同じように入場検査を受ける事になる。
僕たちは、入場検査と平行して、全般検査の為の解体工事・・たとえ、マニであっても、窓枠も外せば錠前なども専門の職場に送る。
窓には必ず保護棒が取り付けてあり、これもすべて取り外してから窓枠を外すのだ。
保護棒は外した窓のすぐ近くに置くようにする。
大きな両引き戸は、木製のものなら、ドアレールに直接触れる「靴」と呼ばれる鉄製の箱が一番下に取り付けられていて、これがよく腐食し、交換を要する事が多い。
さらに、扉本体の木部が腐食し、現車での修繕が難しいと判断したときは、扉を外して木造場へ送らねばならない。
鋼製の扉でも、現車で簡単に修繕が出来るものなら、そのままにしておくけれど、痛みがひどいものは鉄工職場へ送る事になる。
木製扉で痛みが激しいものは、木造場で新品に交換されてくる。
これは扉の大まかな形だけがある代物で、新品の木製扉を取り付ける作業は大変だった。
図面通りに戸車や靴を取り付けても絶対に合わない。
現車で、立て付け大工の仕事をするしかないのだ。
この仕事は若い衆に木工作業を教える恰好の作業とされ、まだ慣れきっていない若い衆(入社数年の青年)は、この作業があたると鬼のような親方の、徹底した指導の下、悲鳴を上げながら頑張ったものだ。

扉の類はいずれも大きく、重いものだけれど、特にマニ60などの木製扉で60kg以上、マニ36などの鋼製扉では、バランサー付きの窓を外してでも80kg以上あるのだから、取り外し、取り付けは大変な重労働だった。
コツが分かれば一人で取り外しも取り付けも出来るし、二人がかりになったところで、戸袋はあるし、作業場所は限られてしまう・・
昔、この扉を倒した人がいて、その横で作業をしていた人を直撃・・その人は何箇月も入院する羽目になった事もあったそうだ。

マニは扉の下のレールが車体鋼体に直接取り付けられていて、レールそのものは真鍮製なのだが、鋼体からの錆でレールが浮き上がったり、永年の使用で扉が変形し、レールに支えるようになってしまう事が多く、この場合も扉を外して、横に倒し、グラインダーやカンナで削り取ったり、ドアレールを外して錆を全て落としてから取り付けると言った作業が最も多かったように思う。

マニの引き戸には必ず木製の戸袋があり、これは角材数本で構成されていたけれど、戸袋内部も塗装をする必要から戸袋の角材を1個所につき2,3本取り外す事もしなければならなかった。
この戸袋はマニ50からは完全な密閉形の戸袋になった。

通常のマニは、床板の上に横手方向に荷擦れ木、長手方向に道板が取り付けてあった。
荷擦れ木も、欠けているものや、腐食しているものは交換する。
道板も傷んでいるところは補修もしくは交換する。
但し、パレット輸送用のマニ37は、床板に鉄板を敷き詰めていた。

車掌室もきれいに整備する。
便所も、もちろんきちんときれいにする。

塗装を終え、出車線で完成したマニの車内にいると、なんとなく南国のムードが漂うから不思議だった。
高砂工場のただっ広い敷地や、ソテツなどの南国風の植え込みが余計にそう思わせるのかもしれない。

意外な事だが、マニ36や60の出場作業で、時間が押して夕方になってしまったようなとき、試験点灯する室内灯のムードはすごく美しかった。
何の飾りもない白熱灯と、保護棒だけの簡単な灯具ではあるが、うす緑色の壁面、白く天井板のない屋根の内側・・これらが醸し出すムードは、もはや絶対に味わえない独特のものがあったように思う。

荷物車は国鉄の旧態以前としたサービスが宅配便に取って代られていく急激な変化の中で、あっという間に姿を消してしまった。
保存車両の中にも荷物車は当然のごとく少なく、国鉄荷物輸送を後世に伝えるものは余りにも少ないと思うのだが・・

2006年6月 4日 (日)

大阪環状線

Avarraym
大阪環状線のイメージと言えば、急がしそうにガチャガチャと走る国鉄型・オレンジ色の103系電車・・そして決して造りが新しいとは言えない駅の構造に、古い高架、高架下の飲食店、時折たむろする路上生活者たちと、サラリーマンやOLの華やかな装い、乗換駅のやかましい構内放送・・
蒸し暑い大阪の夏・・更に蒸し暑さを感じさせる電車の騒音・・冷たい大阪の冬・・更に寒さを感じさせる車輪の軋み・・
こうしたイメージは過去40年ほど、ほとんど変らなかったのではないだろうか・・

