フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 2005年7月 | メイン | 2005年9月 »

2005年8月

2005年8月17日 (水)

工作一科

昔は大手の企業ならばどこも中卒者を受け入れ、それを訓練するために養成所というものを持っていた。
国鉄も例外ではなく、中卒者に徹底的に鉄道の基礎を学習させ、鉄道員としての連帯意識を高めさせ、将来の現場の中枢になることを目指して、運営されていた。
けれども、世間一般では中学で社会に出る人は減ってきていて、その分、高卒の新卒者を受け入れていくようになっていく。
国鉄も例外ではなく、僕が入社したころには中卒者受け入れのシステムは工場にのみ残っていた。
それは昭和42年ごろから鉄道学園のシステムに組み入れられていて、工作一科生と呼ばれるようになっていた。

僕は昭和51年に高砂工場に採用され、鷹取工場構内にあった関西鉄道学園鷹取分所に入所した。
ここで3年間の基礎教育を受けて高砂工場に正式に配属されると言うわけだ。
国鉄は生活の面倒も見てくれた。
一人6万くらいだったと思うが、学資金というものを支給してくれた。
ただ、普段は寮で生活しているのであまりお金は使わない。
その分は天引きで貯金してもらうことも出来た。
3年になると正式に国鉄職員として採用されるので給料が支給された。

鉄道学園は基本的に全寮制だ。
共同生活をすることで連帯感を養い、鉄道マンとしての意識を高めるためだろうか・・
しかし・・工作一科の生徒達は所詮は高校生の年頃だ。
遊び盛りの少年達にブレーキなどは存在しない。

入寮したその日、いきなり、先輩の部屋に呼ばれた。
そして、いきなり殴られた。
意味などない。
ただ、そういうしきたりだったからだ。
鉄道員の子息なら、そう言ったこともある程度は理解していただろう・・だが、僕などは鉄道マンとの縁故はない。
殴られたことによる精神的ショックの方が大きかった。
いじめもあった。
弱いものはとにかく、先輩からも同級生からも殴られる。
ノイローゼになり、退学するものもいる。
それでも、僕のように逃げる場所のない人間は耐えるしかなかった。

肝心の授業は面白かった。
鉄道が好きでたまらない人間が鉄道のシステムを様々な角度から学んでいくのだ。
面白くないはずはない。
今思い返しても教科には「鉄道車両」「客貨車」「電気車」「内燃車」「工業計測」「製図」「機械工学」「電気工学」などがあって、それぞれに現場の第一線で智恵をめぐらせていた講師達が自身の体験を基に語るのだ。中には話しベタで、眠くて仕方のない授業もあるにはあったけれど・・
実習では最初の2年間は鉄工などの基礎を学んでいた。
やすりかけ、ハンマーうち、やがて精度の高い真鍮製品の仕上げ・・
これが3年目になると現実に鷹取工場の現場に出て、実際に作業をさせてもらうわけだ。

ただ、これだけでは高卒の資格は取れないので、近くの定時制高校に通った。
技術の授業は鉄道で学んでいるから免除され、一般教科だけを学びに行っていた。
1,2年の内はそれでも別に疲れも感じなかったけれど、3年で現場の仕事をするようになると疲労感は段違いに大きくなり、定時制高校へ通うのは苦しかったし、定時制は4年間通わなくてはいけないため、残りの1年は現場からの通学となった。
僕の場合、高砂工場からの通学は、疲れた身体には厳しく、よく電車の中で寝てしまい、そのまま大阪駅や新大阪駅まで行ってしまったことも何度もあった。

工作一科も2年になると後輩が出来、先輩達の鼻息はそれほど気にならなくなってきた。
スポーツが盛んで、ぼくも今では考えられないが陸上部に所属して、定時制高校に行かなくても良い日には鷹取から塩屋まで走って往復したり、須磨の背山を早朝に縦走したりしていた。
いじめは卒業するまで続いたけれども、それが還って友情を深めてもくれた。
それに、いじめをする側に居た者たちも現場に出ると人間がとても穏やかになり、友人としてはかけがえのない存在になっていった。
寮の部屋は6人部屋で、2段ベッドのある寝室と6人分の机がきれいに並べられている学習室とに分けられていた。
窓からは板宿あたりの町並みが良く見えた。

新規の設備投資が行なわれ、工作一科には立派な新寮と、3階建ての実習場がつくられた。
このころが最盛期だったのではないだろうか・・
新しい寮は4人部屋で、この寮が出来たときには、僕たちは3年になっていたこともあり、部屋は気のあった仲間同士で入ってもよいと言うことになった。
503号室に入った僕たちは、卒業後も友情を深めた。

卒業式は関西鉄道学園の吹田の本園で行なわれた。
先日の夜・・卒業前夜祭と称して僕たちは例外なく飲みふけった。
もちろん酒をである。
酒を飲んで大暴れし、喧嘩をするものもいた。
これは例年受け継がれた悪しき慣習でもあったわけだ。
僕も大酒を飲み、二日酔いで吐き気がするのを堪え、卒業式に臨んだ。
僕は当日、学園長から何か忘れたけれど表彰をしていただくことになっていて、学園長の前に出たけれど、うっぷと吐きそうになった息からは自分でもわかる酒の匂いがした。

