フォトアルバム

プロフィール

フォトアルバム

こう@電車おやじ

小説サイトSTORY http://e-maiko.blog.ocn.ne.jp/story/ 鉄道掲示板 http://6551.teacup.com/kouzou/bbs プロhttp://pr.cgiboy.com/02653710/フィール

« 全線パスと急行列車 | メイン | 12系客車 »

2004年12月 6日 (月)

みやび

4soaazwi
鷹取工場へ移ってすぐ、「みやび」の制作が企画された。
スタッフはほとんど高砂出身者で、最高の技術でと言う意気込みだった。
「みやび」は14系のお座敷客車で、これまでのお座敷客車と大きく異なるのが掘りごたつ式の座敷、各テーブル毎のテレビモニター、常時開放されている通路、サロンとビュッフェを兼ねたサロンカーには景色を借景とした大きな側窓、天井は格子天井、客室とデッキの仕切には料亭を思わせる真っ赤なふすま・・発想も、使い方もまったくこれまでのお座敷客車と違うものだった。
その分、外観はおとなしく、サロンカーの大窓を除いては特に大きな改造個所もなかった。
僕はこのクルマのうち、1両はデッキ部の工事を、あと何両かは室内の造作を担当した。あの、赤いふすまのある、美しい仕切壁も含んで・・

さて、工事が始まると僕はデッキに1日中入り浸りになった。
まず、トイレ、洗面所、通路の壁面、デッキの扉を埋めた部分、そして最後に仕切壁となった。難しい。とにかくこれまで経験したことのない難しさだった。
飾り面もすべて1枚もので、途中で継ぎ足せず、試行錯誤の連続だった。
先輩のIさんにこつを教えてもらいながら、何とか切り抜けた。
上司のMさんは何も言わなかった。
僕はその頃、鉄道を退職しようとMさんに相談していて、僕を息子同然に思ってくれていたMさんはこの時はただ黙ってみるだけに徹しておられたのだ。

クルマはやがて見事なチームワークで完成した。
格子天井も、ふすまも、何もかもがまるで芸術品のようだった。
「サロンカーなにわ」の出来栄えが必ずしも良くはないと現場では思われていたのでこれはまさに今の言葉で言う、リベンジそのものだった。
鷹取での工事ではあったが、高砂工場スタッフによる実質最後のクルマになった。
工場としては経験したことのない大きな窓を持つサロンカーも見事に出来上がった。Mさんは植木、盆栽、庭園に造詣が深く、全面的にMさんの意見の入ったものとなったのだ。

その他の車体は出入り台を埋めた部分を除けば、ほぼオリジナルのままだったが塗装は大きく変更された。今のJR西日本が好む茶系のツートンカラーで、シックな中にも華やかさを求めた設計は大成功だったと信じている。
完成の前に緩急車の貫通路の幌枠が撤去された。塗装も終了し、幌も取り付けられた後だったが、せめて少しでも特別なイメージにしたいと言うことでこの工事は行われた。わずかな工事でイメージが随分変った。

車内の出来栄えを見ていた僕たちには気になることがあった。
各テーブルに取り付けられたテレビモニターは家具調の箱に入れられていたが、これが少し、暗く感じたのだ。格子天井も漆塗り調で、以前行ったことのある、能登輪島の遊郭を改造した民宿を思い出させた。
ちょっと、イメージがくらい・・華やかさはサロンカー以外では感じられなかった。

運転開始の前日、僕はMさんと宮原へ出張した。「みやび」は屋根の通風器も格子天井がある為、ほとんど撤去したけれど、これが撤去部から雨漏りがすると言うことでその補修に行ったのだ。
もう、操車場の中では電気溶接も使えず、やむなく、接着剤で鉄板の溶接部を埋め込むことにした。あと、いくつか室内で手直しがあったけれども、それはたいしたことではなかった。
「みやび」は屋根上の仕事が終わって室内で作業している僕たちを乗せたまま、転線した。ふわふわと、14系とは思えない乗り心地だった。
すぐとなりに「なにわ」がいた。カメラを持ってくるんだったと思ったけれどアトの祭りだ。

その帰り、夕方、大阪駅近くの居酒屋で僕はMさんに退職することを決めたとお伝えした。Mさんは黙って頷いていた。

その年、12月も月末になって、僕は何人かと三宮で酒を飲んだ。女の子もいる賑やかな飲み会で、国鉄にいた頃には考えられないような明るい大騒ぎをした。
帰路について三ノ宮駅のホーム向かいの電光掲示板を見るとはなく、見ていた。
「今日、山陰本線餘部橋梁で回送運転中の7両編成のお座敷客車が鉄橋下に転落、死者、重軽傷者多数・・」
・・え、国鉄のお座敷客車で7両と言えば・・
冬の風が冷たい日だった。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351371/14450635

みやびを参照しているブログ:

コメント

みやび事故のニュースは、私はどこで聞いたのだろうか。当時、奈良県にあった部内の研修所に入所中で、実家からの帰りがけのニュースで聞いたように思う。 お座敷客車が余部鉄橋から転落・・・画像が映る。「みやび」だ、思わず叫んでしまう自分がいた。国鉄型お座敷客車では、今でも最高の車両だと思っている、特に車内に設けられた石庭は関西の発想でなければまず生まれてこなかったと今でも思っている。 その後も、多くのお座敷客車を含む、ジョイフルトレインと呼ばれる特殊な施設を持つ車両が誕生したが、未だみやびを超える車両は出てきていないような気がする。 恐らく今後も・・・・望むべくは、あすかをリニューアルする際に、「みやび」風の内装をふんだんに取り入れて欲しいものです。 それか、トワイライトに純和風の編成を用意するとか・・・

確かに”みやびは”とても優れたデザインでした。それを可能にしたのは高砂伝承の木工技術でした。かつての遊郭を思わせる格子天井、真っ赤なふすま、各座席は座敷といえど、体格の向上を考えた掘りごたつ式、リクライニング式の座椅子。引き違いの障子、サロンカーの庭園・・これはまさしく高砂が、その最後に研究していたインテリアをそのまま鷹取で実現させた素晴らしい作品でした。けれど、今のJRにそれを可能にする木工技術はありません。かの和田岬線ですら、木工技術の伝承ができず、DC化した・・・その意味合いもあったのですから・・もし、いま、”みやび”をつくるのなら、サンライズのように住宅メーカーとタイアップして、完全なユニットにしてしまわないといけないでしょうね・・それでもあそこまでのものができるかどうか・・

初めまして、「国鉄高砂工場」で検索を掛けたらここへ来てしまいました。私は鉄道関係の社会人ではありませんが、友人が向日町運転所へ勤務時代の時「みやびが来るから見に来ないか?」と誘われて2〜3人で訪れたことがあります。当日は検修庫内に留置状態でしたので、車内を色々と撮らせて貰うだけでもうウキウキでした。そして件の日、私はTVニュースで事故を知りました。ちょうど中間の車輌から転落していったそうで「真ん中のサロンカーの重量が軽かったのが原因の一部なんやろか?」と友人たちと話題になりました。また宮原で勤務してた友人が休暇で北海道へ出掛けていて、夜に電話をくれた時「みやびが餘部から転落したで。TVあるんやったら直ぐにニュースを見てや。」と言ったら友人は絶句してました。ホンマに悲しいニュースでした。

コメントを投稿