国鉄時代には関西で唯一の黒字路線でありながら、車両はいつも同じ103系電車・・
101系が103系になっても、それに気がついた乗客はどれほどいただろうか・・
そのオレンジ色単色が、雨の日など不思議な哀愁を醸し出すような気がしたものだ。

だから、僕にとって大阪環状線は大阪と言う町のイメージそのものに見えたし、他の路線で見られない生活臭溢れるそのさまは、かえって大阪のバイタリティを感じさせていた。

天満、京橋、鶴橋、寺田町、天王寺、新今宮、大正、西九条、野田・・それらの駅では庶民の汗が漂うような錯覚を覚えるし、自転車が駅の玄関前で通せんぼをするような置かれ方をしているそこに、どこからか小便や焼き肉の匂いが漂う不思議な空間・・
それは大阪環状線であってはじめて許される混沌と猥雑・・
改札の前で誰かが寝ていようと、あるいは、酔っ払いがホームでグダをまいていようと、それでも忙しそうに103系電車はガチャガチャと走っていく・・

この環状線に関西線から113系快速が「レッドライナー」塗装となって乗り入れてきたとき、僕にはどうしようもない違和感が感じられたものだ。
しかし、113系はさらに環状線に似合わない221系となり、ついには阪和線から381系の特急、そして、関西空港連絡の223系快速や特急「はるか」が乗り入れてくるようになると、この一本気な路線も華やかさを感じさせずにはおかなくなってきた。
103系電車も驚くようなリニューアルをされ、少しすまして・・それでもやはりガチャガチャと走りつづけていた。

けれども・・焼き飯や串カツの匂いのするガードを「はるか」や「オーシャンアロー」が居心地悪そうに通過するありさまは、下町に乗り入れてしまったBMWかボルボを思わせる場違いな楽しさに見えるのは僕だけだろうか・・

大阪環状線には日本酒が似合う・・
それも、高級な・・箱入りの酒ではなく、下町のスーパーで売られる得用の紙パックの酒が似合う。
あるいは、酔っ払いが手にしたまま乗ってくる・・あのワンカップが似合うかもしれない・・
大阪環状線には演歌が似合う。
それも、悲しい恋の歌ではなく、投げやりな人生観や、恋から逃げる歌が似合う気がする。
あるいは、年老いた酔っ払いがうなる軍歌が似合うかもしれない・・
大阪環状線には、大衆食堂や居酒屋が似合う。
それもきれいなお嬢さんがウェイトレスを勤めるような雰囲気ではなく、おばちゃんが前掛けをしてお客を待っているような・・
露天の古雑誌売り、リヤカーを引くおやじさん、パチンコ屋の賑やかさ、ラブホテルのけばけばしさ・・

だけど、JRになってから少しずつ変化していた大阪環状線は、いつのまにかジャズやレゲエが似合う路線になっているように思うし、いつのまにか、ちょっとすましたショットバーが似合う路線になっているように思うし、いつのまにかコーヒーの香りが似合う路線になっているような気もする。
大阪城公園付近のあの巨大で美しいビル群も違和感を覚えなくなったし、変わり果てた梅田の腹の底から涌き上がるかのような巨大なパワーもまた、環状線には良く似合う・・

今年、ついに40年来の静粛を破って、この路線に201系が投入され始めた。
その201系も元の姿のままだったら、さして違和感は覚えなかったかもしれない。
けれども、JRは201系をリニューアルしてこの路線に入れることにしていた。
リニューアルされた201系は静かで、穏やかに走っている。
大阪環状線はガチャガチャした電車・・
このイメージを一掃するかのような、落ち着いた走り方の201系電車・・
環状線にも新しい時代がやってきた・・そのことを嫌でも感じさせずにはおかない・・

ぐるぐる回る環状線・・
輪廻転生を繰り返すと言われる命が、それでも、少しずつ進化していったように・・
この路線もまた進化せざるを得ない・・

けれども、時代が変っても、僕はこの路線を愛しつづけるだろうと思う。
環状線を走る電車が変っても、環状線から通天閣が見え、運河をいくつも渡る水の都の風情が残る限り・・
つまりは、大阪と言う町が、そのイメージを大きく変えない限り、大阪環状線の庶民の生活感は決して損なわれることがないとも思うのだ。