卒業後すぐ、503号室の4人で山陰と九州への旅行をした。
松江から乗車した「さんべ5号」は20系で、空いている車内で一つのコンパートメントを寮に居た時の並び方で使った。
工作一科の話に花が咲いて、殆ど眠らなかったように思う。

JR化の前から工作一科は募集を中止していた。
大きな建物は余剰人員の教育センターに活用された。
けれども、あの震災だ。
思いで深い寮は2階部分がひしゃげたように潰れ、やがて解体された。
今、鷹取工場も既になく、そこは小学校になっている。

2005年8月11日 (木)

国鉄と・・うどん!?あるいは蕎麦・・ラーメン。。

国鉄と・・うどん!?あるいは蕎麦・・ラーメン。。

国鉄には酒よりももっとよく似合うものがある。
・・うどんだ。
主な駅のホームにはうどん屋があって、それらの多くは立ち食いうどんで、安くて量も多く、味も良い・・
青春18切符などが出る前から貧乏旅行は駅のうどんで食事を済ませることが多かったのだけれど、これが結構、駅によって味が異なり、楽しみの一つだったりしたものだ。
僕は関西人だから基本的には蕎麦よりもうどんを好むけれど、東京の駅では蕎麦を食うようにしていた。
しっかりとした味付けのだしには、うどんはあまり似合わないような気がする。
蕎麦なら、色の濃い、強い汁にもしっかり合うように感じる。

大抵の駅は忙しい雰囲気で、そのあわただしさの中、汗をかいてふうふう言いながら食べる。
味など味わう暇があるかと思われるような食べ方をする人もいるけれど、そう言う人がまた、駅のホームのうどんには目がないのだから瞬間的に味わっているのだろうし、その忙しさも好きなのかもしれない。
米原や鳥栖といった鉄道の分岐点で発達したような駅ではよく運転士や車掌といった人たちも乗客に交ざってうどんをすすっていた。
寒い冬に湯気の立つホームのスタンドは捨てがたい風情があって、それがまた駅のイメージを作るのだけれども、真夏に大汗をかくことが分かっているのに、それでも、スタンドを見つけると、そこのおばちゃんに声をかけて、食べてしまう魅力はどのあたりにあるのだろうか?

関西でも駅によってはうどんよりも蕎麦を中心としたスタンドがあるところもあった。
例えば姫路駅・・ここは中華の麺、和風のだし、そして上等とはいえない、かき揚げの味が独特な魅力を生んでいた。
姫路駅のスタンドはかつては列車に鉢ごと持ち込んでもよかったのだけれど、汁を最後まで飲み干さないと、当時の激しく揺れる電車では座席の下においた鉢から汁がこぼれてしまうことも多く、それがまた、普段から掃除の行き届いていない電車の車内を一層汚くするものだから、持込が禁止されたようだ。

大阪環状線は実は駅のうどん・蕎麦に関してはすごい路線だ。
国鉄時代にはあまりたくさんなかったような気がする「うどん・蕎麦スタンド」だが、JRになってから国鉄マンの出向先としてもたくさん作られた。
どの駅のスタンドも美味しく、大阪へ通勤していた頃には殆ど全部の駅を食べてみて、美味しいと思ったところにはかなりの頻度で行くようになった。

(国鉄時代に話を戻さねば・・ちょっと話が進みすぎました)

うどんや蕎麦のスタンドは都会にあっても絵になるけれど、田舎の路線の鄙びた空気の中もまたよく似合うと思う。
印象深く残っているのは芸備線の備後落合、伯備線の新見、山陰線の豊岡、予讃線の多度津・・
かつおだしの香りと共に、気動車の排気、古ぼけたホームの上屋・・これらの風景はもしも、今、そのままに見られるのなら、それは貴重な鉄道という文化の遺産だと思ったほうが良いかもしれない・・

さて、国鉄の現場でもうどんは重宝された。
大きな職場には必ず食堂があるものだが、食べやすく、安い、うどんや蕎麦は国鉄マンたちにことのほか愛されていた。
愛妻弁当に食堂のうどんを組み合わせる人もたくさんいた。
高砂工場でも鷹取工場でも、関西鉄道学園でも大阪駅でも、あるいは出張で行った機関区などでも、うどんは安心して食べることが出来た強い味方だった。
僕自身は高砂よりも鷹取のほうが美味しく感じてはいたけれど・・
菜っ葉服の集団があちらでもこちらでも、ふうふう言いながらうどんをすすっている光景は、もはや僕の中では過去のものになったけれども、国鉄を思い出すと同時にふっと湧いてくる情景のひとつでもある。

話は変わるが、「国鉄があった時代」というサイトを運営しているblackcatさんや、古くからの鉄道ファンである1Dさんたちが、国鉄の古い駅をモチーフにした「鉄道ラーメン」を大阪に開店している。
そういえば・・鉄道ファン達はうどん以外にはラーメンをよく食っていたなあ・・
そんな思い出も、ふっと湧き上がらせる癒し系のラーメン店でもある・・
詳しくは下記をご覧下されば・・
http://www.tetsudoramen.jp/